2009/08/22

インドのニセ医者たち

インド方面のホメオパシーを調べていて、The Times of Indiaによるニセ医者による死亡事件の報道を見つけた:
KANPUR: A 10-year-old child of a Dalit in the Sargaon Buzurg village of Kanpur Dehat district under the Derapur police station lost his life here on
Monday after treatment by a quack.

The kin of the dead child have lodged a complaint with the Derapur police in this connection against the suspected quack, Kutan Mishra, accusing him of medical negligence.

Derapur警察署管轄のKanpur Dehat地区のSargaon Buzurg村のDalitの10歳の子供が、偽医者による治療後、月曜日に死亡しした。死んだ子供の家族は、このニセ医者Kutan Mishra容疑者を医療過失で、Derapur警察に訴えた。

[Faiz Rahman Siddiqui: "Quack's treatment takes the life of a 10-yr-old boy" (2009/08/11) on The Times of India]
これだけなら、特に気になることではない。

しかし、その背景は悲しい。
The suspected quack had settled down here since the past four years and Sargaon Buzurg residents frequent him since then in the absence of PHC or a CHC. The Primary Health Centre in Rura is located at a distance of 10 km while another PHC in Derapur is about 12 km from Sargaon Buzurg village and likewise the PHC at Akbarpur is situated at a distance of 15 km.

このニセ医者容疑者は4年前にここに居を構えた。近くにPHC(Primary Health Center)やCHC(Community Health Center)がないので、村人たちは頻繁に訪れた。Sargaon Buzurg村からは、RuraのPHCは10km彼方にあり、DerapurのPHCは12km彼方に、AkbarpurのPHCは15km彼方にある。

"We are helpless as it is not easy to take the patient so far away. At times there is no other option but to go to these quacks," rued a villager, Shiv Narain.

「患者を遠くへ連れて行くのは容易なことではなく、我々は無力だ。時として、これらのニセ医者のところへ行く以外に方法がないこともある」と村人Shiv Narainは悔やんだ。

The clinics run by these quacks promise a 'magic cure' of various diseases like piles etc and many of these unauthorised practitioners are also learnt to be performing minor surgeries, radiological and laboratory tests, taking the unsuspecting poor villagers for a ride.

これらのニセ医者が開業しているクリニックでは、様々な病気を魔法のように治療することを約束する。これらの未許可の開業医たちの多くが、小規模な手術や放射線およびラボ検査を行っていることも知られている。用心しない村人たちが騙されている。

According to Kishan, another villager, "Mishra is not alone, there are four to five other suspected quacks illegally running their clinics here in the Sargaon Buzurg village.

もうひとりの村人Kishanによると、「Mishraひとりだけではない。ここSargaon Buzurg村で違法に開業しているニセ医師容疑者が4〜5人いる」と言った。
まだまだ、インドの田舎では、こういう悲しい選択もあるようだ。

View Larger Map

で、ここからがインド特有と言うべき事項:
According to the health department sources, there are about 1,707 registered Allopathy doctors, 653 Ayurvedic and Unani doctors and 724 Homeopathy doctors in Kanpur. The health officials said that doctors having their degrees registered from the Medical Council, Indian Medical Council (Ayurvedic/Unani), Homeopathy Council and Dental/Surgery Council are considered to be genuine doctors while the rest are impostors. A registered practitioner in a specific medical stream, if practising under any other specialisation, also falls under quackery.

保健省によれば、Kanpurには1707名の登録Allopathy医師(通常医療)、653名のAyurvedic医/Unani医(インドの伝統医療)、724名のホメオパシー医がいる。保健省の担当者によれば、Medical Council(医療会議)、Indial Medical Council(インド医療会議=Ayurvedic/Unani所轄)、Homeopathy Council(ホメオパシー会議)、Dental/Surgery Council(歯科医・外科医会議)に資格登録された医師は本物だが、それ以外は詐称者である。特定医療に登録された開業医であっても、それ以外の治療を行えば、詐称行為となる。
インドでは通常医療(Allopathic medicine)・歯科・外科の他に、インド伝統医療(Ayurveda, Unani medicine)とホメオパシーが公的医療資格となっているようである。

ホメオパシーが公的医療資格になっているのは論外だと思うが、それさえも持たないニセ医者たちが多くいる(少なくともSargaon Buzurg村には有資格医師はいないが、ニセ医者は複数いる)という状況は、想像を絶する世界だ。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2009/08/22 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。