2009/07/01

インテリジェントデザイン支持者の主張「Thomas Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者」

米国第3代大統領Thomas Jeffersonは政治家であるとともに1776〜1818の気温を記録[here]してみたり、建築家だったりと多才だった。

そんな「過去の偉人が創造論者だったので、創造論は正しい」という主張を創造論者たちはしたがる。
そんな創造論者の主張に「Thomas Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者」というのがある:これらの主張は何の意味も持たないが、実は地雷を1個踏んでいる...

そのThomas Jeffersonは、1781年に執筆し、1782〜1783年に加筆した"Notes on the State of Virginia"で次のようなことを書いている:
Comparing them by their faculties of memory, reason, and imagination, it appears to me, that in memory they are equal to the whites; in reason much inferior, as I think one could scarcely be found capable of tracing and comprehending the investigations of Euclid; and that in imagination they are dull, tasteless, and anomalous. It would be unfair to follow them to Africa for this investigation. We will consider them here, on the same stage with the whites, and where the facts are not apocryphal on which a judgment is to be formed. It will be right to make great allowances for the difference of condition, of education, of conversation, of the sphere in which they move. Many millions of them have been brought to, and born in America. Most of them indeed have been confined to tillage, to their own homes, and their own society: yet many have been so situated, that they might have availed themselves of the conversation of their masters; many have been brought up to the handicraft arts, and from that circumstance have always been associated with the whites. Some have been liberally educated, and all have lived in countries where the arts and sciences are cultivated to a considerable degree, and have had before their eyes samples of the best works from abroad. The Indians, with no advantages of this kind, will often carve figures on their pipes not destitute of design and merit. They will crayon out an animal, a plant, or a country, so as to prove the existence of a germ in their minds which only wants cultivation. They astonish you with strokes of the most sublime oratory; such as prove their reason and sentiment strong, their imagination glowing and elevated. But never yet could I find that a black had uttered a thought above the level of plain narration; never see even an elementary trait of painting or sculpture.

黒人の記憶力と思考力と想像力を比較すると、私には黒人たちの記憶力は白人と差はないと思える。思考力は大きく劣っていて、黒人たちはユークリッドの探求をたどって理解することはできないと思う。黒人の想像力は鈍くて味気なくて異常である。黒人の調査にアフリカまでたどるのは不公平である。白人と同じステージにある米国の黒人を対象とし、判断の根拠として出所のあやしくない事実を用いる。幾百万の黒人が米国に連れてこられ、あるいは米国で生まれた。黒人たちは耕作地および彼ら自身の家庭や社会から出ることはなかったが、それでも彼らは主人たちと会話を役立てたかもしれない。手工業品の訓練を受けた。そして生活環境の中で常に白人と接触があった。一部の黒人たちはリベラルに教育を受けた。そして、彼らは芸術と科学が発展した国に住んでいて、彼らの眼の前には外国からの最高の作品のサンプルがあった。インディアンはこのような好条件に恵まれていなかったが、デザイン上の問題やメリットのない図形をパイプに刻みつける。インディアンは動物や植物や土地を描き、洗練を求める心の中の萌芽の存在を示している。インディアンの最も崇高な雄弁術に驚かされる。それは思考力と意見の強さ、想像力と輝きと高さを示している。しかし、私は黒人が物語以上の思考を国にしたのを聞いたことがない。絵画や彫刻の初歩的特徴をすら見たことがない。

[Jefferson, Thomas (1743-1826): "Notes on the State of Virginia" (1781-1783), p.266]
創造論者たちは「進化論者は人種差別主義者だ」と言っているが、インテリジェントデザイン支持者の例として持ち出したThomas Jeffersonが人種差別な記述をしていたために、「インテリジェントデザイン支持者は人種差別主義者」という"自爆"になってしまっている。

タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/07/01 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック