2010/01/14

創造論な理科教育をするキリスト教学校がUniversity of Californiaを訴えた裁判

米国の進化論教育を守るNational Center for Scinece Educationによれば、生物学で創造論を教えるキリスト教学校がUniversity of Californiaを訴えた裁判控訴審判決で、訴えを退けられた。

この裁判は、University of California創造論を支持する生物学教科書で教育を受けた生徒に入学資格を与えなかったことに対する高校側からの裁判である。なお、原告側の証人としてインテリジェントデザイン生物担当Dr. Michael Beheが立っている。
In a January 12, 2010, ruling, the Ninth Circuit Court of Appeals affirmed a federal district court's summary judgment in favor of the University of California system in ACSI et al. v. Stearns et al. The case, originally filed in federal court in Los Angeles on August 25, 2005, centered on the University of California system's policies and statements relevant to evaluating the qualifications of applicants for admission. The plaintiffs — the Association of Christian Schools International, the Calvary Chapel Christian School in Murrieta, California, and a handful of students at the school — charged that the university system violated the constitutional rights of applicants from Christian schools whose high school coursework is deemed inadequate preparation for college.

2010年1月12日、第9巡回控訴裁判所は連邦地方裁判所におけるACSI et al. v. Stearns et al.裁判におけるUniversity of Californiaを支持する略式判決を支持する判決を出した。この裁判は最初は2005年8月25日にLos Angelesの連邦裁判所に訴えが出され、原告側の入学志願者の資格評価に関するUniversity of Californiaの方針および声明を対象としていた。原告であるthe Association of Christian Schools InternationalとMurrietaにあるthe Calvary Chapel Christian Schoolと数名の学校生徒は、大学教育には不十分な準備教育だとみなされるキリスト教学校からの志願者の憲法上の権利を大学が侵していると訴えた。

Creationism was not the only issue in the case, to be sure, but it was conspicuous. The plaintiffs objected to the university system's policy of rejecting high school biology courses that use textbooks published by Bob Jones University Press and A Beka Books — Biology: God's Living Creation and Biology for Christian Schools — as "inconsistent with the viewpoints and knowledge generally accepted in the scientific community." Michael Behe, a proponent of "intelligent design" creationism, defended the textbooks, while Donald Kennedy and Francisco J. Ayala (a Supporter of NCSE) contended that they were inappropriate for use as the principal text in a college preparatory biology course. The trial judge was unpersuaded by Behe's defense.

創造論だけが問題でないのは確かだが、陰謀的でもあった。原告は、Bob Jones University PressおよびBeka Booksの出版している教科書「生物学:キリスト教学校のための神の生ける創造と生物学」を科学界の一般的に認められている視点および知識に反するものとして拒否する大学の方針に異議を唱えた。インテリジェント創造論支持者Michael Beheがこの教科書を擁護し、Donald KennedyとNCSE支持者であるFrancisco J. Ayalaが大学教育の準備において主たる教科書として使うには不適切だと主張した。予審判事はBeheの擁護には説得されなかった。

After the trial judge granted the defendants' motion for summary judgment on August 8, 2008, the plaintiffs promptly appealed, asserting, inter alia, that the University of California's policy on high school biology courses "constitutes viewpoint discrimination, content discrimination, and content-based regulation, which conflict with the First Amendment." Of particular interest in the preparation from the appeal was the California Council of Science and Technology's amicus curiae brief. Coauthored by attorneys from Pepper Hamilton LLP who were part of the legal team representing the plaintiffs in Kitzmiller v. Dover, the 2005 case over "intelligent design" creationism, the brief argued, "Students educated with these textbooks will not be adequately prepared for science courses."

2008年8月8日に、予審判事が被告の行動を略式裁判で支持した後、すぐに原告は、高校生物学課程についてのUniversity of Californiaの方針が憲法修正第1条に反する視点差別・内容差別・内容ベースの規制にあたると主張した。訴えの準備で特に関心を持つべきは、California Council of Science and Technologyの法廷助言者要約だった。2005年のインテリジェントデザイン創造論に対するKitzmiller v. Dover裁判の原告の弁護団に参加していたPepper Hamilton LLPの弁護士が共同執筆した要約は、「これらの教科書で教育を受けた生徒は科学コースの適切な準備ができない」と論じている。

The Ninth Circuit affirmed the trial court's ruling that the University of California's policy was constitutional on its face and as applied, writing (PDF), "The plaintiffs have not alleged facts showing any risk that UC's policy will lead to the suppression of speech. ... the plaintiffs fail to allege facts showing that this policy is discriminatory in any way. ... The district court correctly determined that UC's rejections of the Calvary [Baptist School] courses [including a biology class that used Biology: God's Living Creation] were reasonable and did not constitute viewpoint discrimination. ... The plaintiffs assert a myriad of legal arguments attacking the district court's decision, all of which lack merit." Documents from the case are available on NCSE's website, in a special section devoted to ACSI v. Stearns.

第9巡回控訴裁判所は、「原告はUniversity of Californiaの方針が言論の自由の抑圧につながる危険性を示す事実を提示できなかった。...原告は方針がどんな形であれ差別であることを示す事実を提示できなかった。連邦司法裁判所は教科書"生物学:キリスト教学校のための神の生ける創造と生物学"を含むCalvary Baptist Schoolの教育課程を受け入れなかったUniversity of Californiaの決定は合理的であり、視点差別を構成しないと正しく判決した。原告は地方裁判所の判決に対して、大量の法的論点で攻撃したが、そのすべてが効果を持たない。」として、University Californiaの方針及び適用が合憲であるという略式裁判判決を支持した。

[Victory again in California creationism case (2010/01/12) on National Center for Science Education]
宗教学校が理科の授業で創造論を教えることを妨げないが、それは理科教育ではないと大学がみなすのは正当であるという着地点である。それはそれで問題だが、公的支援を受けていなければ手が出せないのが米国の現状である。



posted by Kumicit at 2010/01/14 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。