2009/09/18

今年のインテリジェントデザイン宣伝映画では...

今年も、Discovery Instituteはインテリジェントデザイン宣伝映画をつくった:
[PZ Myers: "Shame on the Sam Noble Museum of Natural History" (2009/09/15) on Pharyngula]

The Discovery Institute is up to their usual shenanigans — they're pushing another propaganda movie (say, whatever happened to their research program?), Darwin's Dilemma. It's complete nonsense.

Discovery Instituteはいつものペテンで、宣伝映画Darwin's Dilemmaをプッシュしている(やつらの研究プログラムに何があったにせよ)。これは全くのナンセンスだ。
This documentary will examine what many consider to be the most powerful refutation of Darwinian evolution--the Cambrian fossil record. ...

このドキュメンタリーは、ダーウィン進化論に対する最もパワフルな反証だと多くが考えるカンブリア化石記録について調べる。...
前回のインテリジェントデザイン宣伝映画ExpelledのネタはGodwin's Lawに該当する"Darwin-to-Hitler"だったが、今度のネタは創造論者の主張:カンブリア爆発()らしい。

PZ Myers準教授によれば、Expelledと同じく、Discovery Instituteは何らかの形で著名な科学者2名に対して、使用目的を偽装したインタビューを行ったもよう:
In the department of NO-FRICKIN'-BIG-SURPRISE, the movie has two big name scientists in it, Simon Conway Morris and James Valentine…and their interviews were obtained under false pretenses. Of course. I wonder if there isn't some universal law behind this, that every creationist movie is obligated to lie to some scientist somewhere to get their words on tape?

"ちっとも思いがけない"部門では、この映画に、著名な研究者Simon Conway MorrisとJames Valentineの使用目的を偽ったインタビューがある。もちろん「あらゆる創造論者映画は幾人かの科学者にウソをついてインタビューをテープに収める義務がある」という法則が背後にあるような気がしている。

これについて、あちこち調べたBrian Switekによれば...
Also, last week the Disco Institute podcast "ID the Future" featured an interview with the producer of the film, Lad Allen. At about the 8:36 mark the host asks Allen about the interviews with not only DI cronies but also Conway Morris and Valentine. Here's what Allen had to say;

また、先週、Discovery Instituteのポッドキャスト"ID the Future" が、映画のプロデューサーLad Allenのインタビューをフィーチャーした。8:36あたりでインタビューのホストがAllenに、DIの仲間たちの他に、Conway MorrisとValentineに対するインタビューについて質問した。これがそれ対する回答だ....
....

As stated above, Conway Morris does not recall any such interview taking place. The producer knows a little bit about what Conway Morris has done, but I wouldn't be surprised if the "interview" ends up being reused material from another source. For all the time Allen spends on Conway Morris almost nothing is actually said about the supposed interview.

以上のように、Conway Morrisについてのインタビューをしたという記載がない。プロデューサーはConway Morrisの業績について少し知っているが、このConway Morrisのインタビューがまったく別の素材の再利用だったとしても、私は驚かない。AllenはConway Morrisについて、インタビューについてほとんど何も言っていない。

[Brian Switek: "Have creationists tricked scientists yet again?" (2009/09/15) on Laelaps]
もしかすると、インタビューそのものを行っていないかも...

なお、目的を偽るというインタビュー手法は、"若い地球の創造論"ミニストリCreation Ministries Internationalも使っている。

==>Creation Ministries InternationalによるExpelledっぽいドキュメンタリー (2009/06/30)


タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/09/18 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック