2009/12/11

ノルウェーの夜空の螺旋は、ロシアの失敗しまくりミサイルのせいか?

DailyMailの2009年12月10日付の報道によれば、ノルウェーの夜空の螺旋の光の前にロシアのミサイル実験失敗があったという。さらに、英国の技術者が、そのような失敗で螺旋状の光が生成される可能性があることを示唆するシミュレーションをYouTubeにポストした。
[Will Stewart: "Mystery solved? Norway's spiral light display 'was down to a failed Russian Bulava missile test'" (2009/12/10) on DailyMail]

New evidence emerged today that a mysterious spiral light display which appeared in the dark skies over Norway yesterday morning was caused by an embarrassing failed test launch of a jinxed Russian missile.

The Bulava missile was test-fired from the Dmitry Donskoi submarine in the White Sea early on Wednesday but failed at the third stage, the Russian military confirmed today.

昨朝、ノルウェーの暗い空に現れた、不可解な螺旋上の光が、ジンクスなロシアのミサイルの発射失敗によるものだという新たな証拠が出てきた。

水曜早くに白海のDmitry Donskoi潜水艦から試射されたBulavaミサイルが第3ステージで失敗したと、ロシア軍が本日、確認した。

NorwaySpiral1.jpgNorwaySpiral2.jpg

New video also emerged today showing a simulation of what would happen if such a missile were to fail - video that bore an uncanny resemblance to the light display seen in the Norwegian sky.

The video, a 3-D simulation of what may have occurred to produce the light display, was put together by a British engineer named Doug Ellison. Ellison runs the forum unmannedspaceflight.com.

On YouTube, Ellison described the video as 'a set of rendered views using 3DS Max to produce a coarse simulation of what may have occurred to produce the beautiful formation in the sky over Norway'.

そのようなミサイルが失敗した場合に起こるかもしれない状況のシミュレーションを示す動画も本日、ポストされた。ノルウェーの空に見えた光とよく似たものを示す動画だ。

起きたと思われることによって作られる光の、3次元シミュレーションがDoug Ellisonという英国の技術者によってまとめられた。Ellisonはunmannedspaceflight.comというフォーラムを運営している。

YouTubeで、Ellisonは動画を「ノルウェー上空に美しい光景の形成されたときに起きたと思われるものについての、あらいシミュレーションを3DS Maxを使ってレンダリングした動画」だと述べた。

The confirmation of a test launch emerged despite earlier reports denying a missile launch yesterday.

The military did not confirm, however, that the failed test launch was behind the mysterious spiral lights that have baffled millions since they were spotted - though, as the new video today showed, it appears increasingly likely.

昨日のミサイル発射を否定する報道があったが、試射が確認されたことが明らかになった。しかし、ロシア軍は試射失敗によって、数百万人を困惑させた不可解な螺旋状の光を生じさせたかどうかを確認していない。本日の新たな動画により、それはよりもっともらしくなってきた。

...

Tromsō Geophysical Observatory researcher Truls Lynne Hansen agreed, saying the missile had likely veered out of control and exploded, and the spiral was light reflecting on the leaking fuel.

Tromso地球物理観測初の研究者Truls Lynn Hansenは、ミサイルはおそらく制御不能になり爆発し、螺旋は漏れた燃料が光を反射したものだろうと述べた。

...


これが答えかどうかは、まだわからないが、かなりそれらしい。

追記 2009/12/11 Christian Science Monitorの記事:


[After watching the Norway spiral video, a US rocket scientist is convinced it was a missile. That blue plume? "Tiny sapphires," he says. (2009/12/10) on Christian Science Monitor]

The Russian explanation makes the most sense to William Dimpfl, a senior research scientist at the Aeorospace Corporation.

Dr. Dimpfl, whose non-profit conducts missile research for the US Air Force and NASA, and who has carried out research on the way exhaust is emitted from rockets and the space shuttle, says he’s fully convinced that the spiral plume was caused by a man-made missile.

ロシアの説明は、Aerospace CorporationのシニアサイエンティストであるWiliam Dimpflにとっては最も理解できるものだった。Dr. Dimpflの非営利団体は米国空軍およびNASAに対してミサイル研究を実施しており、彼自身はロケットやスペースシャトルからの排気についての研究を行ってきた。Dr. Dimpflは「螺旋状の雲が人間の作ったミサイルによるものと、まったく納得できる」と述べた。

...

He said after watching the video that he observed no “atmospheric drag” on the event, which implied the missile was higher than 100 kilometers from the earth’s surface – beyond the line between our atmosphere and space. The large, white spiral in the video and images is, in his opinion, “an illuminated solid propellent motor.”

彼は動画を見てから、「大気の抵抗が見られないことから、ミサイルが、大気圏と宇宙空間の境界線の向こう側である上空100km以上にあったことを意味する。私の意見では、動画及び静止画の大きな白い螺旋は、光を反射した固体推進剤エンジンである。

....

“The blue plume was from a motor that was still attached to the vehicle.” He says the bluish color was from aluminum oxide that is typically added to the solid propellant used for such motors. “What I believe is that the blue is from solar fluorescence from chemicals in the plume. That’s just aluminium oxide that the sunlight is scattering from. Aluminum oxide is the chemical formula for sapphires, so what you’re looking at is sunlight scattering off lots of tiny sapphires.”

「青い螺旋は機体に取り付けられたエンジンによるものだ。青色は、エンジンに使われる固体推進剤の典型的な添加剤であるアルミニウム酸化物によるものだ。青色は雲の中の化学物質と太陽による螢光発光である。太陽光を散乱している、だたのアルミニウム酸化物である。アルミニウム酸化物はサファイアの化学式なので、我々が見たものは、大量のちっこいサファイアからの太陽光散乱だったということになる。」


posted by Kumicit at 2009/12/11 01:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RSM-56は固体推進剤だから、燃料が漏れるってことはありえないんですがね。
螺旋状になっているのはロケットの排気そのものじゃないのかなあ?
ロケット(固体推進剤)の螺旋飛行と言えばこんな例があります。
http://www.youtube.com/watch?v=7Z-3fjg4dYY
Posted by ROCKY at 2009/12/11 11:49
「青は固体推進剤の添加物の色」説なロケット屋さんの意見(CSM報道)を追記しました。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2009/12/11 13:04
添加物というか、固体推進剤ではアルミニウム粉末そのものが燃料(の一部)なわけです。
Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Rocket_propellant#Description
During the 1950s and 60s researchers in the United States developed what is now the standard high-energy solid rocket fuel, Ammonium Perchlorate Composite Propellant (APCP). This mixture is primarily ammonium perchlorate powder (an oxidizer), combined with fine aluminium powder (a fuel), held together in a base of PBAN or HTPB (rubber-like fuels).
アルミニウム粉末とポリブタジエンが燃料になり、過塩素酸アンモニウムが酸化剤となる。
日本のH-IIAの固体ロケットブースター(SRB)を例に取ると固体推進剤の組成は過塩素酸アンモニウム68%、末端水酸基ポリブタジエン14%、アルミニウム粉末18%、添加剤少少となります。
Posted by ROCKY at 2009/12/11 19:18
基本的に弾道ミサイル訓練を行う場合、米露間で事前に通達するはずなんですが・・・。
Posted by 名も無き忘却からの帰還者 at 2012/01/19 23:01
UFOを隠蔽したいのかな
Posted by 名も無き忘却からの帰還者 at 2015/03/17 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック