2009/12/17

米国の温暖化否定を概観する (6b) 2002年のブッシュ政権への助言 Luntzメモ

共和党のコンサルタントで世論調査を行うFrank Luntzは、2002年当時、ブッシュ政権に対して地球温暖化について、Luntzメモと呼ばれる助言を行っている。その中で、共和党が温暖化否定論サイドにあり、温暖化否定論は負けかけているが、まだ負けたわけではないので、"科学的不確かさ"を強調し続けることが効果的だと述べている。

==>The Environment: A Cleaner, Safer, Healthier America (Luntz Memo 2002)

The scientific debate is closing [against us] but is not yet closed. There is still a window of opportunity to challenge the science. Americans believe that all strange weather that was associated with El Nino had something to do with global warming, and there is little you can do to convince them otherwise. However, a handful of people believes the science of global warming is a close question. Most Americans want more information so that they can make an informed decision. It is our job to provide that information.

科学的議論は我々に不利な形で終わりかけているが、まだ終わっていない。まだ、科学に疑問を呈する機会が残っている。米国人はエルニーニュに伴う異常気象が地球温暖化と何らかの関係があると考えており、そうでないと納得させるためにできることはほとんどない。しかし、地球温暖化が答えが出た問題だと考えているのは少数である。大半の米国人は情報に基づいた決定するために、さらなる情報を求めている。その情報を提供するのが我々の仕事である。
Language that Works: “We must not rush to judgment before all the facts are in. We need to ask more questions. We deserve more answers. And until we learn more, we should not commit America to any international document that handcuffs us either now or in the future”.

[効果のある表現] 我々はすべての事実が明らかになる前に、決断を急いではいけません。我々はさらに問う必要があります。そして、その答えを得る価値があります。そして、我々がもっと多くを知るまで、我々に手械をはめるような国際文書に署名すべきではありません。
You need to be even more active in recruiting experts who are sympathetic to your view, and much more active in making them part of your message. People are willing to trust scientists, engineers, and other leading research professionals, and less willing to trust politicians. If you wish to challenge the prevailing wisdom about global warming, it is more effective to have professionals making the case than politicians. When you do enter the fray, keep your message short, concise, and refer to the source of the material you use. Back up your points with a limited number of facts and figures -- but then explain why they matter.

さらに積極的に、我々の見方に賛成する専門家を募り、我々のメッセージに積極的に加えていく必要がある。人々は科学者や技術者やその他研究の専門家たちを信じたがり、政治家を信じたがらない。地球温暖化についての普通の知恵に対抗するのであれば、政治家よりも専門家に論拠を述べさせる方が効果的である。論争に入ったら、自分のメッセージは短く簡潔にし、使っている素材のソースを参照すること。数を限った事実と図で自分の主張を補強すること。ただし、それらが何故に問題か説明すること。

On final science note: Americans have little trust in arguments relying on short-term data, such as mentioning that year X was the hottest on record or year Y was the coldest on record, etc. Even 15 years of satellite records, or modeling that shows rising sea level is not enough.

科学についての最終的な注記:米国人は、X年は最も暑かったとか、Y年は最も寒かったといった、短期間のデータに依存した論をほとんど信用しない。15年間の衛星観測データや海面上昇を示すモデルも十分ではない。
Words that Work: “Scientists can extrapolate all kinds of things from today’s data, but that doesn’t tell us anything about tomorrow’s world. You can’t look back a million years and say that proves that we’re heating the globe now hotter than it has been. After all, just 20 years ago scientist were worried about a new ice age.”

[効果のある表現] 科学者は現在のデータから、あらゆることを推定できますが、それは明日について何も語りません。過去百万年のデータを見ても、過去よりも将来に地球が暑くなると証明できません。結局のところ、たった20年前には科学者たちは新たな氷河期を心配していました。
この助言そのものは独創的ではない。主張そのものは既にDr. S Fred Singerが挙げており、宣伝方法はオゾン層破壊をめぐるものと血がていない。ただし、2009年現在にいたるも、温暖化否定論サイドの行動はこれにしたがったものになっている。Dr. S. Fred SingerやDr. Sallie BaliunasやDr. Willie SoonやDr. SI Akasofuなどの科学者、シミュレーションモデルの不確かさなどの温暖化否定サイドの主張、このラインで主張する政治家Jim Inhofe連邦上院議員など。

この2002年の助言について、Frank Luntzは2006年のBBCの番組の中で、当時は公正な助言だった、今となっては別だと述べている:
[Climate chaos: Bush's climate of fear (Transcript) (2006/09/04) on BBC]

Source:
The Environment: A Cleaner, Safer, Healthier America (Luntzメモ)

The environment is probably the single issue on which the Republicans in general, and President Bush in particular, are most vulnerable.

環境はおそらく共和党全般、特にブッシュ大統領が最も弱い点である。

REPORTER: It offered key advice, cast doubt over the science, questioned the notion that the world is getting hotter, asked if global warming is even real.

リポーター: Luntzメモは、科学に疑いを投げかけ、地球が暑くなっていることに疑問を呈し、地球温暖化が現実かどうか問うという、重要な助言を行っている。

The Environment: You need to continue to make the lack of scientific certainty a primary issue.

メモ: まずもって、科学的確かさの欠如を主張し続ける必要がある。

Dr FRANK LUNTZ -- Republican Pollster (共和党世論調査担当)
In 2000 the science was not definitive. There were plenty of people at that point who were challenging it.

Luntz: 2000年時点では科学は確定的ではなかった。それに疑問を呈する人々は多くいた。

REPORTER: The memo urged Republicans to seek out scientists who were doubters, and give them a voice.

リポーター: メモは共和党員に対して、懐疑的科学者をさがして、声を上げさせることを求めていた。

The Environment: Be even more active in recruiting experts who are sympathetic to your view, and much more active in making them part of your message.

メモ: さらに積極的に、我々の見方に賛成する専門家を募り、我々のメッセージに積極的に加えていく必要がある。

REPORTER: Otherwise, it implied, the Republicans were in grave danger of losing votes in the next elections.

リポーター: そのことは、そうしないと共和党が次の選挙(2002年)で大敗することを意味していた。

The Environment: Should the public come to believe that the scientific issues are settled, their views on global warming will change accordingly.

メモ: 人々が科学的問題が解決がついたと考えれば、地球温暖化についての人々の見方はそれに従って変わってしまう。

REPORTER: Today, Frank Luntz says the advice he offered the administration on global warming, was fair when he gave it, but he's distanced himself from their policy since.

リポーター: 今日、Frank Luntzは「ブッシュ政権に対して、地球温暖化について行った助言は、その時点では公正なものだった」と言っているが、彼は以後、政治から距離をとろうとしている。

LUNTZ: It's now 2006. Now I think most people will conclude that there is global warming taking place, and that the behaviour of humans is affecting the climate.

今は2006年である。今では私は、地球温暖化は起きていて、気候に人間の活動が影響を受けていると人々は結論していると考えている。




関連エントリ





posted by Kumicit at 2009/12/17 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック