2010/01/21

否定論・科学・宗教 in 米国

米国の進化論教育を守るNational Center for Science EducationのプロジェクトディレクターであるSteven Newtonが科学否定論について科学の正統性そのもに攻撃を仕掛けているという:
From evolution to global warming to vaccines, science is under assault from denialists--those who dismiss well-tested scientific knowledge as merely one of many competing ideologies. Science denial goes beyond skeptical questioning to attack the legitimacy of science itself.

進化論から地球温暖からワクチンまで、科学は否定論者、すなわち、よく検証された科学的知識を多数ある競合するイデオロギーだと片づける者たちの攻撃を受けている。科学否定は懐疑的疑問をはるかに超えて、科学の正統性そのもに攻撃を仕掛けている。

Recent foment over stolen e-mails from a British research group inspired an American creationist organization to pronounce that "a cabal of leading scientists, politicians, and media" has sought to "professionally destroy scientists who express skepticism" about climate change. The Discovery Institute usually reserves this kind of over-the-top language to attack evolution, so it was remarkable to see it branch out to climate-change denial.

英国の研究グループから盗まれた電子メールについての最近の騒ぎにのって、とある米国の創造論団体は「主要な科学者と性以下とメディアの秘密グループ」が気候変動について「専門的に懐疑論を表明する科学者たちを滅ぼそうとした」と主張した。Discovery Instituteはいつも、この種のド派手な表現で進化論を攻撃しているおり、それが気候変動否定論にも現れたことは注目に値する。

[Steven NewtonSteven: "Science Denial on the Rise"(勃興する科学否定) (2010/01/06) on Huffington Post]
このような動きは、主として文系の人材によって構成されるインテリジェントデザイン運動などに見られる。たとえば、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteは次のように記して、科学とのイデオロギー闘争という視点を持っていることを明らかにしている。
The proposition that human beings are created in the image of God is one of the bedrock principles on which Western civilization was built. Its influence can be detected in most, if not all, of the West's greatest achievements, including representative democracy, human rights, free enterprise, and progress in the arts and sciences.

人間が神の形に似せて創られたという命題は、西洋文明が構築された基盤原則のひとつである。その影響は、そのすべてでないにせよ、代議制民主主義、人権、企業活動の自由や芸術および科学の発展を含む西洋の偉大な業績の多くに見られる。

Yet a little over a century ago, this cardinal idea came under wholesale attack by intellectuals drawing on the discoveries of modern science. Debunking the traditional conceptions of both God and man, thinkers such as Charles Darwin, Karl Marx, and Sigmund Freud portrayed humans not as moral and spiritual beings, but as animals or machines who inhabited a universe ruled by purely impersonal forces and whose behavior and very thoughts were dictated by the unbending forces of biology, chemistry, and environment. This materialistic conception of reality eventually infected virtually every area of our culture, from politics and economics to literature and art.

一世紀少し前に、この基本的な考え方は、現代科学の発見に近づく知識人による大規模の攻撃を受けた。伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、チャールス・ダーウィンやカール・マルクスおよびジーグムント・フロイトのような思想家は、人間をモラルと精神的な存在ではなく、純粋に非人格な力によって規定された宇宙に居住する動物や機械であって、その挙動とまさに思考が確固たる生物学と化学と環境に支配されていると描写した。現実に対するこの唯物論的考え方は結局、政治家や経済から文学や芸術まで我々の文化の事実上すべてに感染した。

The cultural consequences of this triumph of materialism were devastating. Materialists denied the existence of objective moral standards, claiming that environment dictates our behavior and beliefs. Such moral relativism was uncritically adopted by much of the social sciences, and it still undergirds much of modern economics, political science, psychology and sociology.

この唯物論の勝利の文化的影響は破滅的であった。唯物論者は客観的な道徳規準の存在を否定し、我々の挙動と信念を環境が支配すると主張した。そのような道徳の相対主義は、社会科学の多くの分野で無批判に採用され、現代の経済学や政治学や心理学や社会学の多くの基盤となっている。

[The Wedge Document ()]
しかし、これは局地的な傾向かもしれない。

米国人は欧州人と比べて、はるかに科学と宗教を信仰しているとの指摘する人々がいる。ドイツSpiegelに掲載された記事はそれを指摘する:
So if Americans are, on the whole, more religious than most Europeans, it does not follow that they have less overall faith in science. Societies with a strong faith in science can also have strong religious beliefs. True, proportionately fewer Americans firmly agree with the Darwinian theory of evolution than any Europeans other than in Northern Ireland.

もし、全体として米国人が欧州人より宗教的だとしても、米国人が科学への信頼が欧州人より小さいということにはならない。科学への信頼の強い社会は宗教信仰も強くなりうる。北アイルランドを除き、どの欧州諸国よりも米国人はダーウィンの理論を正しいと考えない。

But, in other respects, Americans believe in the Enlightenment project of human reason's ability to understand and master nature. They fall in the European middle ground in approving animal testing to save human lives. Perhaps most tellingly, more American pupils agree with the statement that science helps them understand the world than in any European nation other than Italy and Portugal.

しかし、別の面では、米国人は自然を理解し支配する人間の理性の力を啓蒙するプロジェクトを信じている。米国人は、人命を救うための動物実験を容認するという欧州人のミドルグランウンドに落ち着く。おそらく、それをもっとも明確にしているのは、米国の生徒たちは、イタリアとポルトガルを除く欧州諸国よりも多く、「科学は世界を理解するのに役立つ」に同意していることだ。

[Peter Baldwin: "Is the US Really a Nation of God-Fearing Darwin-Haters?" (2009/06/06/) on Spiegel]
また、University of Wisconsinの科学史研究者Ron NumbersはPBSでのインタビューで次のように述べている。
QUESTION: So, in a certain sense, doesn't this represent some sort of divide between religion and science?
それでは、ある意味で、これは宗教と科学のある種の分裂を意味しませんか?

MR. NUMBERS: To me, the struggle in the late 20th Century between creationists and evolutionists does not represent another battle between science and religion because rarely do creationists display hostility towards science. If you read their literature, you'll rarely come across an anti-scientific notion. They love science. They love what science can do. They hate the fact that science has been hijacked by agnostics and atheists to offer such speculative theories as organic evolution. So, they don't see themselves as being antagonistic to science any more than many of the advocates of evolution - those who see evolution as God's method of creation - view themselves as hostile to Christianity.

私にとって、20世紀後半の創造論者と進化論者の戦いは、科学と宗教の戦いの新たな局面ではない。それは、創造論者たちは科学に敵対的になることは、ほとんどないからだ。彼らの文献を読めば、反科学的な概念に出会うことはまずないだろう。彼らは科学が好きだ。そして彼らは科学ができることが好きだ。彼らは、科学が不可知論者によって乗っ取られたという事実と無神論者が生物進化のような推測の理論を提供するのを嫌う。彼らは、進化論支持者すなわち、進化を神の創造だと見る人々が自らをキリスト教に敵対すると考える以上に、自分たちが科学に敵対しているとは見ていない。


「創世記を事実と信じながら、科学が好きだ」という気分はちょっと想像しがたいかもしれない。

でも、おそらくこんな雰囲気だと思われる:
My father knew no science.

My Dad knew no science. Not that I find that surprising; he trained as a high-school math teacher around the time of the Depression, and later became a CPA. From his late 20s on, he worked in Christian missionary endeavours, as accountant, general manager and eventually as founder of his own mission agency. On weekends, he preached.

So science wasn't a topic he needed to deal with.

However, he did have an interest in it. It could be used to "prove" the truth of the Bible. I remember how he took us kids several times to see the Moody Bible Institute "Sermons from Science" and the man who let millions of volts of electricity run through his body and turn his fingers into spark plugs. (Now run by Whittier Christian Schools.) The object? To show us how important it is to connect to the power of God.

In the 1980s, he was supporting ICR, the Institute for Creation Research, and passing on their newsletters. I never heard him discuss any of the "sciencey" articles; it wasn't his cup of tea. But he told anyone who would listen how they showed the errors and outright dishonesty of "the evolutionists". And, of course, proved that the Bible had been inerrant all along.

In his final years, half-blind and increasingly frail, he discovered Ken Ham and Answers in Genesis. And their Niagara of books, pamphlets, tapes, tracts, magazines, articles and videos. Everything in bright, beautiful covers, easily readable fonts, with clear illustrations and simple language. Simple enough even for Dad to understand. He began to read "science" for the first time in his life. Wonderful information, he thought; he repeated choice bits to me when I visited. (And was disappointed when I wasn't impressed, deaf when I tried to explain the basic concepts and point out fallacies.)

He began using AIG materials as gifts. He passed them out to new converts and to prospective converts. He stocked the church library with them.

He was on a limited budget; in his missionary years, he had made no provision for the future. "God will provide," he always said. And in his 80s, scrimping on the basic senior's pension, he made no complaints; what God had provided must necessarily be all he needed.

But AIG was doing a great work for God, and needed the money. So Dad put an automatic payment to them into his budget. And continued to buy books and tapes. (This was on top of his tithe to the church.)

He needed more care, himself, but there was no money left to pay for a homemaker, or even a cleaning woman. I went out weekly and did as much as I could; church people mended his clothes and brought food, neighbours checked on him. But there was always a shortfall.

When he died, at 92, and I picked up the reins of his finances, I found that month's bill from AIG: $70. For DVDs. To give away, of course; Dad had no TV, no DVD player, no video player: he was almost blind.

And he had, stacked by the door to hand out to visitors, a pile of new, expensive AIG books.

I must confess that I destroyed them. With prejudice.

And I won't be sending a donation for Ham's new Creation Museum. Dad would have. He knew no science.

父は科学を知りませんでした。

父は科学を知りませんでした。それは驚くことではありませんでした。父は恐慌の頃に数学の先生になる教育を受けて、その後に公認会計士になりました。父は20歳代終わりからキリスト教伝道会で会計、そして代表として働き、最後には自分で伝道会を創設しました。そして週末に説教をしていました。

ですので、父は科学と関わる必要はなかったのです。

でも、父は科学に興味がありました。科学によって聖書の真理が"証明"できるかもしれないからです。父が、子供だった私たちを連れてムーディ聖書研究所の"科学からの説教"(Sermons from Science)に、数百万ボルトの電気を体に通して、指先を点火プラグにする男を何度か見に行ったことを覚えています(今ではWhittier Christian Schoolsが運営しているものです)。目的は?私たちに神の力とつながっていることが、重要だと教えるためでした。

1980年代には、父はInstitute for Creation Research(ICR)を応援していて、会報を回覧していました。私は父が科学っぽい記事について話しているのを聞いたことがありません。そういう記事は父の好みではありませんでした。話を聞いてくれた誰にでも、父は"進化論者"の誤りと明確な不正直をICRがどのように示して見せたかを話していました。そして、もちろん聖書が無謬だと証明されたことも。

父は晩年、半ば目が見えなくなり、ますます意志薄弱になって、Ken HamとAnswers in Genesisを、そして山のような本やパンフレットやテープや小冊子や雑誌や記事やビデオを見出しました。それはみんな美しく装丁され、読みやすいフォントと鮮明なイラストとわかりやすい言葉で書かれていました。父でもわかるくらいに十分に簡単に。父は人生で初めて、"科学"というものを読みました。素晴らしい知識だと父は思ったようです。私が父のもとを訪れると、父は決まって、そのすばらしい話をしました。そして、私が感銘を受けないことにがっかりしていました。私が基本的な考え方を説明して、誤りを指摘しようとしても耳を貸しませんでした。

父はAnswers in Genesisの教材を贈り物に使うようになりました。父はそれらを新しく転向した人や、いずれは転向するだろう人に配りました。父は教会の図書室にストックしていました。

父にはお金の余裕はありませんでした。伝道していた頃、父は将来への備えをしていませんでした。「神が備えてくれます」と父はいつも言っていました。父は80歳代になって、わずかな基礎老齢年金しかありませんでしたが、不平を言うことはありませんでした。神が与えてくれるものが、父が必要とするすべてのはずだったからです。

しかし、Answers in Genesisは神のために素晴らしい仕事をしていて、お金を必要としていました。ですので、父はAnswers in Genesisへの自動支払いに、お金を振り向けていました。そして、本やテープを買い続けました。これは父の、教会への十分の一税の最優先のものでした。

父自身がもっとケアを必要としていましたが、家政婦どころか掃除婦へ支払うお金もありませんでした。私は毎週、父のところへ出かけて、できる限りのことをしました。教会の人々は父の服を繕い、食べ物を持ってきました。隣人たちは父が困っていないか見ていました。しかし、それでも父には足りませんでした。

92歳で父が亡くなって、私は父の財布を手にして、そこにAnswers in Genesisからの、その月の70ドルの請求書を見出しました。DVD代金の請求書でした。もちろん、誰かにあげるためのです。父はテレビもDVDプレイヤーもビデオプレイヤーも持っていませんでした。父はほとんど目が見えなかったのです。

そして、訪れた人に贈るための真新しい高価なAnswers in Genesisの本がドアのわきに積み上げられていました。

私はそれらを嫌悪感から処分したことを認めましょう。

そして私はHamの新しい創造博物館への寄付を贈りません。父は既に多くの寄付をしていましたから。父は科学を知りませんでした。

[My father knew no science. (2007/05/24) on Wanderin' Weeta (With Waterfowl and Weeds) ]
posted by Kumicit at 2010/01/21 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
Discovery Instituteの西洋中心史観、笑えますね、
というか笑えないのか。

そもそも現代民主制の直接的起源は、アメリカ先住民の社会(イロコイとか)というのが有力な説かと思っておりましたが。
Posted by Morrison at 2010/01/24 04:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。