2009/06/26

南アフリカのオランダ系の創造論

米国の進化論教育を守るNational Center for Science EducationReport NCSEに掲載されたLW Retiefの記事「Calvin Meets the Hominins: A Brief History of Creationism in South Africa」によれば、南アフリカのオランダ系の人々の創造論志向は根が深いようである。

英国の統治に対抗するなかで、英語・リベラル・進化論を排除したのが始まりだという:
The inhabitants of the two Boer republics felt, with some justification, that their language, culture and religion — the very fabric of their identity — was under threat. The British High Commissioner for South Africa, Lord Milner, instituted a program of Anglicization that, among other things, enforced the use of English as the sole language of instruction at school.

幾分かの正当性をもって、ボーア人共和国の住民たちは、彼らのまさしくアイデンティティである言語と文化と宗教が脅威にされされていると感じた。英国南アフリカ高等弁務官であるMilner卿は、英国化プログラムを開始し、とりわけ学校教育言語として英語のみの使用を推進した。

The predictable result was that Afrikaans-speaking South Africans were drawn closer together, their language, religion, and culture serving as rallying points. The three main Afrikaans churches played a prominent role in fostering Afrikaner identity: the Nederduits Gereformeerde Kerk (Dutch Reformed Church or DRC, the most powerful as far as membership and political influence was concerned), the Gereformeerde Kerke van Suid-Afrika (Reformed Churches of South Africa or RCSA), and the smaller Hervormde Kerk (Reformed Church). The churches soon made their influence felt in almost every sphere of Afrikaner life and together with the Afrikaner Broederbond (Afrikaans Brotherhood, a secret society at its founding) kept a close watch on the school curricula and textbooks, which had to be freed of English “liberal” influence and any reference to evolution (van den Heever 1999).

予想できる結果として、アフリカーンスを話す南アフリカ人は、互いに引き合い、言語と宗教と文化を再結集地として用いた。3つのアフリカーンス教会がオランダ系南アフリカ人のアイデンティティ促進に突出した役割を演じた。Nederduits Gereformeerde Kerk(DRC: Dutch Reformed Churchは信者の数と政治的影響力について最大の勢力)とGereformeerde Kerke van Suid-Afrika (RCSA: Reformed Churches of South Africa)と小さめのHervormde Kerk (Reformed Church)である。教会たちは、すぐに彼らの影響がオランダ系南アフリカ人の生活のあらゆる面で感じられるようにした。そして、秘密結社Afrikaner Broederbondとともに、学英国のリベラルの影響と進化論への言及を排除すべく、校のカリキュラムと教科書を監視した。

... It was unthinkable that South Africans of European descent could share a common evolutionary ancestry with people of color, because that relationship would have been too close for comfort. It was much easier to accept a divine fiat for the separation of the races as read in the stories of Shem, Ham, and Japheth, and the Tower of Babel.

ヨーロッパ人の子孫である南アフリカ人が有色人種と進化的祖先を共有しうるとは考えられなかった。神が認める人種分離の根拠として、セムとハムとヤペテの物語とバベルの塔を読むのは容易なことだった。

...

The more-or-less official viewpoint espoused then and until recently by the three Afrikaans churches will be well known to readers in the USA: the earth is approximately 6000–10000 years old, everything we know was created by divine fiat in a period of six 24-hour days, and all living forms were created separately with humans as the pinnacle of creation. A world-wide flood devastated the earth some thousands of years ago, and only a few humans, together with representatives of most animals, survived to give rise to the fauna and flora we know today. Species are immutable, and at most one can hope for micro-evolution within “kinds”. No proof of evolution exists.

3つのアフリカーンス教会の最近までの公式見解は、米国の読者にもよくしられているものである。すなわち、地球は約6000〜10000歳であり、我々が知っているものすべては、24時間を1日とする6日間で神によって創造され、創造の頂点たる人間とは別のあらゆる動物は神によって創造された。数千年前に全地球的洪水が地球を荒廃させた。そして、ほんのわずかの人間と多くの動物の典型が、今日我々が知っている動物相と植物相をつくりだすために生き延びた。種は不変であり、「種類」の範囲内では進化可能。進化論の証明はない。
DRCとRCSAというアフリカーンス教会はすなおな"若い地球の創造論"を教義としていた。

そして、1948年にアフリカーンスの国民党が政権を取ると、国家の教育方針は公式にキリスト教すなわちカルヴァン主義になった。
Tthe policy resonates with a racialist interpretation of Genesis 9:25–10:32. ...

教育方針には創世記9章25節〜10章32節の人種差別主義解釈が満ち溢れた。

Evolution was not discussed in biology textbooks; it was simply ignored.

進化論は生物学の教科書では論じられなかった。まったく無視された。
アパルトヘイト政策の根拠として聖書があったらしい。

で、紆余曲折を経て、最後の白人政権であるデクラーク政権と最初の黒人政権であるマンデラ政権のもとでは、進化論は生物学のカリキュラムにちゃんと入った。これに対して、アフリカーンス教会はもちろん反対する。
There is also a deep irony embedded in the stances of the DRC and the RCSA towards evolution. The DRC had supported apartheid and opposed evolution, basing its views on biblical interpretation but has changed their views radically. The Reformed Churches rejected apartheid on scriptural grounds; it has now, for the same reasons, rejected evolution. A recent National Synod of the RCSA decried the teaching of evolution at school and requested Christian teachers not to present evolution as a fact in the classrooms.

進化論に対するDRCとRCSAのスタンスには深い皮肉がある。DRCは、ラジカルに変えた聖書の解釈に基づきアパルトヘイトを支持し進化論に反対する。RCSAは聖書に基づきアパルトヘイトを否定し、同じ理由で進化論を否定する。RCSAの最近の教会会議は、学校で進化論を教えることを非難し、キリスト教徒の先生たちに進化論を事実として授業で教えないように求めた。
アパルトヘイト支持で「ヨーロッパ人の子孫である南アフリカ人が有色人種と進化的祖先を共有しうるとは考えられない」ので進化論否定なDRCと、米国スタイルな人種差別反対+進化論否定なRCSAという、米国の創造論者から見れば不愉快なことになっているようだ。



posted by Kumicit at 2009/06/26 08:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>進化論否定なDRCと、米国スタイルな人種差別反対+進化論否定なRCSAという、米国の創造論者から見れば不愉快

米国の創造論者は進化論否定では。有神論的進化ならいいということでしょうか?
Posted by 匿名希望 at 2009/06/26 14:02
人種差別推進側が有神論的進化論あたりを支持していれば米国の創造論者たちにとっては都合がよいのですが、南アフリカの人種差別推進サイド教会も"若い地球の創造論"者たちなので、困ったことになります。

進化論否定のロジックのひとつ"Darwin-to-Hitler"が、"Luther-to-Hitler"に加えて、人種差別な創造論者のおかげで無力化されてしまうからです。



Posted by Kumicit 管理者コメント at 2009/06/27 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。