2009/06/11

イミフなアナロジーを持ち出すUncommon DescentのGilDodgen

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのGilDodgenがアナロジーで反進化論を語った:
I’m still trying to figure out how the circulatory avian lung evolved in a step-by-tiny-step fashion from the reptilian bellows lung, without encountering DLL hell, and how the hypothesized intermediates did not die of asphyxia at the moment of birth (or hatching), without the chance to reproduce.

爬虫類の肺が、小さなステップバイステップの方法で、鳥類の気嚢と肺管の肺へ、DLL hellに遭遇することなく、進化できたか、そして出生時点で死亡して子孫が残せなくなることがないような仮説的中間形態を考えている。

Of course, we all know that this kind of challenge — no matter how obvious or compelling — presents no problem for the D-Fundies (Darwinian Fundamentalists), who are true believers in the clearly impossible, based on materialistic assumptions in which design could not possibly have played a role.

もちろん、知っての通り、このようなチャレンジは、デザインが何の役割を持ちえないという唯物論的仮定に基づいく、明らかに不可能なことを信じるダーウィン原理主義者には、どれだけ明らかであっても、問題ではない。

[GilDodgen: "DLL Hell, Software Interdependencies, and Darwinian Evolution" (2009/06/06) onUncommon Descent]
このネタはけっこう以前から研究されていて...
S. F. Perry and H. -R. Duncker:"Interrelationship of static mechanical factors and anatomical structure in lung evolution ", Journal of Comparative Physiology B: Biochemical, Systemic, and Environmental Physiology, 138(4), 321-334, 1980
James W. Hicks, and Colleen G. Farmer: "Gas exchange potential in reptilian lungs: implications for the dinosaur–avian connection", Respiration Physiology, 117(2-3), 73-83, 1999.
今もえんえんと続いている。

なので、"若い地球の創造論"ミニストリCreation Ministries International(旧Answers in Genesis, Australia)のJonathan Sarfatiなどがネタにしている。

それはさておき、DLL hellを持ち出したGilDodgenだけど、このアナロジーは何の意味も持たない。

DLL hellはユーザから見れば、同じDLLの別バージョンに依存した複数のアプリケーションを1台のPCにインストールしたときに起きる問題。あえていうなら、鳥類の肺の出現によって、強制的に恐竜の肺が鳥類の肺に置き換えられて、恐竜がバッタリ絶滅したという状況だろうか。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/06/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。