2009/10/04

「ホメオパシーで娘を死なせたホメオパス」に反応したホメオパス団体

ホメオパシーで娘を死なせたホメオパスに判決が出た件に、British Homeopathic Association(英国ホメオパシー協会)とかNorth American Society of Homeopaths(北米ホメオパス協会)とかAlliance of Registered Homeopathsとかは反応していないが、Ths Society of Homeopaths(英国ホメオパス協会)は、プレスリリース(Press statement regarding Australian Legal Case - October 2009)を出している。これによると...
On Monday September 28th, Sydney couple Thomas Sam, 42, a lecturer in homeopathy, and his wife Manju, 37, were jailed for the manslaughter of their nine-month-old daughter Gloria, who died of malnutrition and septicaemia in May 2002.

2009年9月28日(日曜日)にシドニーのホメオパシーの講師であるThomas Sam(42)と妻のManju Sam(37)夫妻が、栄養失調と敗血症で死亡した9か月の娘Gloriaに対する故殺で収監された。

Chair of the board of directors, Jayne Thomas, said: “This was a tragic case where the parents concerned refused conventional medicine even though their daughter was seriously ill. Here in the UK, The Society’s Code of Ethics & Practice (sections 22 & 27) states that cases of a serious nature should be advised to stay in contact with their GP, that patients should be advised where another form of treatment may be more immediate and effective and that any symptoms suggesting an underlying condition should be referred for medical investigation and diagnosis.

協会の運営委員長であるJayne Thomasは「娘が重病だったにもかかわらず、両親が通常医療を拒否して起きた悲劇である。ここ英国では、英国ホメオパス協会の倫理および治療規定(22条および27条)で、重大な性質の症例について一般開業医とコンタクトし続けるように助言すべきであり、患者はどこで他の形態の治療法が即効かつ効果的であるか助言されるべきであり、重大な原因を示す兆候は医学的調査と診断を受けるべきだと規定している。
本件を無視しないのであれば、「通常医療を受けさせるというべき」以外の反応はありえない。

その他のホメオパ団体を見てみたが、European Central Council of HomeopathsとかInternational Coucil for Homeopathyとかも無反応。「通常医療を受けさせるというべき」と言いたくないなら、無視するしかない。



タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2009/10/04 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック