2010/01/30

フェイクなデータのDr. Wakefieldの研究遂行方法についての英国GMCの判断

「自閉症はMMRワクチンの水銀が原因だ」と主張するDr. Andrew Wakefieldの1998年のLancet掲載論文のデータがフェイクだったことが昨年(2009)明らかになった。


BBCの報道によれば、そのDr. Andrew Wakefieldを、研究結果の正否ではなく、研究過程の倫理性について、英国GMC(General Medical Council 医療委員会)が2年半にわたって調査し、不誠実で無責任だったと判断した。
The verdict, read out by panel chairman Dr Surendra Kumar, criticised Dr Wakefield for the invasive tests, such as spinal taps, that were carried out on children and which were found to be against their best clinical interests.

The panel said Dr Wakefield, who was working at London's Royal Free Hospital as a gastroenterologist at the time, did not have the ethical approval or relevant qualifications for such tests.

調査パネルのDr. Surendra Kumarが読み上げた答申で、子供たちに対して実施され、最良治療に反するものだと判明した、脊椎穿刺などの侵襲な検査についてDr. Wakefieldを批判した。

調査パネルは「当時ロンドンのRoyal Free Hospitalに胃腸消化器病担当として勤めていたDr. Wakefieldは、そのような検査を行う倫理承認を受けておらず、関連資格も持っていなかった」と述べた。

The GMC also took exception with the way he gathered blood samples. Dr Wakefield paid children £5 for the samples at his son's birthday party.
Dr Kumar said he had acted with "callous disregard for the distress and pain the children might suffer".

He also said Dr Wakefield should have disclosed the fact that he had been paid to advise solicitors acting for parents who believed their children had been harmed by the MMR.

英国GMCは血液サンプル収集方法を批難した。Dr. Wakefieldは自分の息子の誕生パーティで、子供ひとりあたり5ポンド支払った。Dr. Kumarは「Dr. Wakefieldは子供が受ける苦痛や痛みに無神経に無関心だった。Dr. Wakefieldは、子供がMMRによって損害を飢えkたと信じる親たちを担当する事務弁護士から顧問料を受け取っていたことを公表すべきだった。」と述べた。

Two of Dr Wakefield's former colleagues at the Royal Free were also ruled to have broken guidelines.

Professor John Walker-Smith and Professor Simon Murch both helped Dr Wakefield carry out the research.

Royal Free HospitalのDr. Wakefieldの二人の元同僚もガイドライ違反だと判断された。John Walker-Smith教授とSimon Murch教授はともに、Dr. Wakefieldの研究実行を支援した。

...

The GMC now has to consider whether Dr Wakefield's behaviour, and that of his colleagues, amounts to serious professional misconduct and then if any sanctions should be imposed, such as striking them off the medical register.

However, a ruling is not expected for some months.

英国GMCは、Dr. Wakefield及び同僚の行動が、重大な不法行為であり、医師登録抹消のような処罰が必要か検討する。しかし、その判断は数か月以内には出ないと思われる。

[Nick Triggle: "MMR scare doctor 'acted unethically', panel finds" (2010/01/28) on BBC]
英国GMCの判断は、MMRと自閉症の関係の有無に関わらず、研究の遂行方法に対するものである。

これについて、Dr. Andrew Wakefieldは事実無根だと述べている。また、Dr. Wakefieldを支持する、自閉症児の親たちはこの判断を批難してる:
The panel chairman was heckled by supporters of the doctors during his delivery of the verdicts.

One woman shouted: "These doctors have not failed our children. You are outrageous."

Another person in the public gallery said it was a "kangaroo court".

A small group of supporters also expressed their support for Dr Wakefield and his colleagues outside the GMC's London headquarters。

Joan Campbell, 51, from Glasgow, who believes the MMR jab caused her son to develop autism, said: "It is atrocious. They were just trying to protect children."

調査パネル委員長は答申を読み上げている間、医師の支持者からやじられた。

ある女性は「この医者たちは子供たちに何も悪いことはしてない。あんた、めちゃくちゃだ」と叫んだ。

傍聴席のひとりは「いんちき裁判だ」と言った。

小さな支持グループは、ロンドンの英国GMCの外でDr. Wakfieldと同僚への支持を表明した。

グラスゴーのJoan Cambell(51歳)は、MMRワクチンが息子を自閉症にしたと信じていて「話にならない。彼らは子供たちを守ろうとしただけ」と述べた。
この親たちは、自閉症の子供が社会でやっていくための教育を行った上で、なおかつDr. Wakefield支持をしているなら、MMRワクチン否定論による感染拡大という被害を他人に与えているものの、自分の子供は守っていることになるだろう。しかし、そうでないなら、自分の子供すら守っていない。


posted by Kumicit at 2010/01/30 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。