2009/11/13

歴史学でも査読回避するインテリジェントデザイン運動

John M. LynchがHistory of Science SocietyのNewsletterに寄稿した記事によれば、インテリジェントデザイン運動は歴史学への侵攻を開始している:
[The modern ID movement] has recently stepped up its incursions into historical analysis with a series of works that collectively see modern biology, in the guise of an historically uncontextualized “Darwinism,” as both the product of Epicurean (i.e. pagan, anti-Christian) materialism and a cause of many modern ills.

現代のインテリジェントデザイン運動は最近、の現代生物学を「エピクロス主義(異教徒・反キリスト教徒)の唯物論の産物であり、多くの現代の病理の原因である歴史的文脈から切り離されたダーウィニズムの偽装と見る」著作を多く出版して、歴史分析への侵攻を開始した。

...

Political scientist John West clearly outlines these claims in his book, Darwin Day in America: How Our Politics and Culture Have Been Dehumanized in the Name of Science. According to West, who echoes a claim previously made by Benjamin Wiker, the pagan materialism of the Greek philosopher Epicurus and the Roman poet Lucretius gave rise to modern scientific naturalism. As West sees it, this influence in turn has lead to the rule of a scientific elite over democracy, utopian idealism, moral relativism, censorship of dissent, and dehumanization.

政治学者John G Westは明らかに、これらの主張を自身の本「米国のダーウィン時代:科学の名のもとに、いかに我々の政治と文化は人間性を奪われたか」で概説した。Benjamin Wikerの主張を反映した、John G Westによれば、ギリシャ哲学者エピクロスとローマの詩人ルクレチウスの異教唯物論が現代の科学的自然主義の起源だという。John G Westの見るところでは、この影響は順に、民主主義についての科学的エリート、ユートピア的理想主義、道徳相対主義、異議の検閲、そして人間性喪失につながったという。

[John M. Lynch: "Some Thoughts on Historians and Contemporary Anti-evolutionism" (2009/10) on Newsletter of History of Science Society, Vol 38 No 4 October 2009]
このような主張は歴史学のプロたちに受け入れられることはなく、インテリジェントデザイン"理論"と同様に、査読付き論文誌を回避して、一般書として出版されている:
Given the rigorous peer review process required for publication in leading academic journals and presses, it is unsurprising that ID proponents make little attempt to engage with the community of professional historians. Their claims are made in books published largely by conservative (e.g. Regnery, Intercollegiate Studies Institute), religious (e.g. InterVarsity, an outgrowth of InterVarsity Christian Fellowship campus ministry) or vanity (e.g. Erasmus Press, owned by William Dembski) presses. Unsurprisingly papers are neither presented at conferences nor published in relevant journals and little attempt is made to undergo review by practicing historians with expertise in Darwin, his ideas, and their socio-cultural effects.

主要な学術誌や学術出版社が論文出版に厳格な査読プロセスを条件としていることから、インテリジェントデザイン支持者がプロフェッショナルの歴史学会に関わろうとする気もないのは驚くに値しない。彼らの主張は、保守な出版社(RegneryやIntercollegiate Studies Instituteなど)や宗教出版社(InterVarsity Christian Fellowship campus ministryの一部門InterVarsity)や自前(William Dembskiが所有するErasmus Pressなど)から出版された本にある。論文は学会発表されることも、関連学術誌で出版されることもなく、ダーウィンやダーウィンの考えやダーウィンの社会文化的影響を専門とする歴史学者のレビューを受けようという気もないのは、驚くことではない。

In short, anti-evolutionist historical scholarship accurately mirrors creationist scientific work in being directed at the true believers rather than the academic community. The temptation may thus be for professional historians to ignore their claims -- a temptation that I feel must be rejected. As historians, we have a social duty to correct error and over-simplification where it is foisted on the public by politically and religiously motivated individuals, and this responsibility goes beyond what sociologist and ID sympathizer Steve Fuller has dismissively seen as “catching the errors” of the creationists. There is something far more fundamental at stake. At a time where historians have eschewed Whig or “Great Man” histories, anti-evolutionists are presenting their “Not-So-Great Man” view of Darwin.

要するに、反進化論者の歴史研究は、学術界よりもビリーバーに向けた創造論者の科学的著作というあり方をまさに反映したものだ。プロフェッショナルの歴史学者たちには彼らの主張を無視したいという誘惑があるかもしれない。私も感じる誘惑は、しかし退けなければならない。歴史学者として、我々には、政治的あるいは宗教的の動機づけられた人々によって市民にまき散らされる誤りと過度の単純化を正す社会的義務がある。そしてこの責任は、社会学者でありインテリジェントデザイン支持者であるSteve Fullerが創造論者の誤りを捕える行為だと、はね付けたものを超えるものである。はるかに基本的なものが危うくなっている。歴史学者たちが偉人たちの歴史を避けようとしている時代において、反進化論者たちは「それほど偉大ではない」ダーウィンという見方を提示する。

[John M. Lynch: "Some Thoughts on Historians and Contemporary Anti-evolutionism" (2009/10) on Newsletter of History of Science Society, Vol 38 No 4 October 2009]
生物学分野でやっていることを、そのまま歴史学でも始めたインテリジェントデザイン運動。

インテリジェントデザイン運動は既に、HIV否定論とも連鎖しており、複数の分野でカウターナレッジをまき散らす運動と化している。



posted by Kumicit at 2009/11/13 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック