2009/07/16

インテリジェントデザイン支持者の主張「Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者」

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery InstituteのStephen C. Meyerセンタ長が、Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者という投稿記事を書いた。

その内容は副センタ長のDr. John G Westが昨年書いた記事と特に違いがない。いわゆる、「過去の偉人が創造論者だったので、創造論は正しい」である。、

だから何?な話だが、New Scientistが対抗記事を出している:
Meyer sees supports for this claim in an 1823 letter Jefferson wrote to the second US president John Adams: "It is impossible, I say, for the human mind not to believe that there is, in all this, design, cause and effect, up to an ultimate cause, a fabricator of all things from matter and motion."

Fair enough. Though he may not have been a Christian in the strictest sense, Jefferson was deeply spiritual, and he invoked a creator in arguing for universal human rights -- "life, liberty, and the pursuit of happiness."

But Jefferson was also a dogged supporter of the separation of church and state. Meyer brushes this aspect of his biography aside: "By invoking Jefferson's principle of separation, many critics of intelligent design assume that this visionary Founding Father would agree with them."

Public schools didn't exist in their current form in America during Jefferson's time, but Meyer never pauses to consider whether Jefferson would have supported the teaching of ID -- a religious philosophy -- in government-funded schools. He wouldn't have.

Stephen Meyerは、この主張を指示するものとして、Jeffersonが1823年に、第2代米国大統領John Adamsに書いた手紙を見る:「第一原因にさかのぼるデザイン・原因・効果、すなわち物質から運動まであらゆるものの製造者の存在を信じないなどということは不可能だと思う。

それは、けっこう。Jeffersonは厳密な意味ではキリスト教徒ではなかったかもしれないが、かなりスピリチュアルであり、生存・自由・幸福の追求という基本的人権を指示する論で創造主を引き合いに出している。

しかし、Jeffersonは政教分離の頑なな支持者でもあった。Stephen MeyerはJeffersonの伝記のこの一面を払いのける:「Jeffersonの政教分離原則をあげて、インテリジェントデザインの多くの批判者は建国の父が自分たちを指示していると仮定する」

Jeffersonの時代には米国には現在の形式の公立学校は存在しなかったが、Stehpen MeyerはJeffersonが政府資金による学校でインテリジェントデザインという宗教哲学を教えることを支持したかどうかを考えようとしない。

おそらく、Jeffersonはそれを支持しないだろう。

[Ewen Callaway: "Jefferson would not have supported intelligent design" (2009/07/15) on New Scientist]



タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/07/16 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック