2009/07/02

渇きを癒すホメオパシー 効果は確実


Homeopathic Cure For THIRST
Warranted Efficacious

The homeopathic principle holds that a substance which causes a symptom in large doses, will cure the same in a minuscule dose. Professor Augustus Treacle of the Western Pennsylvania Homeopathic Faculty has therefore prepared a 13C dilution of Sodium Chloride to cure even the most extreme cases of thirst. One eight-ounce bottle of Professor Treacle's homeopathic preparation is generally enough to cure a mild case of thirst; for more severe cases, two or even three bottles may be indicated. The efficacy of this preparation is warranted absolutely and positively without qualification.

Western Pennsylvania Homeopathic faculty, Mercenary Division, Schenley Farms.

渇きを癒すホメオパシー


保証された有効性



ホメオパシーの原理は、大量に摂取すると病気の症状を起こす物質を、微量摂取すれば治癒効果があるというものです。ウェストペンシルバニアオメオパシー学部のAugustus Treacle教授は、もっともひどい渇きの症状をも治癒するために、塩化ナトリウムの13C希釈液を用意しました。Treacle教授のレメディは8オンスのボトル1本で軽症の渇きを治療できます。もっとひどい症状の場合は、2〜3本が必要だとされています。このレメディの有効性は、認可なしに、絶対的かつポジティブに保証されます。

GWB200807.jpg
(画像は日本語版用イメージです)
[H. ALBERTUS BOLI, LL.D.: "Advertisement." (2009/06/27) on Dr. Boli's Celebrated Magazine.]

タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2009/07/02 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>このレメディの有効性は、認可なしに、絶対的かつポジティブに保証されます。

ワロタ
Posted by 匿名希望 at 2009/07/02 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック