2009/05/30

宗教を前面に押し立て始めたDiscovery Institute

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteがまた新しいインテリジェントデザインWebサイトをつくった。題して"Faith and Evolution"(信仰と進化論)。
Is evolution compatible with faith?
進化論は信仰と両立するか?

Can you believe in God and evolution at the same time? Does evolution devalue human life? What is evolution, anyway? This website is designed to help you explore these and many other questions at the intersection between faith, science, and culture. Here you will find articles, debates, video and audio, discussion questions, and many other free resources...

あなたは、同時に神と進化論を信じることができますか? 進化論は人間の生命の価値を下げますか? とにかく進化論とは何ですか? このウェブサイトは、あなたが信仰と科学と文化の交差点で、このような疑問やその他の疑問を調べるのを助けるようになっています。ここには、あなたは記事・議論・動画・音声・質問と多くの無料のリソースがあります。...

[Faith and
Evolution
]
これについて、NewScientistが早速突っ込みを入れた:
The Discovery Institute -- the Seattle-based headquarters of the intelligent design movement -- has just launched a new website, Faith and Evolution, which asks, can one be a Christian and accept evolution? The answer, as far as the Discovery Institute is concerned, is a resounding: No.

Seattleを本拠地とするインテリジェントデザインの本部であるDiscovery Instituteは、新たなWebサイトを始めた。キリスト教徒であることと進化論を受け入れることは両立するかを問う"信仰と進化論"というサイトである。もちろん、Discovery Instituteに限り、その答えはノーだ。

...

I think it's interesting that the Discovery Institute -- which has long argued that intelligent design qualifies as science -- seems to have given up the game and acknowledged that their concerns are religious after all. It's equally interesting that the catalyst doesn't seem to be someone like Richard Dawkins pushing atheism, but Francis Collins pushing Christianity. Perhaps the Discovery folks realise that Dawkins's followers are never going to be swayed by intelligent design; Collins, however, might very well cut into their target audience of scientifically-curious evangelicals.

私が面白いと思うのは、長きにわたってインテリジェントデザインを科学だと言ってきたDiscovery Instituteが、それを諦めて、宗教であることを認めたように見えることだ。このきっかけは、Richard Dawkinsのような無神論を押している者ではなく、キリスト教を押しているFrancis Collinsのようであることも面白い。おそらく、Discovery Instituteの連中は、Dawkinsの支持者が決してインテリジェントデザインに動かされることがないとわかったのだろう。そして、、Collinsは、Discovery Instiuteがターゲットとする科学的好奇心のある福音主義キリスト教徒たちに食い込んできそうだと考えたからだろう。

The Discovery Institute has now made it crystal clear that they have no interest in reconciling science and religion ^^ instead, they want their brand of religion to replace science. Which makes it all the more concerning when their new website includes resources and curricula for high-school biology classes, and promotes the pseudoscientific documentary film "Expelled" as part of their campaign to introduce non-scientific alternatives to evolution under the banner of "academic freedom".

Discovery Instituteはあまりにも明白に、科学と宗教を調停する気がなく、科学を宗教で置き換えようとしていることを、あらわにした。そのことは、このサイトを見れば問題であることが分かる。このサイトには、高校の生物の授業のための教材とカリキュラムをがあり、学問の自由の名のもとに進化論に対する非科学的代替理論を導入する運動の一部として、疑似科学ドキュメンタリー"Expelled"を宣伝している。
...


[Amanda
Gefter: "Christians battle each other over evolution"
(2009/05/28)
on NewScientist]
もともと、インテリジェントデザイン運動はダーウィニズムの打倒を目指す政治運動なので、科学を偽装するのではなく、宗教で科学を置き換えてもいい。

この動きからすると、サウスカロライナ州上院に登場した反進化論州法案にも、Discovery Instituteは関わっている可能性もでてくる:
[SB873]

(3) a proper respect for the First Amendment compels the State to pursue a course of neutrality toward religion, favoring neither one religion over other religions, nor religion over non-religion or the inverse;

(4) that atheism is a school of thought that takes a position on religion and the existence and importance of a Supreme Being;

(5) that the United State Supreme Court recognizes atheism as equivalent to a religion for the purposes of the First Amendment; and

(6) that teaching atheism or any of its principals, including, but not limited to, the denial of the existence of a Supreme Being, as a philosophical system of beliefs or in a manner that affirmatively opposes or shows hostility to religion, thus exhibiting a preference for those who believe in no religion over those who hold religious beliefs, violates the First Amendment.

(3) 憲法修正第1条の遵守することは、政府に対して、いずれかの宗教の選好したり、宗教の非宗教に対する優位あるいはその逆などをしない、宗教に対する授業の中立性を義務付けであり、

(4) 無神論は宗教および神の存在と重要性に対する一つの立場であり、

(5) 連邦最高裁は憲法修正第1条の目的において、無視論をひとつの宗教と等価だと認め、

(6) 神の存在の否定を含む、無神論あるいはその原則は、信条の哲学システムであり、あるいは宗教に反対あるいは敵意を示すものであり、従って、それは宗教を信仰する者よりも無宗教を信じる者たちを選好するものであり、憲法修正第1条に反する。
この反進化論州法案は、宗教を振りかざす形になっている。もはや、"科学"として進化論に対してインテリジェントデザインや創造論を対置する意志はまったく見られない。


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/05/30 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック