2009/10/03

[Joke] Intelligent Alien Intervention Institute

Beyond the Firmament製作のIntelligent Design vs. Alien Intervention:


インテリジェントデザインの本山たるDiscover Instituteによる反進化論州法案(Academic Freedom Bill)をおちょくった動画である。けっこう気合いが入ったつくりで、ナレーションはとても明瞭な英語。

これについて、インテリジェントデザイン支持な記事を載せることもあるBeliefnetが素直に主張を受け入れた反応をしている。
Rather than debate the merits of this approach, let us speculate on what intelligent design theory might look like if hijacked by a different philosophical agenda and applied to a different field of science. Come to think of it, no speculation is necessary. Allow me to introduce you to the "controversial" but fascinating field of pseudo-archaeology.

このアプローチのメリットについて老僧するあくぁりに論争する代わりに、インテリジェントデザイン理論が異なる哲学のアジェンダに乗っ取られて、別の科学分野に適用されたらどうなるか考えてみよう。これを考えるにあたって、想像は必要ない。論争対象だが、とても魅力的な分野である疑似考古学を紹介しよう。

...

I know this rigid skepticism produces no exiting conclusions, but that's just all there is to it. We don't have to grant UFOlogists the "academic freedom" to discuss the "strengths and weaknesses" of mainstream archaeology in the classroom. Nor do we allow pro-alien teachers to preach their UFO gospel to our children under the guise of science.

厳格な懐疑論は結論を出さないことはわかっている。しかし、これがすべてだ。授業でメインストリーム考古学の「強いところと弱いところ」を論じる「学問の自由」をUFO論者に認める必要はない。異星人干渉説支持の先生にUFOの福音を子供たちに科学を偽装して教えることを許すこともない。

Many Evangelicals will quickly respond to this argument with, "Yes, of course aliens are not real, but God is real and he created all things." Indeed He did. So the analogy is not perfect. While the jury is still out for me personally on extra terrestrials, I whole-heartedly agree that God exists, that He created the universe from nothing, and that He sustains its existence moment by moment. What I disagree with, however, is that plugging the Creator into our biological knowledge gaps constitutes responsible science. And if we open the classroom door to intelligent design, what's to stop alien intervention from walking through it?

多くの福音主義キリスト教徒はこの論に対して速やかに、「もちろんだ。異星人は現実ではないが、神は現実であり、すべてを創造した」と反応するだろう。実際、神はすべてを創造した。したがってアナロジーは完ぺきではない。地球外生命について私は個人的には離れているが、神が存在して、神が宇宙を無から創造して、絶え間なく存在を維持ていることに心から同意している。しかし、私が同意しないのは、生物学の知識の隙間に創造主を押し込むことが信頼できる科学を構成するという点だ。そして、我々がインテリジェントデザインに授業の扉を開いたら、異星人干渉説がそこを通って授業に入り込んでくるのをどうやって止めるのか?

[Intelligent Design vs. Alien Intervention (2009/10/02) on Beliefnet -- science and the sacred]
非常に素直に、Beyond the Firmamentのネタにのって、インテリジェントデザインを理科の授業に持ち込むことを批判している。ちょっとBeleifeNetにはめずらしい印象を受ける。

福音主義キリスト教徒たちは、創世記を真実だと信じる一方で、魔法も異星人も信じない奇妙な人々である。異星人干渉仮説の授業への持ち込まれてしまうのは歓迎しない。そして、イエス不在仮説ほどは激烈な反応も招かない。適切なネタとして、BliefNet - Science and The Sacredは選んだようだ。
posted by Kumicit at 2009/10/03 12:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> について老僧するあくぁりに
音と原文とを併せて考えると、「〜について論争するかわりに」の間違いではないかと思います。
typo の指摘ばかりですみませんが。
Posted by nrt at 2009/10/04 10:52
nrtさん:
typo指摘、たびたび、ありがとうございます。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2009/10/04 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック