2009/12/08

米国人の61%が健康医療情報をぐぐる...しかし

2009年6月のPew Internetによる医療健康情報の社会生活についての世論調査によれば、61%の米国人は医療健康情報をぐぐるようになった

しかし、それは喜ばしいことではないと、医師であり、健康管理関連の本を書いたりしているDavis Liu, MDは言う:
Many doctors actually are very concerned about patients using the internet to research information. Stories of physicians being inundated with printouts or patients insistent that they have a certain diagnosis based on a description abound. Doctors don't always appreciate patients googling their medical information.

多くの医者たちは、実際、情報調査にネットを使っている患者たちを強く懸念している。プリントアウトや、ネット上にあふれる情報に基づいて特定の診断に固執する患者の山に埋もれる医者たちの話だ。医者たちは、医療情報をぐぐっている患者たちを必ずしも評価しない。

Why? 何故か?

Because although information gathering is far easier than a decade ago, the problem is data overload. How does one filter out all of the different diagnoses with similar symptoms? How does one use judgment when theirs is based on little experience? Medical students commonly coming down with medical illnesses after studying a subject. The power of suggestion. Fever and a little neck stiffness? Meningitis. Intermittent numbness in the arm? Multiple sclerosis. Circular rash? Lyme disease.

情報収集は10年前より、はるかに簡単になったが、問題はデータが多すぎることだ。似たような症状について異なる多くの診断から、適切なものをどうやって選択するのか? 経験に基づかない判断をどう使ったらよいのか? 医学生は学科を勉強した後、医学的病気になる。すなわち示唆の力。熱とちょっとした首の凝り?髄膜炎。腕の断続的麻痺?多発性硬化症。循環発疹?ライム病。

Only through experience and actually caring for patients diagnosed by more seasoned colleagues do medical students see the textbook descriptions come. Patients diagnosed with meningitis, multiple sclerosis, and Lyme disease and their symptoms and signs are seared into their memories. Words in the textbook now have far different meanings. Reading and book learning while important only provides the foundation to build upon. It's seeing and doing that matter.

経験および、より経験を積んだ同僚が診断した患者の看護を通してのみ、医学生は教科書に書かれことを見ることができる。そして、髄膜炎や多発性硬化症やライム病と診断された患者と、その症状と徴候を記憶に焼きつける。そのとき、教科書に書かれた言葉は、まったく違ったものになる。本から学ぶことは、寄って立つ基礎を作ることだけには重要だ。しかし、見ることや、することは別だ。

...

While the internet can make anyone more knowledgeable, it doesn't make someone an expert. The good news is that the survey found in the end that the source people still trust the most is their doctor. So go ahead research, but find reputable sources like the Mayo Clinic or Medline Plus. Talk to your doctor and perhaps email him. Gain from both knowledge tempered with expertise.

ネットを使えば多くの知識を得られるが、それで専門家になれるわけではない。それでも良い知らせは、この世論調査で大半の人々は医者を信頼していることが示されたことだ。なので、情報調査をするのはいいが、Mayo ClinicやMedline Plusのような評価の高いソースを見つけること。そして、医者と話す、あるいはメールすること。専門知識で調律された知識を手に入れてほしい。

[Davis Liu M.D: "61% Of Patients Google For Health Information " (2009/11/25) on Basil and Spice]
ネット上のトンデモをすべて回避しつくして、まっとうな情報だけを拾い集めても、それで医者になれるわけではないというのは、わかっちゃいるけど、ときどき忘れそうになること。

そして、さらに悪いことは、あふれかえるトンデモ情報にはまってしまうこと。

==>反ワクチン運動についてのLancetの記事 (2009/11/21)


タグ:poll
posted by Kumicit at 2009/12/08 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック