2009/11/23

何も証明しないホメオパシーのProving

まずはwikipediaから。現在の記述は、編集合戦や半保護措置をとられていない状態:
[wikipedia:homeopathy -- provings]

hahnemann experimented on himself and others for several years before using remedies on patients. his experiments did not initially consist of giving remedies to the sick, because he thought that the most similar remedy, by virtue of its ability to induce symptoms similar to the disease itself, would make it impossible to determine which symptoms came from the remedy and which from the disease itself. therefore, sick people were excluded from these experiments. the method used for determining which remedies were suitable for specific diseases was called "proving", after the original german word "prufung", meaning "test". a homeopathic proving is the method by which the profile of a homeopathic remedy is determined.[71]

hahnemannはレメディを患者の治療に使う前に、数年間かけて、彼自身と他の人々を対象として実験を行った。彼の実験では最初は患者にはレメディを与えられなかった。というのは、病気自体とよく似た症状を起こさせる能力を持つ、最も類似したレメディなので、レメディによる症状と病気の症状か区別できないと考えたからだ。したがって、患者たちは実験から除外された。どのレメディがどの病気に適合しているかを定めるために使われた方法は、検証を意味するドイツ語"prufung"からつけられた"proving"と呼ばれる。ホメオパシーの"proving"は、ホメオパシーレメディのプロファイルを定める方法である。

at first hahnemann used material doses for provings, but he later advocated proving with remedies at a 30c dilution,[54] and most modern provings are carried out using ultradilute remedies in which it is highly unlikely that any of the original molecules remain.[72] during the proving process, hahnemann administered remedies to healthy volunteers, and the resulting symptoms were compiled by observers into a "drug picture". the volunteers were observed for months at a time and made to keep extensive journals detailing all of their symptoms at specific times throughout the day. they were forbidden from consuming coffee, tea, spices, or wine for the duration of the experiment; playing chess was also prohibited because hahnemann considered it to be "too exciting", though they were allowed to drink beer and encouraged to exercise in moderation. after the experiments were over, hahnemann made the volunteers take an oath swearing that what they reported in their journals was the truth, at which time he would interrogate them extensively concerning their symptoms.

最初は、hahnemannは物質そのものを服用していたが、後に彼は30c希釈(10-60)のレメディを使ったprovingを推進するようになった。そして、現代最新のprovingでは、元の分子が1個も残られない超希釈を使う。proving過程で、hahemannはレメディを健常者に服用させ、結果として生じた症状を観察者に"drug picture"へ記録させた。ボランティアたちは数カ月にわたって観察され、一日の特定時間の症状を詳細に記録することを求められた。ボランティアたちは実験期間中は、コーヒーや紅茶やスパイスやワインを禁じられた。hahnemannは同じく、興奮しすぎると考えてチェスも禁じた。しかし、ビールやほどよい運動は推奨された。実験が終わると、hahnemaaはボランティアに記録した詳細が真実であることを宣誓させた。その際に、hahnemannはボランティアたちの症状について広範囲な質問をした。

provings have been described as important in the development of the clinical trial, due to their early use of simple control groups, systematic and quantitative procedures, and some of the first application of statistics in medicine.[73] the lengthy records of self-experimentation by homeopaths have occasionally proven useful in the development of modern drugs: for example, evidence that nitroglycerin might be useful as a treatment for angina was discovered by looking through homeopathic provings, though homeopaths themselves never used it for that purpose at that time.[74] the first recorded provings were published by hahnemann in his 1796 essay on a new principle.[75] his fragmenta de viribus (1805)[76] contained the results of 27 provings, and his 1810 materia medica pura contained 65.[77] for james tyler kent's 1905 lectures on homoeopathic materia medica, 217 remedies underwent provings and newer substances are continually added to contemporary versions.

単純な対照群と系統的かつ定量的手順を使い、医学における統計利用だったので、provingは臨床試験の発展におい重要であるとされる。ホメオパスたちによる自己実験の長々しい記録は、ときとして薬品開発に役に立つ。ホメオパスたちは決してその目的には使わなかったが、ニトログリセリンが狭心症の治療に有効かもしれないという証拠がホメオパシーのprovingの記録を見ることで発見された。記録に残る最初のprovingはhahnemannが1796年に書いた新たな原則についてのエッセイとして発表された。彼の"fragmeta de viribus"(1805)には27回のprovingが記載され、1810年のmatera medica puraには65回のprovingが記載されている。james tyler kentの1905年のhomoeopathic materia medicaについての講演では、217のレメディがprovingを経ていて、常に新しい物質が付け加えられ続けている。

54.^ a b hahnemann s (1921), the organon of the healing art (6th ed.), aphorism 128 .
71.^ dantas f, fisher p, walach h et al. (2007), "a systematic review of the quality of homeopathic pathogenetic trials published from 1945 to 1995", homeopathy 96 (1): 4?16, doi:10.1016/j.homp.2006.11.005, pmid 17227742 .
72.^ kayne sb (2006), homeopathic pharmacy: theory and practice (2 ed.), elsevier health sciences, pp. 52, http://books.google.co.uk/books?id=w2ifchjytsyc&pg=pa52&dq=homeopathic+proving+method .
73.^ cassedy jh (1999), american medicine and statistical thinking, 1800?1860, iuniverse, isbn 978-1-58348428-9 .
74.^ fye wb (1986), "nitroglycerin: a homeopathic remedy" (pdf), circulation 73 (1): 21?9, pmid 2866851, http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/73/1/21.pdf .
75.^ hahnemann s (1796), "versuch uber ein neues prinzip zur auffindung der heilkrafte der arzneisubstanzen, nebst einigen blicken auf die bisherigen" (in german), hufelands journal ii (3) .
76.^ hahnemann s (1805) (in latin), fragmenta de viribus medicamentorum positivis, leipzig .
77.^ hahnemann s, stapf e, gross g, de brunnow eg (1826-1828) (in latin), materia medica pura; sive, doctrina de medicamentorum viribus in corpore humano sano observatis; e germanico sermone in latinum conversa., dresden: arnold, oclc 14840659 .
ホメオパシーのprovingとは、治療効果を"検証"するものではまったくない。「レメディを飲んだ健康な被験者の自己申告の"症状"と似た症状の病気を治療できるはずだ」という前提に立って、病気の症状に類似した症状をさがしているだけ。

creighton university代替医療のページの記載でも同様:
[homeopathy -- provings]

to attempt determine which homeopathic remedies would be best for various ailments, hahnemann and others engaged in a series of provings. in what can be viewed as early clinical trials of natural substances, hahnemann and others self- administered pharmacologically active doses of many different substances, then carefully recorded the symptoms that resulted in a materia medica. these provings were based on hahnemann's early study of cinchona bark. he states:

どのホメオパシーレメディが多様な病気のどれに対してベストなのかを定めるために、hahnemannたちは一連のprovingを行った。これは、天然物質の初期の臨床試験として見ることができて、hahnemannたちは多くの物質の薬効成分を自己管理して、慎重に症状をmateria medicaに記録した。これらのprovingは、hahnemannのキナノキ皮の初期研究に基づいている。hahnemannは次のように書いている:
there is, therefore, no other possible way in which the peculiar effects of medicines on the health of individuals can be accurately ascertained .... than to administer the several medicines experimentally, in moderate doses, to healthy persons, in order to ascertain what changes, symptoms and signs of their influence each individually produces on the health of the body and of the mind; that is to say, what disease elements they are able and tend to produce, since, as has been demonstrated , all the curative power of medicines lies in this power they possess of changing the state of man's health, and is revealed by observation of the latter.

したがって、個々人の身体と精神の健康おいて見られる変化と症状と兆候を確認するために、幾つかの薬剤を実験的に、効力を弱めた形で、健康な人に投与する以外に、薬剤特有の個々人の健康への効果を確かめる方法は他にない。すなわち、それらがいかなる病気の要素を生じさせることが可能で、生じさせる傾向があるかは、示されたように、薬剤の全治癒力は、人間の健康状態を変化させる力にあり、後者の観察によって明らかになる。
hahnemann felt that the best proving was done on oneself. since the proving is based on self observation hahnemann cautions that the person doing the proving must be trustworthy, intelligent and have keen observational skills. some provings were taken from the literature, particularly where poisonings from a known agent produced a specific pattern of symptoms or lesions.

hahnemannはベストなprovingは自分自身に対して行うものだと感じていた。provingは自己観察に依存しているので、hahnemannはprovingを行うものは、信頼できて、インテリジェントで、観察スキルに優れていなければならないと注意していた。幾つかのprovingは既存文献、特に基地の物質による中毒で特定の症状や障害パターンを生じるものから得られている。

hahnemann stressed that homeopaths should add to the materia medica with his own provings:

hahnemannはホメオパス自身によるprovingによってmateria medicaを増強すべきだと強調した:
at first, about forty years ago, i was the only person who made the provings of the pure powders of medicines the most important of his occupations. since then i have been assisted in this by some young men, who instituted experiments on themselves, and whose observations i have critically revised. following these some genuine work of this kind was done by a few others. but what shall we not be able to effect in the way of curing in the whole extent of the infinitely large domain of disease, when numbers of accurate and trustworthy observers shall have rendered their services in enriching this, the only true materia medica, by careful experiments on themselves! the healing art will then come near the mathematical sciences in certainty. (organon, sixth edition)

初めの40年間は、ホメオパスの仕事で最も重要なことである、薬剤の純粋な粉末のprovingを唯ひとりでやってきた。その後、自ら実験を行う若者たちに手伝ってもらうようになった。そして、私は彼らの観察記録を批判的にレビューした。これら幾つかの本物の成果の後に数名が続いた。しかし、数多くの正確で信頼できる観察者が、自分たち自身による注意深い実験によって、唯一真のmateria medicaを増強していくとき、無数にある病気のすべてを、治療法を有効なものにしていけるだろう。そうすれば、医術は確実性において数理科学に近づく。

however, most of the homeopathic provings that are currently referred to in the us homeopathic pharmacopoeia, which provide the basis for homeopathic prescribing, come from the time of hahnemann.

しかし、ホメオパシーの基礎を規定する現在の"us homeopathic pharmacopoeia"に記載されるホメオパシーprovingの大半はhahnemannの時代のものである。
当初はhahnemannひとりでやっていたので、provingも二重盲検になっていない。そしてそれが現在のホメオパシーレメディの選択根拠となっているもよう。

なお、現在は二重盲検なprovingもあるようだ[ie sb3]。ただ、いずれによせ、治療効果については何も客観的な調査はない。

その馬鹿馬鹿しさをquackwatchのstephen barrett, m.d.は次のように書いている:
[stephen barrett, m.d.: "homeopathy's "law of similars""]

proponents call homeopathy's defining principle the "law of similars." ("like cures like.") this holds that substances that cause healthy people to get symptoms can cure diseases that have these symptoms. this idea is a form of "sympathetic magic" similar to the primitive idea that eating the heart of a lion will make a person brave.

ホメオパシー支持者たちはホメオパシーの原則を「類似の法則」と呼ぶ。これは、健康な人に症状を起こす物質は、その症状を持つ人々を治療できるという考えである。この考えは「共感呪術」のひとつであって、ライオンの心臓を食べれば勇敢になるという原始的な考えと似ている。

homeopathy's founder, samuel hahnemann, m.d., is said to have based his theory on an experience in which he ingested cinchona bark, the source of quinine used to treat malaria. after taking it, he experienced thirst, throbbing in the head, and fever -- symptoms common to malaria. he decided that the drug's power to cure the disease arose from its ability to produce symptoms similar to the disease itself. he and his early followers then conducted "provings" in which they administered herbs, minerals, and other substances to healthy people, including themselves, and kept detailed records of what they observed.

ホメオパシーの創始者samuel hahnemann, m.d.は、自らの理論の基礎を、マラリア治療に使われるキニーネの原料であるキナノキ皮を摂取したときの経験に置いていたと言われている。キニーネ摂取後、彼は渇きと頭痛と発熱を経験した。これらマラリアでみられる症状である。彼は、薬物が病気を治す力は、病気と良く似た症状を起こす能力によるものだと判断した。彼と彼の初期の支持者たちは、ハーブやミネラルやその他の物質を自分たちを含む健康な人々に投与して、観察したことを詳細に記録に残すという、provingを行った。

the symptoms reported during provings have been compiled into lengthy reference books called materia medica, which proponents regard as gospel. however, most of the provings were done between 100 and 200 years ago, when medical science was in its infancy. very little was known about the nature of health and disease or about how to conduct experiments that separate cause and effect from coincidence.

proving期間中に報告された症状はまとめられて、materia medicaと呼ばれる長々しい参考図書に記載された。これは支持者からは福音書として扱われている。しかし、大半のprovingは100〜200年前に行われていて、。その頃の医学はまだ未発達だった。健康と病気の性質も、原因と結果を偶然から識別するための実験方法も、ほとんど知られていなかった。

the fact that a symptom occurs after taking a substance can have several explanations. during a typical day, most people experience occasional unpleasant thoughts and bodily sensations. to determine whether a substance actually causes a symptom, it would be necessary to compare people who receive the substance with people who receive a control substance. to guard against bias, neither the experimenters nor the test subjects should know who gets which.

物質を摂取後に症状が起きたという事実には、幾つかの説明がありうる。典型的な日の間、大半の人々は時折、不快な考えや体感を経験する。その物質が本当に症状を起こしているか判断するためには、その物質を摂取する人と、比較対象物質を摂取する人を比較する必要がある。バイアスを排除するために、実験者も実験対象も、誰がどちらを摂取したかわからないようにする必要がある。

the provings used to compile materia medica were not conducted in this manner. there were wide variations in the amounts of substances administered, the timing of the administrations, the way in which data were recorded, and the length of the studies -- and there were no controls. thus it is impossible to know whether the reported symptoms were actually related to administration of the test substances. in addition, many symptoms may have resulted from suggestibility of the test subjects.

materia medicaを編纂するために使われたprovingはそのような方法では行われなかった。摂取した量も、摂取したタイミングも、データ記録方法も、実験期間もまちまちだった。そして対照群もなかった。したがって、報告された症状が実際に実験物質摂取によるものか知りようがない。さらに、実験物質についての暗示から多くの症状が起きた可能性もある。

"a dictionary of practical materia medica," a widely used 3-volume set authored by john henry clarke, m.d., illustrates the foolishness involved in provings. the book contains about 2,500 pages that describe the symptoms that supposedly were reported following administration of about 1200 substances. most descriptive pages contain more than 100 claims, which means that total number of symptoms exceeds 200,000. the book does not indicate when or how the original "provings" were done or who reported most of the specific findings. thus it would be impossible to examine whether the studies were properly done, who did them, and whether the findings were accurately reported.

john henry clarke, m.d.が執筆した3巻構成の"a dictionary of practical materia medica"はprovingのアフォさを例示している。この本は約2500ページあって、1200の物質について摂取後の症状をおそらく報告された症状を記述している。大半の記述は100以上の主張を含んでおり、これは症状の合計が20万を超えることを意味する。この本はもともとのprovingがいつ、どのようにして実行されたか、あるいは大半の発見を誰がしたか、記述していない。したがって、これらの研究が適切に行われたか、誰が行ったか、発見が正確に報告されたか確かめようがない。

many of the listed symptoms are odd. lac felinum includes "cannot bear the smell of clams, of which she is naturally fond." lacrodectus mactans includes "screams fearfully, exclaiming that she would lose her breath and die." magnesia sulphurica includes "stupidity." oleum animale includes "singing, tinkling, and buzzing in ears." natrum carbonicum includes "hurries out of bed in the morning." some listings include symptoms that occur predominantly on one side of the body, such as "sickening sensation in left testicle." all are supposedly useful in determining whether the patient might "fit" a particular remedy.

列挙された症状の多くは変なものだ。lac felinumだと「彼女が通常は好んでいるハマグリの匂いに耐えられない」がある。またlacrodectus mactansだと「恐怖に叫び、息が詰まって死にそうだと叫んだ」 magnesia sulphuricaだと「アフォ」 oleum animaleだと「歌や、さえずりやガヤガヤが耳の中」 natrm carbonicumだと「朝、ベッドから飛び起きる」 列挙されたものには「左の睾丸に、吐き気をもようさせる感覚」とか、身体の片方に生じる症状もある。これらはすべて、患者が特定のレメディに「適合」するか判断するの役立つらしい。

even if the proving reports were consistent, there is no logical reason why substances that could produce symptoms should cure such symptoms. nor is there evidence from appropriately designed studies that the "law of similars" actually operates. the real way to test something works is to test whether it helps sick people. this requires clinical trials in which people who get the test substance are compared with people who do not. no homeopathic product has ever been proven effective; and the vast majority of products have never even been clinically tested.

たとえprovingの報告が首尾一貫したものであっても、症状をもたらすことができた物質がその徴候を治療できるはずだという、論理的理由はない。適切にデザインされた研究による「類似の法則」が実際に働くという証拠は存在しない。何かが治療効果を持つか調べる本当の方法は、それが病気の人の症状に効くかどうか検証することである。これには試験対象の物質を摂取する人と、それを摂取しない人を比較する臨床試験が必要である。ホメオパシーレメディで効果が証明されたものはない。そして、大半のレメディは臨床試験を受けたこともない。

this article was posted on march 20, 2002
何も"証明"しない"proving"であることは明らか。

そもそも、ことの起こりであるキニーネとマラリアに関しても、当時の医学知識の低さによる誤った思いつきでしかない。

キニーネはマラリア原虫(plasmodium falciparum)を死滅させることで患者を治療するもので、副作用が強く退場したり、薬物耐性マラリア原虫の登場で再登場したりしている。
[マラリア: メルクマニュアル家庭版

マラリアは単細胞の寄生虫であるマラリア原虫による赤血球の感染症で、発熱、脾臓の腫大、貧血などの症状を引き起こします。

...

クロロキン耐性がみられる地域では、熱帯熱マラリアはキニーネとドキシサイクリンで治療しますが、合併症がない場合は、キニーネより副作用の少ないアトバコンとプログアニルの合剤を使います。メフロキンも使いますが、副作用がよくみられます。経口で薬を服用できない人は、入院させて慎重な管理の下で静脈内投与する場合もあります。
...

クロロキンは比較的安全な薬剤で、小児や妊婦への使用も認められています。メフロキンは吐き気、めまい、睡眠障害を起こすことがあり、まれにけいれん発作や精神障害もみられます。ある種の心臓障害がある人も服用できません。キニーネには、頭痛、吐き気、嘔吐、視覚障害、耳鳴りなど、キニーネ中毒と呼ばれる特有の副作用があります。熱帯熱マラリア原虫に感染した人の場合は、キニーネで血糖値の低下が起こることもあります。アトバコン‐プログアニルは吐き気、嘔吐、腹痛を起こすことがあり、腎機能が低下した人、妊婦、乳児には使用できません。
19世紀後半にはアボガドロ数が算出されるようになり、このマラリアの原因が判明したのが19世紀末から20世紀初頭である。その時点で、ホメオパシーは方向転換すべきだったが、そうしなかったので今では呪術あるいはオカルトに。

ちなみに、実際の"a dictionary of practical materia medica"の記述はこんなかんじ:
[a dictionary of practical materia medica by john henry clarke]

dmm_indigo_1.png
dmm_indigo_2.png
dmm_indigo_3.png
dmm_indigo_4.png
dmm_indigo_5.png
dmm_indigo_6.png
dmm_indigo_7.png

やたら症状が列挙されている。
posted by Kumicit at 2009/11/23 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック