2009/06/02

"天然"かもしれない

フルボッコになった元村有希子氏の記述:
人間はこの60年間、同じことを繰り返してきた。政治家が科学者を利用し、科学者は無邪気に目標を追いかけ、多くの命を奪い、地球を汚し、誰ひとり幸せにしなかった。どう考えても、これ以上むなしい営みはない。

[発信箱:むなしい科学=元村有希子(科学環境部) - 毎日jp(毎日新聞)]
これは、とっても"自然"な発想らしい。

現在の自分たちが生きている社会・文明が間違っていて、この地上のどこかに、あるいは過去に、あるいは未来に、もっと"幸福"な世界があるのではないかという思いは、(帝尭・帝舜やら、Edenやら、どこかの南国の島の楽園やら)古来より存在している。

おそらく、それは進化の過程で獲得した形質によるものだと考えられている。それについて、Daniel Nettleは進化心理学の一般向け解説本で次のように書いている:
われわれが進化によってプログラムされているのは幸福そのものではなく、なにが幸福をもたらすかをめぐる信念であり、幸福を追いかけようとする性癖です。(p.25)

なぜわたしたちは、どこか別の時代、別の国、あるいは別の生活様式のほうが、自分たちの生活より幸せに違いないと思いこんでしまうのか? ... もし幸福追求の体内プログラムが、わたしたちに最適なものごとを探させるために存在するのだとしたら、どこか別の場所により良いものが存在するかもしれないという可能性に敏感になるのは、言ってみれば当然です。常に地平線を見わたして、より良い環境、より良い社会システム、より良い行動様式を見つけようとするからです。そして、本当にすばらしいものが目の前にあらわれたときのために、常に不満の余地を残しておくのです。
...
わたしたちの体内に埋めこまれた幸福追求のプログラムは、今より良さそうな別の選択肢を発見させて、そこで終わりではありません。わたしたちがそれを追求するよう仕向けなければならないのです。だから、まずは高い地位や安らぎ、セックス、美貌などに関する情報をすばやく察知し、「これらを手に入れさえすれば、もっともっと幸せになれるよ」と心の声でささやくのです。... 人はそれらを欲しますが、いったん手に入れてしまうと、今度は別のものへの欲求に心を奪われてしまいます。(pp.74-76)

[Daniel Nettle (山岡万里子 訳): Happiness - The Science behind your Smile (目からウロコの幸福学)]
元村有希子氏の記述は、科学によって得られた成果は既定のものとして意識から脱落し、ただネガティブな部分のみを見たものになっている。それは、あくことなき"幸福追求"という我々の実装に基づく"自然"な見方だと考えてよさそうだ。

そして、「どこか別の時代、別の国、あるいは別の生活様式のほうが、自分たちの生活より幸せに違いない」という思いは、少し形式を変えれば「完璧な幸せを手に入れる方法がどこかにあるにちがいない」という思いにもなる:
ちまたに出まわる幸福の処方箋は、なにも書物にかぎりません。ありとあらゆる療法(セラピー)、ハーブ製品、スピリチュアル技法の数々。くわえて、宣伝広告のたぐいが描く、新商品を幸せそうに使う幸せそうな人々----。ほとんどはその効果が実証されていない、もしくは検証不可能であるにもかかわらず、これらの商品はおそろしくよく売れています。... こういったセラピーや技法をいとも簡単に信じてしまうのは、完璧な幸せを手に入れる方法がどこかにあるにちがいないと思っているからです。(pp.164-165)
この思いに素直に従えば、いとも簡単にquackery(ニセ医療)やフリエネなどに、はまっていくと思われる。

そして、この傾向を強化する要因があるらしい。

たとえば、予測不可能な現実をコントロールしようとする欲求を持っているが故に、偶然に必然を見出して陰謀論にはまっていったり...

==>When seeing IS believing ("008/10/11)

HIV否定論を信じてしまったり...

==>HIV否定論に至る経路について (2009/05/18)

科学を信頼できないと神を信じ、神を信頼できないと科学を信じるという形で、一気に反対側に飛躍する傾向があるために、トンデモの連鎖を起こしたり...

==>トンデモは連鎖するのは"自然"な成り行きかも (2009/05/19)

元村有希子氏が「ゲーム脳」を信じてしまったのも、また"自然"な成り行きかもしれない。そういうのを"自然"というより"天然"というのかもしれないが。
posted by Kumicit at 2009/06/02 08:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120669810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

科学は人類を不幸にしたか
Excerpt: ちょっと前までなら「仮にも新聞記者が」と思ったかもしれないが、今となっては「新聞
Weblog: 三十一提督の愚痴の捨て所
Tracked: 2009-06-04 22:48