2009/11/06

イラクにいんちきマシン

Gizmodoによれば、イラク軍が、いんちきな爆発物検知器を大量に買っている:
[The Bomb-Sniffing Gadget That's (Definitely Not) Saving Iraq (2009/11/03) on Gizmodo]
爆発物探知ガタクタ これは絶対にイラクを救わない

The promise of the ADE 651 is seductive: a handheld detector, which susses out bombs, guns, drugs, and human bodies from up to a kilometer away. And the Iraqi military swears by it! One problem: It doesn't seem to work.

ADE651の約束は魅力的だ。爆弾や銃やドラッグや人体を、最大1km離れた所から探知できる携帯探知機だ。イラク軍はそれを信じ切っている。ただし、ここで問題がひとつある。それは機能しない。

To be able to instantly detect contraband like this would be a gamechanger in Iraq, where the (effectively) free transit of roadside bombs and IEDs is a constant threat, so the Iraqi government is willing to pay a premium for devices that promise as much—they've already bought 1,500 of the detectors, which are almost definitely just electric whisks with antennae, at a price of $16,500 to $60,000 each. Despite the steep price and fierce user loyalty, though, US government officials say the devices don't work at all:

そのような密輸品を簡単に見つけられれば、道路脇の爆弾や即席爆発装置の自由な持ち込みが常に脅威となっているイラクでは、状況を本質的に変えることになる。したがって、イラク政府は、すでに1500個を購入した、1個あたり16500ドル〜60000ドルの、アンテナのついた、ほとんどまったくただの電気泡立て器のような検出器と同様の見込みのある機器にお金を払おうとしている。高価な価格とユーザのロイヤルティにもかかわらず。米国政府当局はこれらの機器が、まったく役に立たないと言う。

Dale Murray, head of the National Explosive Engineering Sciences Security Center at Sandia Labs, which does testing for the Department of Defense, said the center had "tested several devices in this category, and none have ever performed better than random chance."

国防省のためのテストをしたSandia LabsのNational Explosive Engineering Sciences Security CenterのDale Murrayセンター長は、「このカテゴリの機器を幾つかテストしたが、どれもランダム探索以上の成果を上げられなかった」と述べた。

The device as even earned its own rhetorical "show us" bounty from the Capital "S" Skeptical James Randi Educational Foundation, which flags the ADE 651's manufacturer's claims that the device works with spooky-sounding "electrostatic magnetic ion attraction." This is by far the highest honor in pseudoscience.

ADE651_G.jpg
James Randi Educational Foundationからもニセ科学として最高の栄誉を得た商品らしい...

これについて、NY Timesの報道によれば...
[ROD NORDLAND: "Iraq Swears by Bomb Detector U.S. Sees as Useless" (2009/11/03) on NY Times]


The Iraqis, however, believe passionately in them. “Whether it’s magic or scientific, what I care about is it detects bombs,” said Maj. Gen. Jehad al-Jabiri, head of the Ministry of the Interior’s General Directorate for Combating Explosives.

...

“I don’t care about Sandia or the Department of Justice or any of them,” General Jabiri said. “I know more about this issue than the Americans do. In fact, I know more about bombs than anyone in the world.”

イラク人たちは、しかし、熱狂的にこの機器を信頼している。「魔法だろうが科学だろう、問題は爆弾を検知できるかどうかだ。」と内務省の"General Directorate for Combating Explosives"の長であるJehad al-Jabiri少将は言う。

..

「米国のSandiaや司法省や誰が何を言おうが気にしない。私はこの問題について米国人よりもよく知っている。事実、私は世界中のだれよりも爆弾について知っている」
誰が何と言おうと、いんちきマシンを買い続ける所存のようである。
posted by Kumicit at 2009/11/06 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132151239
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック