2009/09/21

ナイジェリアのウィッチハンター

ナイジェリアのポリオワクチン否定ネタを調べていて、2年前のこんな記事を見つけた。ナイジェリアでは、イスラム教原理主義集団がワクチン否定やら反進化やらとやっているかと思えば、福音主義キリスト教がこんなことを...

もはや、なにがなんだかわかりません...
[Tracy McVeigh: "Children are targets of Nigerian witch hunt" (2007/12/09) on The Guardian
(ウィッチハントの標的とされたナイジェリアの子供たち)]

Evangelical pastors are helping to create a terrible new campaign of violence against young Nigerians. Children and babies branded as evil are being abused, abandoned and even murdered while the preachers make money out of the fear of their parents and their communities

福音主義キリスト教の牧師たちは、ナイジェリアの子供たちに対する新たな暴力キャンペーンを創るのを手伝っている。悪の烙印を押された子供たちや赤ちゃんたちは、虐待され、捨てられ、殺される。一方で、牧師たちは親とコミュニティの恐怖心を利用して銭儲けしている。



The rainy season is over and the Niger Delta is lush and humid. This southern edge of West Africa, where Nigeria's wealth pumps out of oil and gas fields to bypass millions of its poorest people, is a restless place. In the small delta state of Akwa Ibom, the tension and the poverty has delivered an opportunity for a new and terrible phenomenon that is leading to the abuse and the murder of hundreds, perhaps thousands, of children. And it is being done in the name of Christianity.

雨季が過ぎて、ニジェールデルタは青々としていて瑞々しい。石油と天然ガスによるナイジェリアの富が、幾百万の貧しい人々に行きわたることのない、この西アフリカ南端は不安な場所だ。Akwa Ibomの小さなデルタ州は、緊張状態と貧困が、新たな恐ろしい現象をもたらした。それにより、幾百おそらく幾千の子供たちに対する虐待と殺人が起きている。それらは、キリスト教の名において行われている。

Almost everyone goes to church here. Driving through the town of Esit Eket, the rust-streaked signs, tarpaulins hung between trees and posters on boulders, advertise a church for every third or fourth house along the road. Such names as New Testament Assembly, Church of God Mission, Mount Zion Gospel, Glory of God, Brotherhood of the Cross, Redeemed, Apostalistic. Behind the smartly painted doors pastors make a living by 'deliverances' - exorcisms - for people beset by witchcraft, something seen to cause anything from divorce, disease, accidents or job losses. With so many churches it's a competitive market, but by local standards a lucrative one.

ここではほとんど誰もが教会へ行く。Esit Eketの街をドライブすれば、道に沿って3〜4軒ごとに教会の広告が見られる。新約聖書教会、神の使命教会、シオン山福音教会、神の栄光教会、十字架同盟、救済教会など。小ぎれいに塗装された扉の背後では、牧師たちが、離婚や病気や事故や失業を起こす原因となったウィッチクラフトに悩まされる人々への悪魔払いによって生計をたてている。あまりにも多くの教会があるので、競争がきびしい市場になっているが、その地域の標準となっている教会が有利だ。

But an exploitative situation has now grown into something much more sinister as preachers are turning their attentions to children - naming them as witches. In a maddened state of terror, parents and whole villages turn on the child. They are burnt, poisoned, slashed, chained to trees, buried alive or simply beaten and chased off into the bush.

Some parents scrape together sums needed to pay for a deliverance - sometimes as much as three or four months' salary for the average working man - although the pastor will explain that the witch might return and a second deliverance will be needed. Even if the parent wants to keep the child, their neighbours may attack it in the street.

牧師たちが子供たちに関心を向け、ウィッチだと名指ししたことで、この搾取状況は一層ひどいものになった。恐怖に狂った状態で、親たちや村人たちが子供に目を向けた。子供たちは焼かれたり、毒殺されたり、鞭打たれたり、木に鎖で縛られたり、生きながら埋められたり、あるいは単に殴られて、茂みへと追い払われる。

一部の親たちは、救出の料金を払うために必要な金額をかき集める。ときには、それは平均的労働者の3〜4か月分の賃金にも相当する額になる。ウィッチが戻ってくるかもしれないと牧師は説明し、2度目の救出が必要になる。たとえ親たちが子供を手元においておこうとしても、隣人たちが通りで子供たちを襲うかもしれない。

This is not just a few cases. This is becoming commonplace. In Esit Eket, up a nameless, puddled-and-potholed path is a concrete shack stuffed to its fetid rafters with roughly made bunk beds. Here, three to a bed like battery chickens, sleep victims of the besuited Christian pastors and their hours-long, late-night services. Ostracised and abandoned, these are the children a whole community believes fervently are witches.

Sam Ikpe-Itauma is one of the few people in this area who does not believe what the evangelical 'prophets' are preaching. He opened his house to a few homeless waifs he came across, and now he tries his best to look after 131.

これは数件の事件などではない。これは、もはや日常の出来事になっている。Esit Eketの名も無き、水たまりや窪みのある道路を進んだところに、雑に用意された二段ベッドを取り付けた悪臭を放つ木組みを押しこんだコンクリート小屋がある。ここでは、養鶏所の鶏のように一つのベッドに3人が眠っている。彼らは、スーツを着込んだキリスト教の牧師たちと彼らによる数時間にわたる昨夜の礼拝で眠れなかった子供たちだ。この排斥され捨てられてた子供たちを、コミュニティの人々がウィッチだと熱心に信じている。

Sam Ikpe-Itaumaは、この地域では数少ない、福音主義の預言者が説くことを信じていない人の一人だ。彼は自分の家に数人のホームレスの子供たちを住まわせた。そして今では、最善を尽くして131人の面倒を見ている。

'The neighbours were not happy with me and tell me "you are supporting witches". This project was an accident, I saw children being abandoned and it was very worrying. I started with three children, then every day it increased up to 15, so we had to open this new place,' he says. 'For every maybe five children we see on the streets, we believe one has been killed, although it could be more as neighbours turn a blind eye when a witch child disappears.

'It is good we have this shelter, but it is under constant attack.' As he speaks two villagers walk past, at the end of the yard, pulling scarfs across their eyes to hide the 'witches' from their sight.

「隣人たちは私のしていることが不満で、『あなたはウィッチを支援している』と言います。このプロジェクトは偶然に始まったもので、私が捨てられた子供を見て、とても心配に思えました。私は3人の子供たちで始めて、日々その数が増えて15人になりました。なので、私は新たにここを開設しなければならなくなりました。それから、5人くらいの子供たちを通りで見るたびに、その一人は殺されていると思っていいでしょう。ウィッチの子供が姿を消したとき、隣人たちが見て見ぬふりをしていたら、もっと多くなっているかもしれませんが。」と彼は言う。

囲いの外を歩く2人の村人たちが、ウィッチが目に入らないように目のまわりにスカーフをひいた。それ見ながら、彼は「避難場所があるのは良いことです。しかし、ここも、いつも攻撃にさらされています。」と言った。

Ikpe-Itauma's wife, Elizabeth, acts as nurse to the injured children and they have called this place the Child Rights and Rehabilitation Network, a big name for a small refuge. It has found support from a charity running a school in the area, Stepping Stones Nigeria, which is trying to help with money to feed the children, but the numbers turning up here are a huge challenge.

Ikpe-Itaumaの妻Elizabethは傷ついた子供たちの看護婦がわりになっている。彼らはここを小さな避難場所には大きすぎる名前「子供たちの権利とリハビリのネットワーク」と呼んでいる。ここは、この地域で学校を運営している慈善団体Stepping Stones Nigeriaからの支援を受けられるようになった。慈善団体Stepping Stones Nigeriaは、子供たちが食べられるように資金援助しようとしているが、数が多くて大変なことになっている。

Mary Sudnad, 10, grimaces as her hair is pulled into corn rows by Agnes, 11, but the scalp just above her forehead is bald and blistered. Mary tells her story fast, in staccato, staring fixedly at the ground.

'My youngest brother died. The pastor told my mother it was because I was a witch. Three men came to my house. I didn't know these men. My mother left the house. Left these men. They beat me.' She pushes her fists under her chin to show how her father lay, stretched out on his stomach on the floor of their hut, watching. After the beating there was a trip to the church for 'a deliverance'.

A day later there was a walk in the bush with her mother. They picked poisonous 'asiri' berries that were made into a draught and forced down Mary's throat. If that didn't kill her, her mother warned her, then it would be a barbed-wire hanging. Finally her mother threw boiling water and caustic soda over her head and body, and her father dumped his screaming daughter in a field. Drifting in and out of consciousness, she stayed near the house for a long time before finally slinking off into the bush. Mary was seven. She says she still doesn't feel safe. She says: 'My mother doesn't love me.' And, finally, a tear streaks down her beautiful face.

Mary Sudnad (10歳)は、Agnes(11歳)に髪を畝編みにされて顔をゆがめる。しかし、Maryの額より少し上は禿げて、水膨れになっている。Maryは地面をじっと見つめながら、早口で切れ切れに話した。

「私の一番下の弟が死んだの。牧師さんは、私がウィッチだからだと母に言いました。3人の男の人が家に来ました。私の知らない人たちです。私の母は家から出かけました。3人の男の人が残りました。男の人たちは私を殴りました。」 Maryはあごの下にこぶしを持っていって、彼女の父親が、彼らの家の床に腹ばいになって横になって、見ている様子を示した。殴られた後、「救出」のため教会への旅があった。

翌日、Maryは母親と茂みを歩いていた。彼らは毒のあるasiriの実を摘んで、Maryの喉に押しつけて、飲み込ませた。それで死なないと、母親はMaryに警告し、有刺鉄線で縛りつけた。最後に、母親はMaryに頭と体に沸騰した熱湯と苛性ソーダをぶっかけた。そして父親は泣き叫ぶ娘を家の外に投げ捨てた。Maryは意識が朦朧としたまま長い時間、家の地下にいた。そして茂みの中へと逃げだした。その当時、Maryは7歳だった。Maryは「まだ安心できません。私の母は私を愛していません。」と言った。ひとすじの涙がMaryの美しい顔を流れ落ちた。

Gerry was picked out by a 'prophetess' at a prayer night and named as a witch. His mother cursed him, his father siphoned petrol from his motorbike tank and spat it over his eight-year-old face. Gerry's facial blistering is as visible as the trauma in his dull eyes. He asks every adult he sees if they will take him home to his parents: 'It's not them, it's the prophetess, I am scared of her.'

Gerryは夜の祈りで、"女預言者"にウィッチだと名指しされた。彼の母親は彼を呪い、父親は自分のバイクのタンクからガソリンを抜き取って、自分の8歳になる息子の顔に吹きつけた。Gerryの顔の水ぶくれは、淀んだ両眼とともにトラウマを物語っている。彼は大人に会うたびに、両親のいる家に連れて行ってくれないか頼む。「父や母は怖くありません。怖いのは女預言者です。」

Gerry_Eket.jpg
[Gerry]

Nwaeka is about 16. She sits by herself in the mud, her eyes rolling, scratching at her stick-thin arms. The other children are surprisingly patient with her. The wound on her head where a nail was driven in looks to be healing well. Nine- year-old Etido had nails, too, five of them across the crown of his downy head. Its hard to tell what damage has been done. Udo, now 12, was beaten and abandoned by his mother. He nearly lost his arm after villagers, finding him foraging for food by the roadside, saw him as a witch and hacked at him with machetes.

Nwaekaは16歳くらいです。彼女はひとりで泥の中にいて、両眼はきょろきょろしている。そして、棒のように細い腕をひっかいている。他の子供たちは、Nwaekaに対して驚くほど寛容だ。釘が打ち込まれた彼女の頭の傷は見たところは癒えているようだった。9歳のEtidoも釘を打ち込まれた。打ち込まれた釘のうち5本は綿毛の頭頂部を横切っていた。どれくらいの傷なのか言いようもない。

今は12歳になるUdoは母親に殴られて捨てられた。その後、Udoが道端で食べ物を探し回っているのを見つけた村人たちは、彼をウィッチとみなして鉈で切りつけた。彼はあやうく腕を失うところだった。

Udo_Eket.jpg

Magrose is seven. Her mother dug a pit in the wood and tried to bury her alive. Michael was found by a farmer clearing a ditch, starving and unable to stand on legs that had been flogged raw.

Magroseは7歳だ。彼女の母は森に穴を掘って、Magroseを生き埋めにしようとした。Michaelは、溝を掃除している農夫に見つかったとき、餓えて、鞭打たれた自分の足では立つことができなかった。

Ekemini Abia has the look of someone in a deep state of shock. Both ankles are circled with gruesome wounds and she moves at a painful hobble. Named as a witch, her father and elders from the church tied her to a tree, the rope cutting her to the bone, and left the 13-year-old there alone for more than a week.

Ekemini Abiaは深いショック状態で誰かを見ている。両足首のまわりはひどい傷になっている。彼女は痛々しく歩く。教会からウィッチと名指されて、彼女の父や年長者たちは、彼女を木に縛り付けた。その縄で彼女の骨は切れた。そして、13の少女は一週間にわたって放置された。

There are sibling groups such as Prince, four, and Rita, nine. Rita told her mum she had dreamt of a lovely party where there was lots to eat and to drink. The belief is that a witch flies away to the coven at night while the body sleeps, so Rita's sweet dream was proof enough: she was a witch and because she had shared food with her sibling - the way witchcraft is spread - both were abandoned. Victoria, cheeky and funny, aged four, and her seven-year-old sister Helen, a serene little girl. Left by their parents in the shell of an old shack, the girls didn't dare move from where they had been abandoned and ate leaves and grass.

Prince(4歳)とRita(9歳)のような姉弟もいる。Ritaは母親に、たくさんの食べ物や飲み物がある楽しいパーティの夢を見たと告げた。肉体が眠っている間に、ウィッチは夜にウィッチの集会に飛んでいくと信じられていたので、まさにRitaの甘い夢はその証拠になった。彼女はウィッチであり、ウィッチクラフトを広める手段として、食物を弟に分け与えたので、姉弟の二人ともが捨てられた。

ちょっと面白くておかしいVictoriaは4歳)で、穏やな姉Helenは7歳。姉妹は古い小屋に置き去りされた。少女たちは置き去りにされた場所から動こうとせず、葉と草を食べていた。

Victoria_Helen_Eket.jpg
[Victoria(4) and Helen(7)]

The youngest here is a baby. The older girls take it in turn to sling her on their skinny hips and Ikpe-Itauma has named her Amelia, after his grandmother. He estimates around 5,000 children have been abandoned in this area since 1998 and says many bodies have turned up in the rivers or in the forest. Many more are never found. 'The more children the pastor declares witches, the more famous he gets and the more money he can make,' he says. 'The parents are asked for so much money that they will pay in instalments or perhaps sell their property. This is not what churches should be doing.'

ここの最年少は赤ちゃんだ。年長の女の子たちが交代でガリガリに痩せたお尻に赤ちゃんをのせている。その赤ちゃんにIkpe-Itaumaは自分の祖母の名をとってAmeliaと名付けた。彼は1998年以降に5000人近い子供たちが捨てられたと推定している。そして多くの体が河や森で見つかったとい言う。「多くの子供たちをウィッチだと宣告することで、牧師は有めになり、たくさんのお金を手にする。両親は分割払いで払える額か、資産を売って払える額を請求される。こんなことを教会がしていいわけがない。」と彼は言う。

Although old tribal beliefs in witch doctors are not so deeply buried in people's memories, and although there had been indigenous Christians in Nigeria since the 19th century, it is American and Scottish Pentecostal and evangelical missionaries of the past 50 years who have shaped these fanatical beliefs. Evil spirits, satanic possessions and miracles can be found aplenty in the Bible, references to killing witches turn up in Exodus, Deuteronomy and Galatians, and literal interpretation of scriptures is a popular crowd-pleaser.

呪術医についての種族の古い信条が人々の記憶の深くに埋まられておらず、19世紀からナイジェリアに原住民のキリスト教徒がいたとはいえ、このような狂信的な信仰を形成したのは米国およびスコットランドのペンテコステ派と福音主義キリスト教の宣教師たちの過去50年の活動である。悪霊や悪魔憑きや奇跡は聖書の多く見つかる。ウィッチ殺しへの言及が出エジプト記や申命記やガラテヤ信徒へ手紙に見つかる。ここでは聖書の字義通りの解釈が人気である。

Pastor Joe Ita is the preacher at Liberty Gospel Church in nearby Eket. 'We base our faith on the Bible, we are led by the holy spirit and we have a programme of exposing false religion and sorcery.' Soft of voice and in his smart suit and tie, his church is being painted and he apologises for having to sit outside near his shiny new Audi to talk. There are nearly 60 branches of Liberty Gospel across the Niger Delta. It was started by a local woman, mother-of-two Helen Ukpabio, whose luxurious house and expensive white Humvee are much admired in the city of Calabar where she now lives. Many people in this area credit the popular evangelical DVDs she produces and stars in with helping to spread the child witch belief.

Joe Ita牧師はEket近くのLiberty Gospel Church(自由福音教会)の伝道師だ。「我々は信仰の基礎を聖書においています。我々は聖霊に導かれ、我々は誤った宗教と魔術をあらわにする計画を持っています。」 ソフトな声で話し、スマートなスーツとネクタイをして、彼の教会はきれいに塗装され、Joe Ita牧師は輝く新車のAudiの外に座って話さねばならないことを詫びた。ニジェールデルタ全体で60近くの自由福音教会の分派がある。これらは地元の女性で二児の母であるHelen Ukpabioから始まった。彼女の豪邸と高価な白のHumveeは、彼女が住むCalabar市街で感嘆の目で見られている。この地域に住む多くの人々は彼女が製作する人気の福音主義DVDを信じ、子供のウィッチという信仰を広めるのを手助けしている。

PastorJosephIta_LibertyGospelChurch_Eket.jpg
[Joe Ita牧師とLiberty Gospel Church]

Ita denies charging for exorcisms but acknowledges his congregation is poor and has to work hard to scrape up the donations the church expects. 'To give more than you can afford is blessed. We are the only ones who really know the secrets of witches. Parents don't come here with the intention of abandoning their children, but when a child is a witch then you have to say "what is that there? Not your child." The parents come to us when they see manifestations. But the secret is that, even if you abandon your child, the curse is still upon you, even if you kill your child the curse stays. So you have to come here to be delivered afterwards as well,' he explains patiently.

'We know how they operate. A witch will put a spell on its mother's bra and the mother will get breast cancer. But we cannot attribute all things to witches, they work on inclinations too, so they don't create HIV, but if you are promiscuous then the witch will give you HIV.'

As the light fades, he presents a pile of Ukpabio's DVDs. Mistakenly thinking they are a gift, I am firmly put right.

Joe Ita牧師は、悪魔払いのため料金請求を否定しているが、信者が貧しく、教会が求める額の寄付をかき集めるのが大変なことは認めた。「あなたが余裕を持つより多くのものを与えれば祝福されます。我々だけがウィッチの秘密を本当に知っています。親たちは子供を捨てようとして、ここに来るわけではありません。しかし、子供がウィッチであれば、『ここにいるのは何でしょうか?それは、あなたがたの子供ではありません』と言わなければなりません。親たちは徴候を見出すと、我々のところに来ます。しかし、秘密はこうです。たとえ、子供を捨てても呪いはそのままです。たとえ子供を殺しても呪いは消えません。なので、あなたがたは、子供を捨てた後もここに来なければなりません」と牧師は根気よく説明した。

「我々は呪いがどう働くか知っています。ウィッチが母親のブラに呪文をかければ、母親は乳癌になります。しかし、すべてをウィッチのせいにはできません。ウィッチは性癖に働きかけます。ウィッチはHIVを創りませんが、もしあなたが淫乱なら、ウィッチはHIVをあなたに感染させるでしょう。」

陽の光が弱まってきてから、彼は大量のUkpabioのDVDを見せた。私がプレゼントかと思ったら、彼はそうではないと言った。

Later that night, in another part of town, the hands of the clock edge towards midnight. The humidity of the day is sealed into the windowless church and drums pound along with the screeching of the sweat-drenched preacher. 'No witches, oh Lord,' he screams into the microphone. 'As this hour approaches, save us, oh Lord!'

His congregation is dancing, palms aloft, women writhe and yell in tongues. A group moves forward shepherding five children, one a baby, and kneel on the concrete floor and the pastor comes among them, pressing his hands down on each child's head in turn, as they try to hide in the skirts of the woman. This is deliverance night at the Church of the True Redeemer, and while the service will carry on for some hours, the main event - for which the parents will have paid cash - is over.

Walking out into the night, the drums and singing from other churches ring out as such scenes are being repeated across the village.

その日の夜、街の別の場所で、時計の針が深夜に近づいていた。昼の湿気が窓のない教会に淀んでいて、汗びっしょりの伝道者の金切り声にあわせて、ドラムが叩かれる。彼はマイクに向かって叫ぶ「神よ、ウィッチを消し去ってください。時が満ちたら、我らをお救いください」

彼の信者たちは踊り、手を高くあげ、女性は身もだえて叫び声を上げる。数人が、ひとりの赤ちゃんを含む5人の子供たちを導いて歩み、コンクリートの床に跪く。牧師は彼らのもとに来て、順番に子供たちの頭に手をあてていく。それが見えないように、女性たちのスカートで隠そうとする。これがその夜のChurch of the True Redeemer(真の救世主教会)の「救出」であり、礼拝は数時間続くが、これで両親たちが金を払ったメインイベントは終わりだ。

夜に歩み出れば、村のどこでも同じ光景が繰り返されるにしたがって、他の教会からのドラムの音と歌声がする。

It is hard to find people to speak out against the brutality. Chief Victor Ikot is one. He not only speaks out against the 'tinpot' churches, but has also done the unthinkable and taken in a witch to his own home. The chief's niece, Mbet, was declared a witch when she was eight. Her mother, Ekaete, made her drink olive oil, then poison berries, then invited local men to beat her with sticks. The pastor padlocked her to a tree but unlocked her when her mother could not find the money for a deliverance. Mbet fled. Mbet, now 11, says she has not seen the woman since, adding: 'My mother is a wicked mother.'

The Observer tracked down Mbet's mother to her roadside clothing stall where she nervously fiddled with her mobile phone and told us how her daughter had given her what sounded very much like all the symptoms of malaria. 'I had internal heat,' she says, indicating her stomach. 'It was my daughter who had caused this, she drew all the water from my body. I could do nothing. She was stubborn, very stubborn.' And if her daughter had died in the bush? She shrugged: 'That is God's will. It is in God's hands.'

この残虐行為に反対の声を上げる人はほとんどいない。Chief Victor Ikotは数少ない一人だ。彼は「ケチな」教会に反対の声を上げただけではなく、考えられないことをした。自分の家にウィッチを招き入れたのだ。chiefの姪であるMbetは8歳の時にウィッチだと宣告された。彼女の母親であるEkaeteは彼女にオリーブオイルを飲ませ、独の実を食べさせ、地元の男性を呼んで彼女を棒で殴らせた。母親が「救出」のために牧師に払う金を用意できなくて、牧師が彼女を木に縛り付けて鍵をかけたが、彼女は鍵をはずして逃げた。Mbetは今11歳になり、それ後に母を見たことがないと言った。そして「私の母は邪悪な母です」と付け加えた。

我々は、Mbetの母親が道端の露店で神経質に携帯電話をいじっているのを見つけた。Mbetの母親は我々に、Mbetが自分にマラリアの症状によく似た症状を与えたと言った。「私は体内に熱が出ました」と言って、自分のお腹を指差した。「これを起こしたのは自分の娘でした。娘は私の体内から水分をすべて吸い出したのです。私は何もできませんでした。娘は頑固でした、とても頑固でした。」と言った。そして、彼女の娘が茂みで死んだとしたらと問いかけると、「それは神の意志です。娘の生死は神に手にあります」と肩をすくめた。

Chief Victor has no time for his sister-in-law. 'Nowadays when a child becomes stubborn, then everyone calls them witches. But it is usually from the age of 10 down, I have never seen anyone try to throw a macho adult into the street. This child becomes a nuisance, so they give a dog a bad name and they can hang it.

'It is alarming because no household is untouched. But it is the greed of the pastors, driving around in Mercedes, that makes them choose the vulnerable.'

Chief Victorは義理の妹を構わうことがない。「この頃は子供が頑固になると、誰もが子供をウィッチだと言います。しかし、それは子供が10歳以下のことが多いのです。私は逞しい青年を道端に投げ捨てようとしたのを見たことがありません。そんな子供が邪魔になると、親たちは犬に悪名を与える。犬なら吊るせます。穢れなき家族などないので、これは警告です。しかし、メルセデスを乗り回す牧師の貪欲さが、親たちに弱者を選ばせるのです。」

In a nearby village The Observer came across five-year-old twins, Itohowo and Kufre. They are still hanging around close to their mother's shack, but are obviously malnourished and in filthy rags. Approaching the boys brings a crowd of villagers who stand around and shout: 'Take them away from us, they are witches.' 'Take them away before they kill us all.' 'Witches'.

我々は地区の村で5歳の双子ItohowoとKufreに出会った。彼らは母の家のまわりをうろついていたが、明らかに栄養失調で、不潔なボロを着ていた。我々が少年たちに近づくと、村人たちが集まってきて、叫んだ「こいつらを連れて行ってくれ。こいつらはウィッチだ。我々がこいつらを殺してしまう前に、連れて行ってくれ。ウィッチめ」

The woman who gave birth to these sorry scraps of humanity stands slightly apart from the crowd, arms crossed. Iambong Etim Otoyo has no intention of taking any responsibility for her sons. 'They are witches,' she says firmly and walks away.

惨めな2人を産んだ女性は腕を組んで、群衆から少し離れて立っていた。Iambong Etim Otoyoには息子たちについて責任を持とうという意志がまったくない。「彼らはウィッチです。」と彼女はきっぱり言うと、歩み去った。

Itohowo_Kufre_Eket.jpg

And by nightfall there are 133 children in the chicken coop concrete house at Esit Eket.

そして、夕暮れまでに、Esit Eketの鶏小屋のようなコンクリート・ハウスにいる子供の数は133人になった。


View Larger Map

それから2年後の2009年7月29日にナイジェリアのCalabarで、キリスト教のウィッチハンターたちを非難し子供たちを守る市民集会がNigerian Humanist Movementの企画で行われた。

==>Martin Robbins: "Face to faith -- Christian and Islamist extremists in Nigeria are exporting dangerous ideas" (2009/08/08) on The Guardian

その集会に200名の Liberty Gospel Church(自由福音教会)の信者が乱入して気勢を上げた。


市民集会が行える程度に事態は良くなっているべきか、それとも絶望的と思うべきなのか...

いずれにせよ、事の善悪は宗教が定めるもの。神がウィッチを殺せと言えば、我が子を殺すのが善である。もちろん、その神を信じない者にとっては善であるはずもないが。

posted by Kumicit at 2009/09/21 01:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>いずれにせよ、事の善悪は宗教が定めるもの。神がウィッチを殺せと言えば、我が子を殺すのが善である。もちろん、その神を信じない者にとっては善であるはずもないが。


そうですか?

なるほど、はい、わかりました。
Posted by ウェルダン穂積 at 2009/09/21 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。