2009/09/15

メモ: スペインインフルエンザとホメオパシーとアスピリン

1918年のスペインインフルエンザは米国にも大きな影響を及ぼした:
The Spanish Influenza pandemic is the catastrophe against which all modern pandemics are measured. It is estimated that approximately 20 to 40 percent of the worldwide population became ill and that over 50 million people died. Between September 1918 and April 1919, approximately 675,000 deaths from the flu occurred in the U.S. alone. Many people died from this very quickly. Some people who felt well in the morning became sick by noon, and were dead by nightfall. Those who did not succumb to the disease within the first few days often died of complications from the flu (such as pneumonia) caused by bacteria.

スペインインフルエンザは現代のパンデミックの中でもカタストロフィックである。世界人口の20〜40%が感染し、5000万人以上が死亡したと推定されている。1918年9月から1919年4月の間で、米国だけでも約67万5000人がインフルエンザで死亡した。多くの人々がこれで速やかに死亡した。朝には健康だと感じていた人々が、昼には病気になり、夕暮れに死亡した。最初の数日間は病気に屈しなかった人々も、細菌に起因する肺炎のようなインフルエンザの合併症で死亡した。

[Pandemics and Pandemic Threats since 1900 on Flu.Gov]
ホメオパスたちは、このスペインインフルエンザを宣伝材料にしている:
Homeopaths believed that the epidemic proved their superiority to "allopathic" physicians. The Journal of the American Institute for Homeopathy claimed that influenza victims treated by regular physicians had a mortality rate of 28.2 percent -- an absurdity: if that were so, the United States alone would have had several million deaths -- while also claiming that twenty-six thousand patients treated by homeopaths, chiefly with the herbal drug gelsemium, had a mortality rate of 1.05 percent, with many homeopaths claiming no deaths whatsoever among thousands of patients. But the results were self-reported, making it far too easy to rationalize away those under their care who did die -- to remove, for instance, from their sample any patient who, against their advice, took aspirin, which homeopaths considered a poison.

ホメオパスたちは、インフルエンザ流行が通常医療に対する自分たちの優位性の証明だと思っていた。"The Journal of the American Institute for Homeopathy"(米国ホメオパシー研究誌)は、通常医療で治療されたインフルエンザ患者の28.2%が死亡したと主張した。その数字はありえない。もしそうなら、米国で数百万人が死亡しているはずだ。その一方で、ホメオパスはハーブ薬ゲルセミウムを使って2万6000名を治療して、死亡率は1.05%だと主張する。そして、多くのホメオパスたちは幾千人を治療したが死者はゼロだと主張していたという。しかし、この結果は自己申告であり、治療にして死亡した人々を合理的に簡単に除外できた。たとえば、ホメオパスの助言に従わなかったとか、ホメオパスたたちが毒だと考えているアスピリンを使ったとかの理由で。

Reference:
T.A. McCann: "Homeopathy and Influenza", J. American Institute for Homeopathy, May, 1921.

[John M. Barry: "The Great Influenza", pp.353-354]
実際の、この数字を使っているホメオパスたちが多くみられる[Deseret Biological, Natural News, National Center for Homeopathy, ...]。

この数字の論拠となった1921年の記述を見てみると、反アスピリンな声に満ちている:
[Copied (OCR) from: JOURNAL OF THE AMERICAN INSTITUTE OF HOMEOPATHY 1921 pages 1038 to 1043 HOMEOPATHY IN INFLUENZA-A CHORUS OF FIFTY IN HARMONY By W. A. Dewey, M. D., University of Michigan [OCR Copy, PDF Copy]

W.A. Dewey, MD, University of Michigan: "Homeopathy in Influenza -- A chorus of fifty in harmony", Journal of the American Institute of Homeopathy, May 1921, 1038-1043.

In a plant of 8,000 workers we had only one death. The patients were not drugged to death. Gelsemium was practically the only remedy used. We used no Aspirin and no vaccines. -- Frank Wieland, M. D., Chicago.

I did not lose a single case of influenza; my death rate in the pneumonias was 2.1%. The salycilates, including Aspirin and Quinine, were almost the sole standbys of the old school and it was a common thing to hear them speaking of losing 60% of their pneumonias. -- Dudley A. Williams, M. D., Providence R. I

Dean W. A. Pearson of Philadelphia collected 26,795 cases of influenza treated by homeopathic physicians with a mortality of 1.05%, while the average old school mortality is 30%

I attended over one hundred cases without any fatalities. I never deviated from' the homeopathic remedy. I never gave Aspirin. One case that was loaded with Aspirin before I saw him, referred to me from an old school physician, died. This epidemic should encourage us to renewed faith in homeopathy. - G. H. Wright, M. D., Foresiz Glen, Md.

I remember Acetanilid in the epidemic of 1889 and its fatal- ities. In this' epidemic I knew that Aspirin and the coal tar products would kill more people than the disease itself and it has so proved. One old school physician told me that he, had gotten wise to the fact that Aspirin was killing his patients and that he hid stopped using it and was relying on homeopathic and eclectic remedies -- E. B. Finney, M. D., Lincoln Neb.

The importance of homeopathic remedies has been empha- sized; 24 out of 42 cases who used vaccines had influenza and there were 8 cases of pneumonia - so vaccines as a prophylactic failed. -- W. L. Love, AT. D., Brooklyn.

The more Aspirin, Codein, Dobell's solution and other extra- homeopathic remedies used the slower the recovery. -- James W. Ward, M. D., San Francisco.

...(強調追加)
米国のホメオパスたちは1918年に、ワクチン否定よりも、はるかに強力に反アスピリンに燃えたようだ。

これはおそらく、鎮痛というホメオパスたちの商売のエリアへ、アスピリンがなだれ込んできた時期だったからだと思われる:
Aspirin was made available in tablet form and without a prescription in 1915. Two years later, when Bayer's patent expired during the First World War, the company lost the trademark rights to aspirin in various countries.

1915年にはアスピリンは錠剤の形で処方箋なしで買えた。2年後[1917]の第1次世界大戦中にBayerの特許が消滅し、BayerはAspirinの商標権を各国で失った。

[Bayer patents aspirin]

Aspirin's popularity grew over the first half of the twentieth century, spurred by its effectiveness in the wake of the Spanish flu pandemic of 1918, and aspirin's profitability led to fierce competition and the proliferation of aspirin brands and products, especially after the American patent held by Bayer expired in 1917.

1918年のスペインインフルエンザ流行の始まりにおけるアスピリンの効果によって、アスピリンの人気は20世紀前半に高まった。また、特にBayerの持つ米国特許が1917年に消滅した後は、その収益性の高さから、激しい競争とアスピリンブランド製品の激増に至った。

[wikipedia:Aspirin]
この状況からすると、当時のホメオパスたちの反アスピリン発言は"Conflict of Interest"にあたっており、信頼できない。

なお、アスピリンは:
[アスピリン on メルクマニュアル医学百科]

最も古く、最も価格の安い市販の鎮痛薬はアスピリンです(アセチルサリチル酸)。アスピリンを制酸薬と組み合わせれば(緩衝製剤)、胃を直接刺激する作用を減らすことができます。制酸薬はアルカリ環境をつくってアスピリンを溶かす効果があるので、アスピリンが胃の内壁と接触する時間を短縮できます。しかし、アスピリンの緩衝製剤も胃を刺激することがあります。アスピリンには胃の内壁を保護するのに役立つプロスタグランジンの産生を低下させる作用があり、緩衝効果はこの作用にまでは及ばないからです。

腸溶性アスピリンは、胃をそのまま通り抜けて小腸で溶け、それによって直接の刺激を最小限に抑えるように設計されています。しかし、コーティングされたアスピリンもその設計通りに吸収されるとは限りません。また、ものを食べると、胃が空になるのが遅れて腸溶性アスピリンの吸収が遅くなるため、痛みの軽減も遅れる可能性があります。

ライ症候群になるおそれがあるため、インフルエンザや水ぼうそう(水痘)にかかっているか、その疑いのある小児や10代の若者はアスピリンを服用してはいけません。めったにありませんが、ライ症候群は死に至る重大な結果を招くことがあります。
であり、このライ症候群について初めての研究はReye et al.[1963]であり、1918年当時はまったく存在すら、知られていなかった。また、スペインインフルエンザを特徴づける死亡率の増大した年齢層と、このライ症候群の年齢層は重ならない[Taubenberger and Morens(Figure 3)]。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2009/09/15 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。