2010/01/10

ウガンダのゲイ死刑法案から退避行動をとる米国福音主義者たち

2009年10月にウガンダ議会にゲイに対して死刑を含む刑罰を科す法案が提案された。

==>ウガンダの最高刑死刑な反ゲイ法案の背後に米国の福音主義団体 (2009/10/29)

これに対して欧米政府が外交的に行動に出ている。またスウェーデン政府が援助を取りやめている:
A new bill proposed by a Ugandan MP calls for gay people to be jailed for life or sentenced to death.

ウガンダ議会に、ゲイを終身刑あるいは死刑にする法案が提案されている

Sweden has said it would withdraw the £31m of aid it gives to Uganda each year if the proposal becomes law.

スウェーデンは、法案が成立した場合、毎年供与している3100万ポンドの援助を取りやめると述べた。

But the assembly government said its £75,000 is to help people in the region of Mbale, not the Ugandan government.

しかし、Welsh Assembly Governmentは7万5000ポンドはMbale地方の人々を支援するものであって、ウガンダ政府を支援するものではないと述べた。

[Welsh aid for Uganda despite gay death penalty plan (2009/12/23) on BBC]
米国政府もウガンダ政府に対して法案成立阻止を要請しているが、援助削減などの恫喝には出ていない:
The U.S. State Department's top Africa diplomat says approval by Uganda's parliament of a bill criminalizing homosexual activity would harm that country's world image and undercut the fight against HIV/AIDS. Assistant Secretary of State for African Affairs Johnnie Carson discussed the issue Friday with leaders of U.S. gay and lesbian groups concerned about the legislation pending in Kampala.

米国国務省アフリカ外交責任者は、ウガンダ議会が同性愛行動を非合法化する法案が成立した場合、ウガンダの国際イメージを傷つけ、HIV/AIDSとの戦いに悪影響が出るだろうと述べた。アフリカ外交担当Johnnie Carson国務次官補は、ウガンダ議会で審議中の法案を憂慮する米国のゲイ・レズビアン団体と金曜日に討議した。

...

Carson said he has spoken directly with Ugandan President Yoweri Museveni twice about the pending bill, most recently early this month when the Ugandan leader transited the United States after attending the Commonwealth Summit in Trinidad and Tobago.

Carson国務次官補はウガンダのYoweri Museveni大統領と直接2回にわたり、審議中の法案について会話した。直近ではウガンダ大統領が、今月初め(2009/12)のトリニダード・トバゴでの英連邦サミットに参加する際に米国に立ち寄ったときだった。

...

Carson said President Museveni, in contacts with U.S. officials, has distanced himself and his party from the legislation, and said he is concerned about its contents and implications.

He noted that Mr. Museveni is empowered to veto legislation from parliament and said the United States is urging him to let his principles guide him and do everything he can to see it that it does not become law.

Carson国務次官補は「Museveni大統領が米国当局との会談で、彼自身と彼の党が法案から距離をとっていて、法案の規定および意味合いを憂慮していると述べた。Museveni大統領には議会を通過した法案に対する拒否権がある。米国はMuseveni大統領に対して、法律が成立しないように、可能なことをすべてするように求めた」と述べた。

Carson also said the United States has not threatened Uganda with aid cuts or other punitive steps despite its concern about the issue. "We're not making any threats at this point. We think that it is in Uganda's interest to do the right thing on this legislation. President Museveni and his foreign minister know our concerns about it. We hope that they will exercise leadership in insuring that this legislation is not passed," he said.

Carson国務次官補は「米国はこの問題に憂慮しているが、ウガンダに対して援助の削減などの懲罰的措置によって恫喝していない。我々はこの点でいかなる恫喝も行っていない。我々はこの法案について正しいことを為すのはウガンダ自身の責任であると考えている。Museveni大統領と政権の外務大臣は我々の憂慮をよくわかっている。我々は彼らが指導力を発揮して、この法案が成立しないようにすることを期待している。」と述べた。

[US Says Anti-Gay Law Would Harm Uganda's Global Image (2009/12/19) on VoA]
ウガンダ大統領は法案成立を憂慮しているもよう。

そして、ウガンダ政府の大臣の一人がウガンダ国内で、法案撤回を求める発言した。
A Ugandan government minister has said that a proposed law which includes the death penalty for some homosexual acts is "not necessary".

ウガンダ政府の大臣のひとりが「同性愛行動に対して死刑を含む法案について、必要ではない」と述べた。

Aston Kajara, minister of state for investments, added that the government might put pressure on the MP behind the Anti-Homosexuality Bill to withdraw it.

Aston Kajara投資相は政府が議会に対して、反同性愛法案を撤回するように議会に圧力をかけるかもしれないと述べた。

[Uganda minister says gay death penalty 'unnecessary' (2010/01/08) on BBC]
国際的圧力もあって、ウガンダ政府は法案阻止へ動き始めているようだ。


さて、ここで、この法案の提案より前の2009年3月にウガンダを訪れた米国の福音主義キリスト教団体の3人がいる。
KAMPALA, Uganda ― Last March, three American evangelical Christians, whose teachings about “curing” homosexuals have been widely discredited in the United States, arrived here in Uganda’s capital to give a series of talks.

The theme of the event, according to Stephen Langa, its Ugandan organizer, was “the gay agenda ― that whole hidden and dark agenda” ― and the threat homosexuals posed to Bible-based values and the traditional African family.

米国では評判の悪い「同性愛の治療」を教えている、米国の福音キリスト教徒3人が2009年3月に一連の講演のためにウガンダの首都Kampalaに到着した。

イベントのテーマはウガンダ側のオーガナイザーStephen Langaによれば、「ゲイのアジェンダ、隠されたダークなアジェンダと、聖書を基盤とする価値観および伝統的アフリカの家族に対する同性愛の脅威」だった。

For three days, according to participants and audio recordings, thousands of Ugandans, including police officers, teachers and national politicians, listened raptly to the Americans, who were presented as experts on homosexuality. The visitors discussed how to make gay people straight, how gay men often sodomized teenage boys and how “the gay movement is an evil institution” whose goal is “to defeat the marriage-based society and replace it with a culture of sexual promiscuity.”

その3日間に、参加者や録音によれば、警官や教師や中央政治家を含む何千人ものウガンダ人が、同性愛者の専門家だと紹介された米国人の話を熱心に聞き入った。米国人たちはゲイの人々を異性愛にもどす方法や、ゲイの男性がティーンエイジの少年とどうやって同性愛行動を行うか、そして、ゲイ運動が「結婚を基礎とする社会を破壊して、性的に混乱した社会へと転換することを最終目標とする」悪の組織であることを論じた。

Now the three Americans are finding themselves on the defensive, saying they had no intention of helping stoke the kind of anger that could lead to what came next: a bill to impose a death sentence for homosexual behavior.

そして、この3人の米国人たちは守勢に立たされていることに気づいて、次に来るもの、すなわち同性愛行動に対する死刑を定めた法案につながるような種類の怒りをかきたてる意図はなかったと述べた。

One month after the conference, a previously unknown Ugandan politician, who boasts of having evangelical friends in the American government, introduced the Anti-Homosexuality Bill of 2009, which threatens to hang homosexuals, and, as a result, has put Uganda on a collision course with Western nations.

イベントの1ヶ月後に、これまで名の知られていなかったウガンダの政治家が、米国政府の福音主義キリスト教徒な友人がいることを自慢して、2009年の反同性愛法案の提案した。これにより同性愛者たちは死刑の脅威にさらされ、結果としてウガンダを西洋国家たちとの衝突コースに入れた。

[JEFFREY GETTLEMAN: "Americans’ Role Seen in Uganda Anti-Gay Push (2010/01/03) on NY Times]
そして、ウガンダでの反同性愛に関与した米国人福音キリスト教徒たちは全力退避を始めた:
The three Americans who spoke at the conference ― Scott Lively, a missionary who has written several books against homosexuality, including “7 Steps to Recruit-Proof Your Child”; Caleb Lee Brundidge, a self-described former gay man who leads “healing seminars”; and Don Schmierer, a board member of Exodus International, whose mission is “mobilizing the body of Christ to minister grace and truth to a world impacted by homosexuality” ― are now trying to distance themselves from the bill.

イベントで講演した3人の米国人は、「あなたの子供を陸軍新兵にする7ステップ」など同性愛に化する本を書いたScott Liveryと、自称元ゲイで"ゲイ治療セミナー"を指導するCaleb Lee Brundidgeと、同性愛の影響を受ける世界に優美と真理を広めるためにキリスト教団体を動員することをミッションとする"Exodus International"の理事である Don Schmiererで、彼らは今や法案から距離をとろうとしている。

“I feel duped,” Mr. Schmierer said, arguing that he had been invited to speak on “parenting skills” for families with gay children. He acknowledged telling audiences how homosexuals could be converted into heterosexuals, but he said he had no idea some Ugandans were contemplating the death penalty for homosexuality.

“That’s horrible, absolutely horrible,” he said. “Some of the nicest people I have ever met are gay people.”

Schmierer氏は「私は騙されたと思う。自分はゲイの子供を持つ家族に対して"育児技術"について講演するように招待された。聴衆に対して同性愛者たちをどうやって異性愛に転換するかについて話したが、ウガンダが同性愛に対して死刑を考えているとは思ってもみなかった。それは恐ろしい。まったく恐ろしい。私がこれまでに会った最も素敵な人々の何人かは、同性愛者だった」と述べた

[JEFFREY GETTLEMAN: "Americans’ Role Seen in Uganda Anti-Gay Push (2010/01/03) on NY Times]
全力回避行動中のScott Livelyは、イベントがあった2009年3月に次のように書いていた。
And remember that homosexuality is literally illegal in this country. Imagine how bad things would be if the criminal law were abandoned. By the way, the false accusation against me, now circulating in the US, is that I called on the Ugandan government to force homosexuals into therapy. What I actually said is that the law against homosexuality should be liberalized to give arrestees the choice of therapy instead of imprisonment, similar to the therapy option I chose after being arrested for drunk driving in 1985 (during which time I accepted the Lord and was healed and transformed into a Christian activist).

この国(ウガンダ)では同性愛は文字通り非合法である。刑法がなくなることが、どれだけ悪いことか想像してみよう。それはさておき、私に対して誤った指弾が米国を駆け巡っている。私がウガンダ政府に対して同性愛者の矯正治療を求めているのだという。しかし、私が実際に言ったことは、反同性愛法は逮捕された者が収監ではなく治療を望めば釈放すべきだというもので、これは私が1985年に飲酒運転で逮捕されたときに治療を選択したのと同様のことである。このとき私は神を受け入れ、癒されて、キリスト教活動家になった。

...

On the positive side, my host and ministry partner in Kampala, Stephen Langa, was overjoyed with the results of our efforts and predicted confidently that the coming weeks would see significant improvement in the moral climate of the nation, and a massive increase in pro-family activism in every social sphere. He said that a respected observer of society in Kampala had told him that our campaign was like a nuclear bomb against the "gay" agenda in Uganda. I pray that this, and the predictions, are true.

良い面として、私を招待した、KampalaでのミニストリのパートナーでもあるStephen Langaは、我々の努力を喜び、自信を持って、ウガンダの倫理の雰囲気が今後数週間で大きく改善し、社会のあらゆるところに家族を優先する活動が大きく増えることを予言した。彼は、Kamplaの社会の敬意を払われているオブザーバーから、我々の運動がウガンダでゲイのアジェンダに対して核爆弾のようなものだと告げられた。私はこれと、予言が真実になるように祈る。

[Dr. Scott Lively: " Report from Uganda (2009/03/17)]
posted by Kumicit at 2010/01/10 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。