2010/02/06

ミシシッピ州下院の反進化論州法案HB586が廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Scinece Educationによれば、昨年に続き、今年もミシシッピ州下院に反進化論州法案が提案されたが、さっそく廃案になった。。
Mississippi's House Bill 586, which if enacted would have required "scientifically sound arguments by protagonists and antagonists of the theory of evolution" to be presented in the state's schools, died in committee on February 2, 2010, according to the legislative website. In 2009, the bill's sponsor, Gary Chism (R-District 37), introduced a bill, HB 25, requiring biology textbooks in the state to include a hybrid of two previous versions of the Alabama evolution textbook disclaimer; that bill also died in committee.

成立すれば「進化論の支持者と敵対者の科学的に正しい論」を州の公立学校で提示することを義務付けるミシシッピ州下院の州法案HB586は、州議会サイトによれば2010年2月2日に委員会で廃案になった。州法案の提案者Gary Chism(共和党District 37選出)は2009年に、州で使う生物学の教科書にアラバマ州の教科書のステッカーの古いバージョン2つをつなげたものを注意書きを義務付けるHB25を提案していた。その州法案も委員会で廃案になっている。

[Antievolution bill in Mississippi dies (2010/02/03) on National Center for Scinece Education]




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2010年の審議中の反進化論州法案は1月18日現在で2個:



2009年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

2009年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2010/02/06 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140195605
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック