2010/01/18

DailyMailの飛ばし記事...というより捏造記事

地球は小氷期に向かっているというDailyMailの記事(2010/01/10)で取り上げられたMojib Latif教授が反論したことを前のエントリで取り上げた。

同じDailyMailの記事で言及された、もう一人の研究者Anastasios A. Tsonisについて、Geophy Res Lett掲載論文を見てみた。その結論部分で...
[Kyle L. Swanson and Anastasios A. Tsonis: "Has the climate recently shifted?", Geophys. Res Lett, 36, L06711, doi:10.1029/2008GL037022.] (PDF)

If as suggested here, a dynamically driven climate shift has occurred, the duration of similar shifts during the 20th century suggests the new global mean temperature trend may persist for several decades. Of course, it is purely speculative to presume that the global mean temperature will remain near current levels for such an extended period of time. Moreover, we caution that the shifts described here are presumably superimposed upon a long term warming trend due to anthropogenic forcing. However, the nature of these past shifts in climate state suggests the possibility of near constant temperature lasting a decade or more into the future must at least be entertained. The apparent lack of a proximate cause behind the halt in warming post 2001/02 challenges our understanding of the climate system, specifically the physical reasoning and causal links between longer time-scale modes of internal climate variability and the impact of such modes upon global temperature. Fortunately, climate science is rapidly developing the tools to meet this challenge, as in the near future it will be possible to attribute cause and effect in decadal scale climate variability within the context of a seamless climate forecast system [Palmer et al. 2008]. Doing so is vital, as the future evolution of the global mean temperature may hold surprises on both the warm and cold ends of the spectrum due entirely to internal variability that lie well outside the envelope of a steadily increasing global mean temperature.

ここで示唆した通り、動的に誘導される気候シフトが起きたとすれば、20世紀における同様のシフトの期間から、新たな全地球平均気温トレンドは数十年持続することが示唆される。もちろん、そのような期間にわたって現状のレベルで全地球平均気温がとどまるというのはまったくの憶測である。さらに、我々はここで記述した気候シフトが、人間によって推進されている長期温暖化トレンドに重ねあわされることに注意しておきたい。しかし、過去の気候状態におけるシフトの性質から、ほぼ一定な気温が10年以上にわたって続く可能性を考慮すべきである。2001〜2002年の温暖化の停止の背後にある至近の明らかな原因がないことは、気候システムに対する我々の理解、特に長期時間スケールのモードの内部気候変動性と、そのようなモードの地球温暖化への影響の物理的推論と因果関係について疑問を呈する。幸いにも、このような疑問に対して、気候科学は急速に発展しており、近い将来には、シームレスな気候予測システムの範囲内で、10年スケールの気候変動性の原因と影響を特定することが可能になるだろう[Palmer et al. 2008]。また、そうすることが不可欠である。全地球平均気温の安定的な上昇のエンベロープの範囲外にある内部気候変化による、全地球平均気温の将来の変化のスペクトルの温暖側と寒冷側の両端で思いがけないことになるかもしれないからだ。

Finally, it is vital to note that there is no comfort to be gained by having a climate with a significant degree of internal variability, even if it results in a near-term cessation of global warming. It is straightforward to argue that a climate with significant internal variability is a climate that is very sensitive to applied anthropogenic radiative anomalies (c.f. Roe [2009]). If the role of internal variability in the climate system is as large as this analysis would seem to suggest, warming over the 21st century may well be larger than that predicted by the current generation of models, given the propensity of those models to underestimate climate internal variability [Kravtsov and Spannagle 2008].

最後に、至近に地球温暖化が停止するとしても、大きな内部変動が気候にあることによって、何ら安心できるわけではない。気候が大きな内部変動性を持つことは、人間起源の放射性アノマリにも非常に敏感だということになるからだ[cf. Roe 2009]。もし、気候システムの内部変動性の役割が本研究も示唆する程度の大きさを持っているなら、内部変動性を過小評価している現行世代の気候モデル[Kravtsov and Spannagle 2008]が予測するよりも、21世紀の温暖化は大きくなることが示唆される。

Kravtsov, S. and C. Spannagle (2008), Multi-decadal climate variability in observed and simulated surface temperatures. J. Clim., 21, 1104–1121.
Palmer, T.N., F.J. Doblas-Reyes, A. Weisheimer and M. Rodwell (2008). Towards ”seam224 less” prediction: Calibration of climate-change projections using seasonal forecasts. Bull. Am. Met. Soc., 89, 459–470.
Roe, G., 230 Feedbacks, timescales, and seeing red (2009), Ann. Rev. Earth Plan. Sci., 37, 231 doi:10.1146/annurev.earth.061008.134734.
結果はスペキュラティブ(憶測)ではあるが、もし正しければ、温暖化問題を気にする必要がなくなるどころか、21世紀の温暖化は従来モデルの予測より大きくなる可能性を示唆している。

DailyMailによる研究の使い方は、Mojib Latif教授の場合と同様とみていいだろう。


posted by Kumicit at 2010/01/18 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック