2009/10/21

終わらないナイジェリアの牧師たちのウィッチハンティング

の続き。取り上げた2007年12月9日のThe Guardianの報道から2年近くたった2009年10月17日付で、The Associated Pressが同じくナイジェリアのウィッチハンティングを取り上げた。

喜ぶべきか悲しむべきか、The Guardianが報道した、虐待された子供たちを預かっているSam Ikpe-Itaumaのホームは健在だった。
[KATHARINE HOURELD: "Churches involved in torture, murder of thousands of African children denounced as witches" (2009/10/17) on LA times]

幾千のアフリカの子供たちをウィッチだと告発して、拷問と殺人に関与する教会たち

EKET, Nigeria (AP) — The nine-year-old boy lay on a bloodstained hospital sheet crawling with ants, staring blindly at the wall.

His family pastor had accused him of being a witch, and his father then tried to force acid down his throat as an exorcism. It spilled as he struggled, burning away his face and eyes. The emaciated boy barely had strength left to whisper the name of the church that had denounced him -- Mount Zion Lighthouse.

A month later, he died.

9歳の男の子がアリが這っている血まみれの病院のシートの上に横になり、じっと壁を見つめていた。

男の子の家族が通っている教会の牧師は、その男の子をウィッチだと告発した。そして、男の子の父親は、悪魔払いとして男の子に酸を飲み込ませようとした。男の子が抵抗したので、酸はあふれ出て、男の子の顔と眼を焼いた。痩せ衰えた男の子は、かろうじて彼を非難した教会の名をささやいた。Mount Zion Lighthouse(シオンの灯台)と。

男の子は1か月後に死亡した。

NigeriaWitch20090804.jpg


Nwanaokwo Edet was one of an increasing number of children in Africa accused of witchcraft by pastors and then tortured or killed, often by family members. Pastors were involved in half of 200 cases of "witch children" reviewed by the AP, and 13 churches were named in the case files.

Some of the churches involved are renegade local branches of international franchises. Their parishioners take literally the Biblical exhortation, "Thou shalt not suffer a witch to live."

"It is an outrage what they are allowing to take place in the name of Christianity," said Gary Foxcroft, head of nonprofit Stepping Stones Nigeria.

Nwanaokwo Edetは、牧師ウィッチクラフトを非難され、多くの場合、家族から拷問されたり殺されたりするアフリカの子供たちの一人だ。その数は年々増加している。The Associated Pressが調べたウィッチの子供たちの事件200件のうち半数に僕氏たちが関与しており、事件ファイルには13の教会の名前が挙がっている。

事件に関与している教会区のいくつかは、国際的な教会グループの変節した支部である。そのような教会の教区民たちは、字義どおり聖書の教え「女呪術師を生かしておいてはならない」(出エジプト記22章17節)を実行している。

「彼らがキリスト教の名において起こさせていることおは、非道行為だ」と非営利組織"Stepping Stones Nigeria"代表のGary Foxcroftは言う。

For their part, the families are often extremely poor, and sometimes even relieved to have one less mouth to feed. Poverty, conflict and poor education lay the foundation for accusations, which are then triggered by the death of a relative, the loss of a job or the denunciation of a pastor on the make, said Martin Dawes, a spokesman for the United Nations Children's Fund.

"When communities come under pressure, they look for scapegoats," he said. "It plays into traditional beliefs that someone is responsible for a negative change ... and children are defenseless."

The idea of witchcraft is hardly new, but it has taken on new life recently partly because of a rapid growth in evangelical Christianity. Campaigners against the practice say around 15,000 children have been accused in two of Nigeria's 36 states over the past decade and around 1,000 have been murdered. In the past month alone, three Nigerian children accused of witchcraft were killed and another three were set on fire.

Nigeria is one of the heartlands of abuse, but hardly the only one: the United Nations Children's Fund says tens of thousands of children have been targeted throughout Africa.

「彼らからすれば、そのような家族は往々にして非常に貧しく、ときには口減らしで助かることさえある。貧困と対立と低い教育が、ウィッチの告発の基礎となる。親族の死や失業や出世に夢中な牧師によって、ウィッチの告発の引き金が引かれる。」とUNICEFのスポークスマンMartin Dawesは言う。

「コミュニティが圧力を受けると、彼らはスケープゴートを探す。悪い出来事は誰かのせいであるという伝統的な信仰が働く。そして子供たちは無力だ。」とMartin Dawesは言う。

ウィッチクラフトについての考えは、新しいものではない。しかし、それは福音主義キリスト教の急成長もひとつの理由で、新たな力を得ている。これに対する反対活動家たちは、ナイジェリアの36州のうち2州で、過去10年で15000人程度の子供たちが告発され、1000人程度が殺された。過去1か月でも、ウィッチだと告発された3人のナイジェリアの子供たちが殺され、3人が火を付けられた。

ナイジェリアは、虐待の中心地域のひとつだが、虐待はナイジェリアだけで起きているのではない。UNICEFはアフリカの幾万もの子供たちが標的になった言う。

Church signs sprout around every twist of the road snaking through the jungle between Uyo, the capital of the southern Akwa Ibom state where Nwanaokwo lay, and Eket, home to many more rejected "witch children." Churches outnumber schools, clinics and banks put together. Many promise to solve parishioner's material worries as well as spiritual ones — eight out of ten Nigerians struggle by on less than $2 a day.

"Poverty must catch fire," insists the Born 2 Rule Crusade on one of Uyo's main streets.

"Where little shots become big shots in a short time," promises the Winner's Chapel down the road.

"Pray your way to riches," advises Embassy of Christ a few blocks away.

It's hard for churches to carve out a congregation with so much competition. So some pastors establish their credentials by accusing children of witchcraft.

死亡した男の子Nwanaokwo Edetが横たわっていた南Akwa Ibom州都Uyoと、多くの捨てられたウィッチな子供たちの家のあるEketの間にある、ジャングルをぬうように走る道路の曲がり角には、教会の看板がある。教会の数は、学校や病院や銀行よりも多い。多くの教会が、教区民の精神的な問題ととも物質的問題も解決すると約束する。ナイジェリア人10人のうち8人は、1日2ドル未満の生活をしている。

Uyoのメインストリートのひとつにある"Born 2 Rule Crusade"は"Poverty must catch fire"と主張する。
通りを少し進んだところにある"Winner's Chapel"は"Where little shots become big shots in a short time"と約束する。
数ブロック先の"Embassy of Christ"は"Pray your way to riches"と助言する。

教会は競争が激しく、簡単に会衆を増やせない。そこで牧師たちの中には、ウィッチクラフトの子供たちを告発することで信用を得ようとする。

Nwanaokwo said he knew the pastor who accused him only as Pastor King. Mount Zion Lighthouse in Nigeria at first confirmed that a Pastor King worked for them, then denied that they knew any such person.

Bishop A.D. Ayakndue, the head of the church in Nigeria, said pastors were encouraged to pray about witchcraft, but not to abuse children.

"We pray over that problem (of witchcraft) very powerfully," he said. "But we can never hurt a child."

死亡した男の子Nwanaokwo Edetは自分を告発した牧師をKing牧師だと言っていた。King牧師はナイジェリアの"Mount Zion Lighthouse"(シオンの灯台)教会で働いていたことが確認されたが、教会側はそんな人物は知らないと否定した。

ナイジェリアの"Mount Zion Lighthouse"教会の代表者A. D. Ayakndue司教は、「ウィッチクラフトについて祈ることは奨励されているが、子供たちを虐待することは奨励されていない。我々は(ウィッチクラフトの)問題について、力強く祈る。しかし、我々は子供たち傷つけることはありえない。」

The Nigerian church is a branch of a Californian church by the same name. But the California church says it lost touch with its Nigerian offshoots several years ago.

"I had no idea," said church elder Carrie King by phone from Tracy, Calif. "I knew people believed in witchcraft over there but we believe in the power of prayer, not physically harming people."

The Mount Zion Lighthouse — also named by three other families as the accuser of their children — is part of the powerful Pentecostal Fellowship of Nigeria. The Fellowship's president, Ayo Oritsejafor, said the Fellowship was the fastest-growing religious group in Nigeria, with more than 30 million members.

"We have grown so much in the past few years we cannot keep an eye on everybody," he explained.

"Mount Zion Lighthouse in Nigeria"教会は同名のカリフォルニアの教会の支部である。しかし、「カリフォルニアの教会は数年前にナイジェリア支部との連絡は途絶えた。私にはまったくわからなかった。私は人々があそこでウィッチクラフトを信じていることは知っていたが、我々は祈りの力を信じていて、物理的な危害を人々には加えない」と教会の上層部であるCarrie Kingは、カリフォルニア州Tracyからの電話で述べた。

3つの家族から子供たちを告発されたと名指しされた"Mount Zion Lighthouse in Nigeria"教会は、大きな勢力である"Pentecostal Fellowship of Nigeria"の一部をなしている。その代表者であるAyo Oritsejaforは「"Pentecostal Fellowship of Nigeria"はナイジェリアで最も急成長をとげた宗教団体であり、3000万人以上の信者がいる。我々は過去数年で誰もが注目するほど急成長した」と述べた。

But Foxcroft, the head of Stepping Stones, said if the organization was able to collect membership fees, it could also police its members better. He had already written to the organization twice to alert it to the abuse, he said. He suggested the fellowship ask members to sign forms denouncing abuse or hold meetings to educate pastors about the new child rights law in the state of Akwa Ibom, which makes it illegal to denounce children as witches. Similar laws and education were needed in other states, he said.

しかし、非営利組織"Stepping Stones"の代表Gary Foxcroftは「Fellowshipは会員から会費を徴収できるのなら、会員たちを警備できる。私はFellowshipに虐待について警告する手紙を2回出した。私はFellowshipに対して、会員たちに虐待を非難する書式に署名させるか、子供たちをウィットだと告発することを非合法化するAkwa Ibom州の新たな子供の権利州法について牧師たちを教育する集会を開くように提案した。同様の州法や教育が他の州でも必要だ」と述べた。

Sam Itauma of the Children's Rights and Rehabilitation Network said it is the most vulnerable children — the orphaned, sick, disabled or poor — who are most often denounced. In Nwanaokwo's case, his poor father and dead mother made him an easy target.

"Even churches who didn't use to 'find' child witches are being forced into it by the competition," said Itauma. "They are seen as spiritually powerful because they can detect witchcraft and the parents may even pay them money for an exorcism."

"Children's Rights and Rehabilitation Network"のSam Itaumaは「孤児や病気や障害を持つ子供や、貧しい子供たちなど、もっとも弱い子供たちが告発される。Nwanaokwo Edet事件では、彼の貧しい父と死んだ母が、彼を手軽な標的にした。かつてはウィッチの子供を発見しなかった教会も、他の教会との競争のために、ウィッチの発見を強いられている。ウィッチを発見できるが故にスピリチュアルに力があるとみなされ、親たちは悪魔払いに金を払うことすらある」と言う。

That's what Margaret Eyekang did when her 8-year-old daughter Abigail was accused by a "prophet" from the Apostolic Church, because the girl liked to sleep outside on hot nights — interpreted as meaning she might be flying off to join a coven. A series of exorcisms cost Eyekang eight months' wages, or US$270. The payments bankrupted her.

Neighbors also attacked her daughter.

"They beat her with sticks and asked me why I was bringing them a witch child," she said. A relative offered Eyekang floor space but Abigail was not welcome and had to sleep in the streets.

Members of two other families said pastors from the Apostolic Church had accused their children of witchcraft, but asked not to be named for fear of retaliation.

The Nigeria Apostolic Church refused repeated requests made by phone, e-mail and in person for comment.

まさにそれをMargaret Eyekangが自分の8歳になる娘AbigailがApostolic Churchの預言者から告発されたときにやったことだ。Abigailは暑い夜に外で眠ることが多く、それがウィッチの集会に飛んでいっているかもしれないと解釈された。一連の悪魔払いでEyekangは8か月分の収入である270米国ドル相当を使った。この支払いでMargaret Eyekangは破産した。

隣人たちもMargaretの娘Abigailを攻撃した。

「隣人たちは私の娘を棒で叩き、私に何故、ウィットの子供を連れているのか尋ねました。」とMargaretは言った。Margaretの親族の一人が床を提供したが、娘のAbigailは歓迎されず、通りで眠むらなければならなかった。

他に2家族が、Apostolic Churchの牧師から子供たちのウィッチクラフトを告発されたと言った。しかし、報復を恐れて名前を言うのを拒んだ。

"Nigeria Apostolic Church"に対して、我々は電話やメールや直接のコンタクトでコメントを繰り返し求めたが、拒否された。

At first glance, there's nothing unusual about the laughing, grubby kids playing hopscotch or reading from a tattered Dick and Jane book by the graffiti-scrawled cinderblock house. But this is where children like Abigail end up after being labeled witches by churches and abandoned or tortured by their families.

There's a scar above Jane's shy smile: her mother tried to saw off the top of her skull after a pastor denounced her and repeated exorcisms costing a total of $60 didn't cure her of witchcraft. Mary, 15, is just beginning to think about boys and how they will look at the scar tissue on her face caused when her mother doused her in caustic soda. Twelve-year-old Rachel dreamed of being a banker but instead was chained up by her pastor, starved and beaten with sticks repeatedly; her uncle paid him $60 for the exorcism.

Israel's cousin tried to bury him alive, Nwaekwa's father drove a nail through her head, and sweet-tempered Jerry — all knees, elbows and toothy grin — was beaten by his pastor, starved, made to eat cement and then set on fire by his father as his pastor's wife cheered it on.

The children at the home run by Itauma's organization have been mutilated as casually as the praying mantises they play with. Home officials asked for the children's last names not to be used to protect them from retaliation.

The home was founded in 2003 with seven children; it now has 120 to 200 at any given time as children are reconciled with their families and new victims arrive.

NigeriaWitchMary20090818.jpg

一見したところは、落書きされたシンダーブロックの家の側で、石けり遊びをしたり、ぼろぼろのDick and Janeの本を読んだりしている、笑って、土埃にまみれた子供たちに、何の異常も感じられない。しかし、ここはAbigailのように教会からウィッチだとレッテルを貼られて、家族に捨てられたり、拷問されたりした子供たちの行き着くところだ。

Janeのシャイな笑顔の上に傷跡がある。牧師がJaneを告発した後、母親がJaneの頭のてっぺんを鋸で切ろうとした。そして、繰り返される悪魔払いに60ドルを払ったが、Janeのウィッチクラフトは消えなかった。15歳のMaryは、母親がMaryを苛性ソーダに突っ込んだときにできた傷痕を男の子たちがどうみるか気にし始めていた。12歳のRachelは銀行家になることを夢見ていたが、実際には牧師に鎖につながれ、飢えさせられ、繰り返し棒でたたかれた。Rachelの叔父は悪魔払いに60ドルを支払った。

Israelの従兄弟は生き埋めにされかけた。Nwaekwaの父親はNwaekwaの頭に釘を通した。そして、膝と肘と笑顔を牧師に殴られ、飢えさせられ、セメントを食べさせられた。牧師の妻がはやしたてるのにしたがって、父親はNwaekwaに火をつけた。

Itanumaの団体が運営しているホームで子供たちは、子供たちがおもちゃにしているカマキリのように偶然に不具にされた。ホームの担当者は、子供たちを報復から守るために、子供たちの名字を報道しないように要請した。

ホームは2003年に7人の子供たちをあずかって設立された。子どもたちは家族と仲直りするが、また新たな犠牲者がやってきてい、いつも120〜200人くらいの子供たちがいる。

Helen Ukpabio is one of the few evangelists publicly linked to the denunciation of child witches. She heads the enormous Liberty Gospel church in Calabar, where Nwanaokwo used to live. Ukpabio makes and distributes popular books and DVDs on witchcraft; in one film, a group of child witches pull out a man's eyeballs. In another book, she advises that 60 percent of the inability to bear children is caused by witchcraft.

In an interview with the AP, Ukpabio is accompanied by her lawyer, church officials and personal film crew.

"Witchcraft is real," Ukpabio insisted, before denouncing the physical abuse of children. Ukpabio says she performs non-abusive exorcisms for free and was not aware of or responsible for any misinterpretation of her materials.

"I don't know about that," she declared.

However, she then acknowledged that she had seen a pastor from the Apostolic Church break a girl's jaw during an exorcism. Ukpabio said she prayed over her that night and cast out the demon. She did not respond to questions on whether she took the girl to hospital or complained about the injury to church authorities.

Helen Ukpabioは、ウィッチの子供の告発と公然と関係している数少ない福音主義者のひとりである。彼女はNwanaokwoが住んでいたCalabar州の数多くのLiberty Gospel教会を率いている。彼女はウィッチクラフトについての本やDVDを出版・販売している。そのひとつ動画では、ウィッチの子供たちが男の眼球をくりぬいていた。別の本では彼女は60%の不妊はウィッチクラフトのせいだと言っている。

Associated Pressのインタビューに、Helen Ukpabioは弁護士と教会担当者と自分自身の撮影クルーを連れてきた。子供たちの虐待を非難する前に、彼女は「ウィッチクラフトは現実です。虐待的でない悪魔払いを無料でしています。私の本やDVDについての誤解について知らないし、責任もありません。私は知りません」と述べた。

しかし、Helen Ukpabioはその後、Apostolic Churchの牧師が少女の顎骨を折るのを見たことを認めた。「私は彼女について、その夜に祈り、悪魔を追い出しました。」しかし、Helen Ukpabioはその少女を病院に連れて行ったかどうか、少女の障害について教会担当者に抗議したかどうかの質問には答えなかった。

After activists publicly identified Liberty Gospel as denouncing "child witches," armed police arrived at Itauma's home accompanied by a church lawyer. Three children were injured in the fracas. Itauma asked that other churches identified by children not be named to protect their victims.

"We cannot afford to make enemies of all the churches around here," he said. "But we know the vast majority of them are involved in the abuse even if their headquarters aren't aware."

Just mentioning the name of a church is enough to frighten a group of bubbly children at the home.

活動家たちが公然とLiberty Gospel教会をウィッチの子供たちを告発していると非難すると、武装警官たちが教会の弁護士を連れて、Itaumaのホームにやってきた。その騒ぎで3人の子供たちが負傷した。Itaumaは犠牲者たちを守るために、子供たちが特定した他の教会の名を公開しないように求めた。

「我々は、このあたりのすべての教会の敵の一員となるわけにはいきません。彼らの本部はわかりませんが、このあたりの教会の大半は虐待にかかわっています。」とItaumaは言う。

教会の名前を口にするだけで、ホームで陽気にしている子供たちを脅威にさらすことになる。

"Please stop the pastors who hurt us," said Jerry quietly, touching the scars on his face. "I believe in God and God knows I am not a witch."

Jerryは静かに言った「私たちを傷つける牧師たちを止めてください。」そして、彼は顔の傷痕に触れた。「私は神の存在を信じます。神は私がウィッチでないことを知っています。」

Associated Press researcher Rhonda Shafner in New York contributed to this report.
The Associated Pressが取材に入っていたのは、ちょうどLiberty Gospel教会がキリスト教のウィッチハンターたちを非難し子供たちを守る市民集会に乱入して、気勢を挙げたころ(2009/08/08)。ウッィチ告発を非合法化する州法も成立したようだが、状況は変わらず、Sam Ikpe-Itaumaは恒常的に120〜200人の子供たちをあずかっている。とりあえず、慈善団体はSam Ikpe-Itaumaがホームを運営する費用をなんとかできているようだが。

posted by Kumicit at 2009/10/21 08:17 | Comment(2) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは本当の情報ですか?以前ナイジェリアのイスラム教がキリスト信者に対してのスレ情報を流しまくってましたが。今の時代本当に情報が真実か吟味する必要がありますね。悲しいですが。
Posted by はず at 2011/02/12 00:41
このエントリはThe Associater Pressの報道紹介ですが、これ以外にBBC( http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7764575.stm )やThe Guardian( http://www.guardian.co.uk/world/2007/dec/09/tracymcveigh.theobserver )でも報道されていることから、事実だと判断しています。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2011/02/12 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

しくみが発動する
Excerpt: ナイジェリアのウィッチハンティングについて、kumicitさんがナイジェリアのウィッチハンターと云うエントリに続いて、終わらないナイジェリアの牧師たちのウィッチハンティングと云うエントリをあげていらっ..
Weblog: Chromeplated Rat
Tracked: 2009-10-24 08:45