2010/02/21

タイの"だうじんぐマシン"GT200のつづき

タイ陸軍はGT200の使用を継続するという:
Prime Minister Abhisit Vejjajiva insists the GT200 is useless and too risky but a defiant Army chief General Anupong Paochinda refuses to stop using the ineffective bomb detector, saying his men on the ground had confirmed in good faith the devices worked effectively.

"I understand the scientific tests, but what the Army is trying to say is the device operators on the ground can use them effectively. This may not be explained scientifically, but I'm telling the truth," Anupong said.

Abhisit Vejiajiva首相はGT200は使いもにならないものであり、リスキーだと述べた。しあkし、Arupong Paochinda陸軍大将は役に立たない検出器の使用中止を拒否し、現場では装置は有効に機能していると述べた。

「私は科学的試験を理解している。しかし、陸軍は現場の装置オペレータはちゃんと有効に使えていると言っておきたい。これは科学的には説明できないが、私は真実を述べている」

[Army drops GT200 bombshell (2010/02/19) on The Nation]
「科学的には説明できない」とあっさりAruping Paochinda大将は述べている。その理由として"実績"があるとして、現場の軍曹に証言させている。
A GT200 operator from the Pattani Task Force, Sergeant Pravit Chanawat, said at the press conference that he had tried the equipment since 2006 and had used it to save the lives of many people when it detected a bomb hidden in a car.

"As the GT200 pointed to the car, I told people nearby to move away. As the people were leaving the site, the bomb exploded. What would have happened if I had no GT200 then?" he said.

GT200のオペレータであるPattaniタスクフォースのPravit Chanawat軍曹は記者会見で「この装置を2006年から使っているが、これを使って自動車に隠された爆弾を見つけて、多くの人々の生命を救った。GT200が自動車を指したので、私はまわりにいる人々に自動車から離れるように言った。人々が退避すると、爆弾が爆発した。私がGT200を持っていなかったら、どうなっていただろうか」と述べた。

[Army drops GT200 bombshell (2010/02/19) on The Nation]
この記者会見での証言が事実だとすると、だうじんぐマシンが現場のParvit CHanawat軍曹の「疑い」を「確信」に変えることで積極的行動をとらせ、結果として人命を救ったかもしれない。

しかし、こういった"実績"によって、"だうじんぐマシン"が機能するのだと陸軍全体として誤認したとしたら、不幸なことだ。


で、一方、昨日発表(2010/02/20)のタイでの世論調査結果では、GT200を使うべきでないと回答した人が半数を超えていた:
Dusit poll reported on Saturday that 52.38 per cent of 1,260 people surveyed by the pollsters said the army should not use the GT200 explosive scanner any more as scientific test had proven it is ineffective.

However, 25.71 per cent of the respondents thought the army should continue using the device because the troops who operated it believed in its effectiveness, Dusit poll said.

Asked about the GT200, 39.21 per cent of the respondents said they were confused whether the device is really effective, 27.20 per cent of them wanted to know the fact

Dusit pollは土曜日(2010/02/20)に1260名に世論調査を実施し、52.38%が、科学的に有効でないと証明されたGT200爆弾検知器を使うべきではないと回答したと発表した。

しかし、Dusit pollによれば、25.71%の回答者は、運用している部隊が有効性を信じているので、この検出器の使用を続けるべきだと回答した。

また、GT200については、39.21%が装置が有効なのかどうかわからない、27.20%が事実を知りたいと回答

[Poll: Army should not use GT200 (2010/02/20) on Bangklok Post]
国民の支持もなさそうなので、タイ陸軍はそろそろ撤収モードに入るべきときかも。


posted by Kumicit at 2010/02/21 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。