2009/11/11

トルコに手を伸ばすDiscovery InstituteとInstitute for Creation Research

トルコの創造論支持の高まりの中で、米国の創造論団体"Institute for Creation Research"と、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteもトルコへ手を伸ばしている:
But Turkey, which is officially secular, appears to be joining its Muslim neighbors on evolution. A recent survey, quoted in a 2008 article in the American journal Science, found that fewer than 25 percent of Turks accepted evolution as an explanation of how modern life came to be -- by far the lowest percentage of any developed nation. In a year in which conferences worldwide are celebrating the 200th anniversary of Darwin's birth and his contribution to science, the battle against Darwinian thinking in Turkey has become something of a rout, even among aspiring science teachers.

公式には世俗国家であるトルコは、進化論について周辺のイスラム諸国に同調しているようだ。Science誌が引用した最近の調査では、トルコ人の25%以下が進化論を現代の生物の起源の説明として受け入れた。これは先進国のどの国よりも低い数字である。世界がダーウィンの生誕200年と科学への貢献を祝っているが、トルコでのダーウィンの考え方に対する戦いは、より野心的な理科教師をも総崩れにした。

To many Turkish scientists and educators, this is a worrisome development. The founder of modern Turkey, Mustafa Kemal Ataturk, was an advocate of science, education and, some say, even evolution. Turkish science has been especially strong in the Muslim world. If Turks close their minds to evolutionary thinking, advocates say, it won't be long before religion and politics shut off other scientific pursuits.

トルコの多くの科学者と教育者にとって、これは大きな問題である。近代トルコの父たるMustafa Kemal Atatukは、科学と教育、進化論の支持者でもあったという。イスラム世界でトルコの科学は特に強力だった。ひとたび進化論思考に対して心を閉ざすなら、宗教と政治は、他の科学の探求も停止させるだろうと、科学の支持者たちは言う。

To John Morris, president of the Institute for Creation Research in Dallas, however, the news could hardly be more encouraging.

"Why I'm so interested in seeing creationism succeed in Turkey is that evolution is an evil concept that has done such damage to society," said Morris, a Christian who has led several searches for Noah's Ark in eastern Turkey. Members of his group have addressed Turkish conferences numerous times.

米国DallasのInstitute for Creation Research所長のJohn Morrisにとっては、しかし、このニュースは喜ばしいことではない。「トルコにおける創造論の成功を興味を持って見ている理由は、進化論が、そのような被害を社会に与える邪悪な概念だからだ」と東部トルコでノアの箱舟探索を数回率いたキリスト教徒であるJohn Morrisは言う。Morrisのグループはトルコのコンファレンスで何度も講演した。

The Discovery Institute of Seattle, which researches and promotes intelligent design as an alternative to creationism and evolution, also sent speakers to Turkey after being invited by the Istanbul municipal government in 2007. President Bruce Chapman said the institute helped bring Turkish evolution critic Mustafa Akyol to a 2005 Kansas school board hearing on teaching critiques of evolution.

創造論と進化論に対抗理論としてインテリジェントデザインを推進する、シアトルのDiscovery Insituteは、2007年にイスタンブール地方政府から招待を受けて、講演者をトルコに送った。Bruce Chapman所長は、トルコの進化論批判者Mustafa Akyolをカンザス学校教育委員会の進化論批判を教えることについての公聴会に呼ぶことをInstituteが支援したと述べた。

[Marc Kaufman: "In Turkey, fertile ground for creationism" (2009/11/08) on Washington Post
via Why Evolution is True]
欧州の極右が反イスラムであるのに対して、米国の宗教右翼はイスラムとも手を組むようだ。

Dr. John D. MorrisのInstitute for Creation Researchは、つまるところ創造論関連出版業であり、市場の拡大は望むところかもしれない。しかし、Discovery Instituteはトルコからどういう利益を得ようとしているのだろうか?あるいはDiscovery Instituteへの資金提供をしてい人々の意にかなっているのだろうか?



posted by Kumicit at 2009/11/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック