2009/12/12

Letters from a dead man

英国BBCの"Threads"(1984)の後半と同様に、核戦争後を地味に描いた旧ソビエト映画"Letters from a dead man"(1986):



Dead Man's Letters

Dead Man's Letters(ロシア名: Письма мёртвого человека, Pisma myortvogo cheloveka)は、"Letters from a Dead Man"としても知られる、Konstantin Lopushansky監督、Lenfilm studios制作の1986年のSF映画である。

舞台は核戦争後のある街。核戦争はコンピュータエラーとミサイル発射を阻止できなかったオペレータの失敗により起きた。彼は誤りに気がついたが、珈琲にむせて指定時間以内にキャンセルコマンドを発声できなかった。街は破壊され、放射性物質に汚染された。街は厳格な警察支配下に置かれ、強くて完全に健康な者だけが地下のバンカーに保護収容された。ロラン・ブイコフ演じる主役はノーベル物理学賞受賞者で、歴史博物館だった建物の地下に残って、子供たちと大人たちの小さなグループが生き延びるのを助けていた。彼は心の中で息子エリックに手紙を書くことで生きていたが、それは明らかに決して読まれることはない。主役は科学がこのような惨状を招いたことに、ひどく心を痛めている。放射能によって多くの人々が死んでいる。彼は安全なバンカーを出て、死に瀕した孤児たちのもとへ戻り、少しの間、子供たちの面倒を見て、子供たちに希望を与える。そして、ほかの人々と同じように、彼も死んでいく。映画は子供たちが無人の荒野を彷徨う姿を映して終わる。彼らの未来はわからない。

posted by Kumicit at 2009/12/12 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。