2009/05/20

死への恐れの前に敗北する神

1885年、モントリオールでローマカトリックは組織的に近代医学と敵対し、敗北した。「予防接種は、天然痘という神が下す鉄槌を避けるという、神への反逆」という、あえて死をも受け入れることを信者に要求したものの、予防接種を受け入れたプロテスタントと歴然たる死者の数の差の前に、撤退を余儀なくされたという出来事だ:

==>忘却からの帰還: "ワクチン否定論メモ: 予防接種と麻酔に抵抗したキリスト教" (2009/02/06)
But in 1885 a record was made by their theology. In that year the smallpox broke out with great virulence in Montreal. The Protestant population escaped almost entirely by vaccination; but multitudes of their Catholic fellow-citizens, under some vague survival of the old orthodox ideas, refused vaccination; and suffered fearfully. When at last the plague became so serious that travel and trade fell off greatly and quarantine began to be established in neighbouring cities, an effort was made to enforce compulsory vaccination. The result was, that large numbers of the Catholic working population resisted and even threatened bloodshed. The clergy at first tolerated and even encouraged this conduct: the Abbe Filiatrault, priest of St. James's Church, declared in a sermon that, "if we are afflicted with smallpox, it is because we had a carnival last winter, feasting the flesh, which has offended the Lord; it is to punish our pride that God has sent us smallpox." The clerical press went further: the _Etendard_ exhorted the faithful to take up arms rather than submit to vaccination, and at least one of the secular papers was forced to pander to the same sentiment. The Board of Health struggled against this superstition, and addressed a circular to the Catholic clergy, imploring them to recommend vaccination; but, though two or three complied with this request, the great majority were either silent or openly hostile. The Oblate Fathers, whose church was situated in the very heart of the infected district, continued to denounce vaccination; the faithful were exhorted to rely on devotional exercises of various sorts; under the sanction of the hierarchy a great procession was ordered with a solemn appeal to the Virgin, and the use of the rosary was carefully specified.

Meantime, the disease, which had nearly died out among the Protestants, raged with ever-increasing virulence among the Catholics; and, the truth becoming more and more clear, even to the most devout, proper measures were at last enforced and the plague was stayed, though not until there had been a fearful waste of life among these simple-hearted believers, and germs of scepticism planted in the hearts of their children which will bear fruit for generations to come.[[61]]

しかし、1885年には神学が勝った。その年、モントリオールで天然痘が大流行した。プロテスタントの人々はほぼ全員が予防接種をして、難を逃れた。しかし、カトリックに従う人々は古い漠然とした正統的な考えが残っていて、予防接種を拒否した。そして恐れ苦しんだ。遂には旅行と交易が激減するところまで疫病が重大な状況となり、近隣都市で隔離が確立され始め、強制的な予防接種が実行されようとした。これに対して、多数のカトリックの人々が抵抗し、流血沙汰で脅かした。この行いを、聖職者たちは大目に見ていて、奨励さえした。St. James's Churchの聖職者bbe Filiatraultは説教で「我々が天然痘に罹るのは、昨冬に我々がカーニバルをして、肉をふるまって、我らが主を怒らせたからだ。我々の奢りを罰するために、神は天然痘を送ったのだ」と述べた。聖職者の出版物はもっとすごかった。"Etendard"は忠実な信者たちに、予防接種よりも武器をとることを奨めた。そして、少なくとも一つの世俗新聞がこれに同調するように強要された。医療委員会はこの迷信と戦い、予防接種を推奨することを要請する回覧をカトリックの聖職者に送った。数名が要請に応じたが、大多数は沈黙するか、公然と敵対した。感染地域の中心部に教会があった修道神父たちは、予防接種を非難し続けた。忠実な信者たちは様々な信仰療法を奨められた。権威者から聖母マリアに訴える行列祈祷が命じられ、ロザリオの使用方法が慎重に指示された。

その間も疫病は、プロテスタントの間では消えかけていたが、カトリックでは猛威をふるっていた。そして真実は次第に明らかになり、もっとも信心深い者たちにも、適切な治療が実施され、流行は制圧された。しかし、それには純真な信者たちの生命の浪費があった。

[Andrew Dickson White [1832-1928]: "A History of the Warfare of Science with Theology in Christendom"(1896) -- Chapter XIII From Miracles to Medicine -- X Theological Opposition to Inoculation, Vaccination, and the use of Anaesthetics (予防接種と麻酔の使用に対する神学上の反対論)]
この事件で注目すべきは、「猛威をふるう天然痘」という事実の前に、「何を以って正しいとするか」の基準たる神学が敗北したこと。


姑息なコンドーム禁止



「死をも受け入れよ」という主張では勝利できなくなって久しい現在、HIV感染予防手段としてのコンドーム使用に反対するカトリックは、コンドームではHIV感染を防げないと主張する。
In the speech, the pope made a diagnosis: condoms increase sexual immorality, and sexual immorality increases the spread of AIDS. The logical treatment for sexual immorality is Christian marriage, fidelity and chastity. Cardinal Javier Lozano Barragan, president of the Vatican’s Council for Pastoral Assistance to Health Care Workers, had reached a similar conclusion in his Message for World AIDS Day (Dec. 1, 2003): “We have to present this [lifestyles emphasizing marriage, fidelity, and chastity] as the main way for the effective prevention of infection and spread of HIV/AIDS, since the phenomenon of AIDS is a pathology of the spirit.”

その演説で、教皇は次のような判断を示した。すなわち、コンドームは性的不道徳を増やし、性的不道徳はAIDSの拡大を加速する。そして、性的不道徳に対する論理的な治療法はキリスト教の結婚と貞節である、と。Vaticanの Council for Pastoral Assistance to Health Care Workersの議長であるJavier Lozano Barragan枢機卿は、2003年12月1日のWorld AIDS Dayのメッセージで、「AIDSは精神の病理なので、HIV/AIDSの感染拡大の有効な防止策はこれ[結婚と貞節を強調したライフスタイル]であることを示さなければならない」という結論に到達している。

[Marcella Alsan: Catholic Church condom prohibition comes face to face with reality of AIDS in Africa" (2006/04/24) on Commonweal Magazine: A Review of Religion, Politics and Culture]
しかし、事態は"貞節"を以って感染抑止できる段階を超えてしまっている:
The typical patient is a young woman between 18 and 30 years of age. She is wheeled into the examining room in a hospital chair or dragged in, supported by her sister, aunt, or brother. She is frequently delirious; her face is gaunt; her limbs look like desiccated twigs. Surprisingly, the young woman is already a mother many times over, yet she will not live to see her children grow up. More shocking still, she is married; her husband infected her with the deadly virus.

典型的な患者は18〜30歳の若い女性である。彼女は、姉妹や叔母か兄弟に支えられて診察室に連れてこられる。彼女はしばしば狂乱状態であり、顔はやつれていて、四肢は枯れ枝のように見える。驚くべきことに、その若い女性は既に何人もの子供を産んでいて、その子供たちの成長を見届けることはない。さらに衝撃的なことに、彼女は結婚していて、彼女の夫が彼女にHIVを感染させていた。

[Marcella Alsan: Catholic Church condom prohibition comes face to face with reality of AIDS in Africa" (2006/04/24) on Commonweal Magazine: A Review of Religion, Politics and Culture]
「感染リスクを高めることになっても、コンドームを使うな」と言えば、ある意味で誠実であるが、それができないカトリックである。

教皇の発言だとこれくらいの穏健さにとどまっているが、辺境の聖職者ともなると、このありさま:
"Condoms are not sure because I know that there are two countries in Europe, they are making condoms with the virus on purpose," he alleged, refusing to name the countries.

「コンドームは確実ではない。何故なら、私は欧州の2か国が、故意にウィルスを感染させたコンドームを製造していることを知っているからだ」と大司教は主張したが、2か国の名前を明らかにすることを拒否した。

"They want to finish with the African people. This is the programme. They want to colonise until up to now. If we are not careful we will finish in one century's time."

「彼らはアフリカ人を滅ぼしたいのだ。これは計画である。彼らは今に至るも、植民地をつくりたいのだ。もし、我々が注意深くなければ、一世紀のうちに我々は滅びるだろう。」
[Shock at archbishop condom claim (2007/09/26) on BBC]
ここまでくると「死への恐れ」の前に「神の教え」が敗北することを既定の事実として踏まえた上で、陰謀論を持ち出している可能性もある。


posted by Kumicit at 2009/05/20 00:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119838828
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

健康のためなら死んでもいい
Excerpt: いまどきはインフルエンザが流行の先端だが、天然痘が「根絶」されたのは三十一が中学
Weblog: 三十一提督の愚痴の捨て所
Tracked: 2009-05-20 21:34