2009/07/08

メモ: 間接的なプラセボ

ADHD(注意欠陥・多動性障害)に関するプラセボの効果について...
Now a recent review of research by University at Buffalo pediatric psychologists suggests that such medication, or the assumption of medication, may produce a placebo effect -- not in the children, but in their teachers, parents or other adults who evaluate them.

"University at Buffalo"の小児科心理学者たちの研究レビューから、薬物あるいは偽薬は、子供ではなく、その子供を評価する教師や両親や他の大人たちにプラセボ効果をもたらすことが示唆された。

A placebo effect is a positive change in symptoms or behavior after a patient receives a "fake" medication or procedure; in other words, the belief can become the medicine. In this case, the review suggested that when caregivers believed their ADHD patients were receiving ADHD medication, they tended to view those children more favorably and treat them more positively, whether or not medication was actually involved.

プラセボ効果は、患者が偽の薬物や治療を受けた後、兆候や行動が改善することである。言い換えるなら、信念が薬物としての効果を持つ。この例では、患者がADHD薬物を投与されたと保護者が信じれば、子供たちが好ましい状態になったと評価し、よりポジティブに子供たちを扱うようになることが示唆された。

"The act of administering medication, or thinking a child has received medication, may induce positive expectancies in parents and teachers about the effects of that medication, which may, in turn, influence how parents and teachers evaluate and behave toward children with ADHD," said UB researcher Daniel A. Waschbusch, Ph.D., lead author of the review.

「薬物を投与した、あるいは子供が薬物を投与されたという考えは、その薬物の作用について両親と教師にポジティブな期待を誘発するかもしれない。そして、それは、次に、両親と先生がADHDの子供に対する評価や振る舞いに影響を与えるかもしれない」と研究レビューの著者である"University at Buffalo"の研究者Dr. Daniel A. Waschbuschは述べた。

[Placebo Effects In Caregivers May Change Behavior Of Children With ADHD (2009/06/30) on Science Daily]
このレビューは、患者本人に直接のプラセボ効果がなくとも、周囲にプラセボ効果があり、それが患者本人に良い影響を与える可能性をADHDに関して指摘したもの。これは、他にも同様の効果が働いている可能性を示唆する。


posted by Kumicit at 2009/07/08 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。