2009/10/30

聖書によればゲイセックスは死刑

聖書には死刑の規定がいろいろある。たとえば...

  • 人を故意に殺したら死刑

    出エジプト記 / 21章 12-14節
    人を打って死なせた者は必ず死刑に処せられる。ただし、故意にではなく、偶然、彼の手に神が渡された場合は、わたしはあなたのために一つの場所を定める。彼はそこに逃れることができる。しかし、人が故意に隣人を殺そうとして暴力を振るうならば、あなたは彼をわたしの祭壇のもとからでも連れ出して、処刑することができる。

    民数記 / 35章 16節
    もし、人が鉄の道具でだれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

    民数記 / 35章 17節
    もし、人を殺せるほどの石を手にして、だれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

    民数記 / 35章 18節
    もし、人を殺せるほどの木の道具でだれかを打って死なせた場合、その人は殺害者である。殺害者は必ず死刑に処せられる。

    民数記 / 35章 20-21節
    もし、憎しみを込めて人を突くか、故意に人に物を投げつけるかして、死なせるか、または、敵意を抱いて殴りつけて、人を死なせた場合、手出しをした者は必ず死刑に処せられる。彼は殺害者である。血の復讐をする者は、その殺害者に出会うとき殺すことができる。

  • 誘拐犯は死刑

    出エジプト記 / 21章 16節
    人を誘拐する者は、彼を売った場合も、自分の手もとに置いていた場合も、必ず死刑に処せられる。

  • 父や母を呪うと死刑

    出エジプト記 / 21章 17節
    自分の父あるいは母を呪う者は、必ず死刑に処せられる。

    レビ記 / 20章 9節
    自分の父母を呪う者は、必ず死刑に処せられる。父母を呪うことは死罪に当たる。

  • 父や母を罵ると死刑

    マタイによる福音書 / 15章 4節
    神は、『父と母を敬え』と言い、『父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである』とも言っておられる。

  • 父や母に暴力を振るうと死刑

    出エジプト記 / 21章 15節
    自分の父あるいは母を打つ者は、必ず死刑に処せられる。

  • 不倫は死刑

    レビ記 / 20章 10節
    人の妻と姦淫する者、すなわち隣人の妻と姦淫する者は姦淫した男も女も共に必ず死刑に処せられる。

  • ゲイセックスは死刑

    レビ記 / 20章 13節
    女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。

  • 口寄せや霊媒は死刑

    レビ記 / 20章 27節
    男であれ、女であれ、口寄せや霊媒は必ず死刑に処せられる。彼らを石で打ち殺せ。彼らの行為は死罪に当たる。

    ヨハネの黙示録 / 2章 20-23節
    しかし、あなたに対して言うべきことがある。あなたは、あのイゼベルという女のすることを大目に見ている。この女は、自ら預言者と称して、わたしの僕たちを教え、また惑わして、みだらなことをさせ、偶像に献げた肉を食べさせている。 わたしは悔い改める機会を与えたが、この女はみだらな行いを悔い改めようとしない。見よ、わたしはこの女を床に伏せさせよう。この女と共にみだらなことをする者たちも、その行いを悔い改めないなら、ひどい苦しみに遭わせよう。また、この女の子供たちも打ち殺そう。こうして、全教会は、わたしが人の思いや判断を見通す者だということを悟るようになる。わたしは、あなたがたが行ったことに応じて、一人一人に報いよう。
聖書は無謬であり、字義通り解釈すべきという人々は、当然これらについて死刑にすべきと考えるはず。

で、米国を本拠地とするキリスト教団体The Fellowshipは、これらのうち「ゲイセックスは死刑」をウガンダで実現しようとしているもよう。

==>ウガンダの最高刑死刑な反ゲイ法案の背後に米国の福音主義団体 (2009/10/29)
posted by Kumicit at 2009/10/30 02:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディスペンセーションが全然わかってないなあ・・・・
Posted by yajiuma at 2009/11/07 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック