2009/06/04

DIのFaith+Evolutionを批判するPanda's ThumbのRichard B. Hoppe

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery InstituteがまたひとつWebサイトをつくった。これについて、Panda's ThumbのRichard B. Hoppeも批判エントリをポストしている:
The Disco 'Tute has announced the opening of a new site, Faith+Religion, which purports to discuss the relationship between evolution and religion. A brief survey of the site shows that it has two objectives. First, of course, is the traditional ID goal of denigrating evolutionary theory. Right up on the home page we see a review of Collins' The Language of God by Moonie Jonathan Wells that says

進化論と宗教の関係を論じるのだと言うFaith+ReligionというサイトをDiscovery Instituteが立ち上げた。一通りサイトをながめてみると、目的が2つあることがわかる。第一はもちろん、伝統的なインテリジェントデザイン運動の目的である、進化論に対する中傷である。ホームページにはCollinsの"The Language of God"について、統一教会信者Jonathan Wellsによるレビューがあり、こう言っている:
Collins's defense of Darwinian theory turns out to be largely an argument from ignorance that must retreat as we learn more about the genome-in effect, a Darwin of the gaps.

Collinsのダーウィン理論の擁護は、有効なゲノムについて学んだように、捨てなければならない無知からの論たる隙間のダーウィンのひとつに帰着する。
やあ、Jonathanくん。チミはヒトゲノムプロジェクトの前リーダーよりも、新たなゲノム知識の科学的意味を知ってるんだね。

Faith+Evolution also purports to present resources on various topics. But just four sites are linked as specifically resources on evolution. First is Evolution News and Views, the Disco 'Tute's propaganda outlet. A resource on evolution? They have to be kidding! Right? Bueller?

Faith+Evolutionは、さまざまな話題に関する教材を提示していると言っている。でも、4つのサイトが進化論について特にリンクされている。ひとつめは、Discovery Instituteのプロパンガンダブログ"Evolution News and Views"だ。これが進化論教材だってかい?冗談だろ。それとも本気か?

Then there is About Darwin, which has not been updated since February 2008 as I write this. There is The Evolving Times, which currently features an article by Cornelius Hunter, Disco 'Tute fellow and anti-evolutionist, about “Darwin's predictions.” The last “evolution” resource listed is merely a direct link to that same Hunter article.

そして、"About Darwin"がある。これは2008年2月以降、アップデートされていない。それから、Discovery Instituteのフェローで反進化論者であるCornelius Hunterの"Darwin's predictions"をフィーチャーした"The Evolving Times"だ。そして、最後の"進化論教材"は、Cornelius Hunterの記事への直リンクだ。

As far as Faith+Evolution's “evolution resources” are concerned, Berkeley's Understanding Evolution site doesn't exist, nor do any of the other excellent resources on evolution on the web exist. It's apparent that the core strategy in that section is to keep readers even more ignorant of evolution than are the Disco 'Tute luminaries.

Faith+Evolutionの進化論教材のリンクを見る限り、BerkeleyのUnderstanding Evolutionが見当たらない。その他、優れた進化論教材へのリンクもない。このセクションの戦略は、読者にDiscovery Instituteのメンバーよりも、進化論についてアフォでいてほしいということのようだ。

The press release for the new site quotes John West as saying

新サイトについてのプレスリリースがJohn West [Discovery Instituteのインテリジェントデザイン部門次長]の言葉を伝えている:
FaithandEvolution.Org is for anyone who wants to dig deeper into the scientific, social, and spiritual issues raised by Darwin's theory, but who is tired of the limited options they are currently being offered by the media.

FaithandEvolution.Orgは、ダーウィンの理論によって起こった特定・社会的・スピリチュアル問題について深く知りたいが、現状のメディアが提供する限られたオプションに飽きている人々向けのサイトである。

[New Website on Faith and Evolution Explores if the Two are Friends or Foes? (2009/05/26) on Uncommon Descent]
With the four sites offered as “resources” about evolution West doesn't have to worry about anyone learning anything about the actual science. Which, of course, is his goal.

進化論教材として挙げられた4つのサイトについて、John G Westは、そんなもので実際の科学について何も学べないことにを気にしていない。もちろん、それが彼の狙いだからだ。

Paging around the site, it seems to have two main targets: standard materialistic (evil atheistic) science, and (more saliently) several varieties of theological compatibilists – theistic evolution and evolutionary creationism. As Dembski famously wrote

サイトのページを見ていくと、2つの標的があることがわかる。ひとつは標準的唯物論(悪魔的無神論)な科学であり、もうひとつは、より主要な標的として、科学と宗教を両立だとする立場である有神論的進化論および進化論的創造論である。[インテリジェントデザイン理論家・神学・数学]がいつも言うように...
Design theorists are no friends of theistic evolution.

デザイン理論家は有神論的進化論の友ではない。

[William A. Dembski: "What every theologian should know about creation, evolution and design" (2007/11/01) on Origins]
The Disco 'Tute's new site sure makes that clear. Since Collins is an evangelical Christian, as are prominent evolutionary creationists like Denis Lamoreaux and Steve Matheson, it looks to me like the Disco 'Tute is pulling itself further and further into a fundamentalist Christian corner, joining the ICR and AIG. John West handles most of the theological questions about theistic evolution and evolutionary creationism, and really really doesn't like them. That all by itself could almost turn me into one, had I any inclination to believe in Thor .. erm … Zeus … um … Vishnu … er … the FSM.

Discovery Instituteは自らをどんどん、根本主義キリスト教へと追いやり、[若い地球の創造論ミニストリである]ICR[Institute for Creation Research]やAIG[Answers in Genesis]へと合流しようとしている。John G Westは有神論的進化論と進化論的創造論の神学的問題の大半を扱っていて、本当にこれらを嫌っている。これらすべてを見ると、私はトールではなく、ゼウスではなく、ヴィシュヌではなく、フラインスグパゲッティモンスターを信じそうになるね。

Cheryl Shepherd-Adams has a nice take-down of Faith+Evolution:

Cheryl Shepherd-AdamsはFaith+Evolutionに素晴らしい一撃を加えている:
Despite their best efforts, though, the overwhelming evidence at the DI's new site shows that this whole issue isn't a matter of science v. religion; it's all about how “best” to interpret Scripture.

Discovery Instituteの限りをつくした努力にもかかわらず、新サイトに圧倒的証拠は、このサイトが科学対宗教の問題を扱ったものではなく、聖書を最もよく解釈する方法についてのものだということを示している。

[Cheryl Shepherd-Adams: "It's Not Pining, It's Passed On" (2009/05/28) on stand up for REAL science]
I commend it to your attention. Cheryl also notes the paucity of “science resources” on the site.

さらに、Cherylは、サイトの科学的教材の不足にも注意を向ける。

The IDist agenda is at base theological, not scientific. Why else would it be supported by Christian Reconstructionist < href="http://www.salon.com/src/pass/sitepass/spon/sitepass_website.html">Howard Ahmanson? The pseudoscience they blather about is a cover for an essentially theological dispute. Faith+Science makes that crystal clear. And in contrast to science, there is no generally accepted methodology for resolving theological disputes except schism and (in the extreme case) religious warfare. As I've said before in other venues, if the ID creationists win the culture war, the very next day blood will flow in the aisles and under the pews.

インテリジェントデザイン支持者のアジェンダは科学ではなく、神学にある。それ以外にキリスト教再建主義者のHoward Ahmansonが支持する理由があるだろうか。彼らが話す疑似科学は、基本的には神学論争の偽装である。Faith+Scienceはそれを非常に明瞭に示している。科学と違って、神学論争を解決する一般的方法は、分派行動と極端な方法としての宗教戦争以外にない。別に機会に既に述べたように、インテリジェントデザイン創造論者が文化戦争に勝利すれば、そのまさに翌日には、流血を見るだろう。

[Richard B. Hoppe: "But it's not about religion …" (2009/05/28) on Panda's Thumb]
実際、Faith+Religionのコンテンツは強く宗教を全面に打ち出している。

科学に擬態することを放棄した内容については、この後、見ていくことにする。まずは、社会学者John G Westによる有神論的進化論について記事から、5回シリーズで見ていくことにする。



タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/06/04 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック