2009/11/30

プラセボ程度の副作用があるホメパシー

英国下院科学技術委員会がホメオパシー調査を実施している件を一昨日扱った:

同委員会で、NHSから資金供与を受けている王立ロンドンホメオパシー病院のDr. Peter Fisherが「ホメオパシーの砂糖玉に身体的副作用があるので、効力があるのだ」と主張した。この主張について、Bad ScienceのBen GoldacreGuardianの記事で、ホメオパシーにはプラセボな副作用があると、斬っている:
[Ben Goldacre: "Homeopathy and the nocebo effect" (2009/11/28) on Bad Science and Guardian]

The best moment was Dr Peter Fisher from the (NHS-funded) Royal London Homeopathic hospital explaining that homeopathic sugar pills have physical side-effects – so they must be powerful.

Can a sugar pill have a side-effect? Interestingly, a paper published in the journal Pain next month looks at just this issue. It found every single placebo-controlled trial ever conducted on a migraine drug, and looked at the side-effects reported by the people in the control group, who received a dummy "placebo" sugar pill instead of the real drug. Not only were these side-effects common, they were also similar to those of whatever drug the patients thought they might be receiving.

最高の瞬間は、NHSから資金供与を受けている王立ロンドンホメオパシー病院のDr. Peter Fisherが、ホメオパシーの砂糖玉に身体的副作用があるので、効力があるのだと説明しているところだった。

砂糖玉に副作用が起こせるのか? 面白いことに、学術誌Painの来月号に、この問題を取り上げた論文[1]が掲載される。この論文は、片頭痛薬についての、これまでのプラセボ対照試験において、本物の薬剤ではなくダミープラセボ砂糖玉を対照群の被験者たちの副作用レポートを見ている。副作用が実験群と対照群で共通しており、さらにどんな薬剤であっても、被験者が受けると思っている症状と良く似た副作用が出た。

This is nothing new. A study in 2006 sat 75 people in front of a rotating drum to make them feel nauseous, and gave them a placebo sugar pill: 25 were told it was a drug that would make the nausea worse. It did get worse, and they also exhibited more gastric tachyarrhythmia, the abnormal stomach activity that frequently accompanies nausea.

A paper in 2004 took 600 patients from three different specialist drug allergy clinics and gave them either the drug that was causing their adverse reactions, or a dummy pill with no ingredients: 27% of the patients experienced side-effects such as itching, malaise and headache from the placebo dummy pill.

And a classic paper from 1987 looked at the impact of listing side-effects on the treatment consent form. This was a large trial comparing aspirin against placebo, conducted in three different centres. In two, the form outlined various gastrointestinal side-effects, and in these centres there was a sixfold rise in the number of people reporting such symptoms and dropping out of the trial. This is the amazing world of the nocebo effect, where negative expectations can induce unpleasant symptoms, in the absence of a physical cause.

And in any case, it doesn't help homeopaths: In 2003 Professor Edzard Ernst conducted a systematic review, finding every homeopathy trial that reported side-effects. There was no significant difference in the rates of side-effects between patients given placebo and those given homeopathic remedies.

これは目新しいことではない。2006年の研究[2]では、吐き気を感じさせる回転ドラムの前に75名を座らせて、プラセボ砂糖玉を与えた。25名には吐き気を悪化させる薬剤だと告げた。彼らは症状が悪化し、吐き気を併発することの多い異常な胃活動である胃不整頻拍を示した。

2004年の論文[3]では、3つの専門薬物アレルギー・クリニックの600名の患者に対して、アレルギーを起こさせる薬剤か、薬効成分のないダミー砂糖玉を与えた。プラセボダミー砂糖玉を与えられた患者の27%に、疼きや不調や頭痛のような副作用が出た。

そして、1987年の古典的論文[4]では、処置同意書に記載された副作用リストの影響を調べられている。これは3つのセンターで実施されたアスピリン対プラセボの比較をする大規模実験だった。うち2つで、処置同意書に様々な胃腸への副作用が概説されていた。そして、これらのセンターでは、そのような症状を報告する患者数が6倍に増大して、実験から離脱した。これは、身体的原因がないのに、負の予測が不快な症状を誘発するという、驚くべきノセボ(nocebo)効果の世界である。

いずれにせよ、これらはホメオパスを支持しない。2003年には、Edzard Ernst教授が系統的レビューを行っている[5]。そして、副作用を報告したホメオパシーの実験を見つけた。プラセボとホメオパシーレメディを処方された患者の間に、副作用の発生率についての有意差はなかった。


  1. Martina Amanzioab et al: "A systematic review of adverse events in placebo groups of anti-migraine clinical trials", Pain Volume 146, Issue 3, Pages 261-269 (5 December 2009)
  2. Max E. Levine et al: "The Effects of Manipulating Expectations Through Placebo and Nocebo Administration on Gastric Tachyarrhythmia and Motion-Induced Nausea", Psychosomatic Medicine 68:478-486 (2006)
  3. Liccardi G et al: "Evaluation of the nocebo effect during oral challenge in patients with adverse drug reactions.", J Investig Allergol Clin Immunol. 2004;14(2):104-7.
  4. Myers MG, Cairns JA, Singer J.: "The consent form as a possible cause of side effects", Clin Pharmacol Ther. 1987 Sep;42(3):250-3.
  5. S Grabia and E Ernst: "Homeopathic aggravations: a systematic review of randomised, placebo-controlled clinical trials", Homeopathy, Volume 92, Issue 2, April 2003, Pages 92-98
まさにプラセボなホメオパシー....

それはそれとして、インフォームドコンセントとかやっていると、ノセボな副作用が出てしまう可能性があるというのは困ったもの。



タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2009/11/30 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。