2009/06/07

John G Westのキリスト教と進化論は両立しない(3/5)「人類の出現が必然ではない」

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery Instituteの副センタ長であるDr. John G Westによる、有神論的進化論批判の3回目は人類の出現が必然でないこと
[John G. West: "According to theistic evolution, did God direct evolution and know its outcome?" (2009/05/01) on Faith+Religion]


In the initial years after Darwin’s theory was proposed, most theistic evolutionists believed that God guided the evolutionary process to specific ends. However, as the Darwinian view of the undirected nature of evolution gradually solidified in the scientific community, defenders of theistic evolution increasingly disowned the idea of guided evolution. Consequently, many leading proponents of theistic evolution today insist that Darwinian evolution by definition is an undirected process and that not even God knows what the process will produce with certainty or specificity.

ダーウィンの進化論が提唱されたあとの最初の時代では、大半の有神論的進化論者たちは神が進化過程を特定の到達点への導くものだと信じていた。しかし、方向性のない進化というダーウィンの見方が次第に科学界で固まっていくとともに、有神論的進化論の擁護者たちは"導かれた進化"という考え方を捨てて行った。したがって、多くの指導的な有神論的進化論者たちは今日、ダーウィン進化は定義として方向性のない過程であり、神は確実性を以って進化過程が何を生み出すかを知らないと主張する。

For example, Anglican John Polkinghorne writes that “an evolutionary universe is theologically understood as a creation allowed to make itself.” [Quarks, Chaos, and Christianity, p. 113] Former Vatican astronomer George Coyne claims that “not even God could know… with certainty” that “human life would come to be.” [“The Dance of the Fertile Universe,” p. 7] And biologist Kenneth Miller of Brown University, author of the popular book Finding Darwin’s God (which is used in many Christian colleges), insists that evolution is an undirected process, flatly denying that God guided the evolutionary process to achieve any particular result--including the development of human beings. Indeed, Miller insists that “mankind’s appearance on this planet was not preordained, that we are here… as an afterthought, a minor detail, a happenstance in a history that might just as well have left us out.” [Finding Darwin’s God (1999), p. 272]

たとえば、英国国教会の信者であるJohn Polkinghorneは「進化的宇宙は神学的には、自らを創りだすことを許容された創造物として理解される」と書いた [Quarks, Chaos, and Christianity, p. 113]。元Vaticanの天文学者George Coyneは「人間が存在するようになるかどうか、神も確実には知りえなかった」と主張する [“The Dance of the Fertile Universe,” p. 7]。Finding Darwin’s Godの著者であるBrown Universityの生物学者Kenneth Millerは、進化は方向性のない過程であり、人間の出現を含む特定の結果を実現するために神が進化過程を導いたという考えを素直に否定している。実際、Kenneth Millerは「この惑星上の人類の登場は予め定められたものではない。我々はここにいるのは、我々がいなかったかもしれな歴史に対する付け足し、些細な出来事、偶然である [Finding Darwin’s God (1999), p. 272]。

Miller does say that God knew that the undirected process of evolution was so wonderful it would create some sort of rational creature capable of praising Him eventually. But what that something would be was radically undetermined. How undetermined? At a 2007 conference, Miller admitted that evolution could have produced “a big-brained dinosaur” or a “mollusk with exceptional mental capabilities” rather than human beings. [Quoted in Darwin Day, p. 226]

Kenneth Millerは「神は、方向性のない進化過程は非常に素晴らしく、最終的に神を賛美する能力を持つ何らかの理性的生物を生み出すと知っていた」と主張する。しかし、その何らかの生物は直接的には定められていない。どう定めらていないのか? 2007のコンファレンスで、Kenneth Millerは、進化が人間ではなく知的恐竜や精神的能力を持つ軟体動物を生み出すかもしれないと認めた [Quoted in Darwin Day, p. 226]。
John G WestによるKenneth Millerの引用は歪められておらず、まとも。

同様の見方を、George V. Coyne神父はVatican観測所長だったときに、表明している:
God is working with the universe. The universe has a certain vitality of its own like a child does. It has the ability to respond to words of endearment and encouragement. You discipline a child but you try to preserve and enrich the individual character of the child and its own passion for life. A parent must allow the child to grow into adulthood, to come to make its own choices, to go on its own way in life.

神は宇宙とともに働く。宇宙は子供と同じく自らの活力を持つ。それは、親愛と励ましの言葉に応ずる力を持っている。あなたは子供を躾けるが、子供の個性と人生への情熱を豊かにしようとする。親は子供が成長して大人になり、自ら決断し、自らの道を歩むのを見守らなければならない。

[Text of talk by Vatican Observatory director on ‘Science Does Not Need God. Or Does It? A Catholic Scientist Looks at Evolution’ (2006/01/31) on Catholic Online][全文翻訳]
まさに、「人間が神の形に似せて創られたという命題は、西洋文明が構築された基盤原則のひとつである」で始まるDiscovery Instituteのアジェンダ「Wedge Document」と対立する見方である。確かに、知的生命が出現するか否か、出現したとしても人間であるか否かは予め定まっていないと「神の似姿」という言葉は意味をもたない。

John G Westの有神論的進化論批判は、つまるところ、「進化論が正しければ、キリスト教の教義たる『人間が神の形に似せて創られた』が寄って立つ事実が存在しない」ということになる。



posted by Kumicit at 2009/06/07 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック