2010/02/12

ホメオパシーの効能を"教育用"サイトに書いて、レメディを通販サイトで売ってた英国薬局チェーンBoots

ホメオパシーを批判する10:23キャンペーンの主催者である英国のMerseyside Skeptics Societyは、2010年1月26日付で英国の医薬関連の規制当局であるMHRAに対して、「効くからではなく客が求めるからホメオパシーレメディを売っている」でおなじみの英国の薬品チェーン店Bootsの広告が違法である疑いがあるとの申し立てを行った。
1023logo.png
... The letter to the MHRA sets out the many points of concern that we feel are serious enough to warrant complaint, of which some are:

5 specific, detailed complaints regarding the description and marketing language used for particular products available on the Boots website which we feel are in contravention of the UK National Rules Scheme and The Medicines (Advertising) Regulations 1994.

10 stated objections to the description of homeopathy and homeopathic remedies in the treatment of specific conditions, potentially contravening The Medicines (Advertising) Regulations 1994.

10 further complaints with regard to the claims made for homeopathic remedies generally.

A complaint in the manner in which supposedly medicinal products are being marketed and sold, potentially contravening The Medicines (Advertising) Regulations 1994. ...


MHRAへの手紙で、我々が申し立てを正当化するのに十分深刻と思われる多くの懸念点を列挙した。そのうちの一部は以下の点である:

医薬品広告規制1994に違反している可能性のある特定の症状の治療についてのホメオパシーおよびホメオパシーレメディについての記述についての10の申し立て。

ホメオパシーレメディについての一般的主張に関する10の申し立て。

医薬品と見える商品の宣伝・販売の方法について医薬品広告規制1994違反の可能性のある1点についての申し立て。

[Boots And The MHRA (2010/02/02)]
なお、詳細については、MHRA精査中につき公開されていない。

Chemist and Druggistによれば、Bootsはこの申し立て後に、該当するコンテンツを削除した。ただし、Bootsは定期的なコンテンツ見直しよるものだと述べている:
Boots responded with a statement: “Bootslearningstore.com is our educational website for schools and does not support the sale of any specific products. Therefore the information on the site does not breach any advertising laws.”

The products cited by the group were “correctly and legally labelled” and sold in accordance with MHRA regulations, the spokeswoman added.

The MHRA confirmed it had received the letter and was dealing with it, but stressed it was looking into a complaint and no investigation had been launched.

Since the complaint to the MHRA, a section of the Boots Learning Centre website outlining the use of homeopathy has been removed. However, the spokeswoman said the information had been taken down by Boots “as part of our regular review of the site” as it had been designed to support a course that ended in 2009.

これに対してBootsは次のような声明を出した。「Bootslearningstore.comは学校向け教育サイトであり、いかなる製品の販売も支持していない。したがって、このサイトにある情報は、広告規制法に抵触しない」

参照された製品は「正しく、法律に従って注意書きが書かれて」MHRAの規制にしたがって販売されていると広報担当は述べた。

MHRAは申し立てを受け取り、対応中であることを確認したが、申し立てを精査していて、本件の調査を開始してはない点を強調した。

MHRAへの申し立て後、Boote Learning Centreサイトのホメオパシーの利用を概説した部分が削除された。しかし、Bootsの広報担当は2009年で終了するようにコースをつくってあったので「定期的なサイト見直しでコンテンツを取り下げた」と述べた。

[Chris Chapman: "BOOTS WEBSITE UNDER FIRE FOR HOMEOPATHY DETAILS" (2010/02/11) on Chemist and Druggist]
Bootsは、通販サイトにはホメオパシーレメディの効能を書かないが、別のサイトに効能を書くという方法で合法だと主張したが、あっさり問題のコンテンツは引っ込めた。

「効くからではなく客が求めるからホメオパシーレメディを売っている」という建前で合法性を主張していたBootsだが、別のサイトで「効果がある」と主張していた。
posted by Kumicit at 2010/02/12 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。