2009/09/05

オハイオ州で創造論を教えた理科教師による裁判のつづき

オハイオ州Mount Vernon Schoolの理科教師John Freshwaterが、2007-2008学校年度に、授業で創造論を教え、テスラコイルで生徒に焼印をつけた件について:


残されたのは理科教師John Freshwaterの解雇手続きと、それを阻止しようとするJohn Freshwaterによるオハイオ州Mount Vernon City学区教育委員会と数名の個人および組織に対する裁判。

colombus nbc4iの2009年9月1日付の報道によれば、
この訴えの対象から、Mount Vernon City学区教育委員会の弁護士David Millstoneが外れた。

これをとりあげたPanda's ThumbのRichard B. Hoppeは次のようにまとめている:
Now, according to news reports, Millstone has moved to be dropped as a defendant, arguing that it is improper to sue an attorney in order to pressure the attorney’s client. The news report describes a June 9, 2009, letter from R. Kelly Hamilton to the Board of Education that apparently suggested a settlement, including this sentence: “It will be interesting to observe the developments between Mr. Millstone’s representation and the interests of the Mount Vernon City School System.” According to the news report, Millstone’s filing characterized that sentence as “a ‘veiled threat’ to force Millstone out of representing the school board.”

nbc4iの報道によれば、弁護士のクライアントにプレッシャーをかけるために弁護士を訴えることは不適切であることから、学区教育委員会顧問弁護士David Millstoneが訴えの対象から外れた。「Millstone弁護士の代表行為と、Mount Vernon City学区の利益の間での状況の進展を見るのは興味深い」という一文を含む、R. Kelly Hamiltonから学区教育委員会への和解を求める手紙について、2009年6月9日付けで報道されている。報道によれば、Millstoneを訴えの対象にしたことを「学区の弁護士を辞めるように強制する『無言の脅迫』だ」と特徴付けられる。

The news report quotes Millstone’s attorney as saying “The claim against Mr. Millstone appears to be a pressure tactic aimed at the administrative process to terminate Mr. Freshwater’s contract.”

nbc4iの報道はMillstone弁護士のコメントを伝えている「Millstoneに対する主張は、Freshwater裁判の弁護契約を解除するために管理プロセスを狙う圧力戦術であるようだ」

[Richard B. Hoppe: "Freshwater: Losing your case? Sue your opponent’s attorney. " (2009/09/02) on Panda's Thumb]
posted by Kumicit at 2009/09/05 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック