2010/02/27

サウスダコタ州議会の温暖化否定決議と占星術

サウスダコタ州では2010年2月16日に州下院に温暖化否定決議が提案され、翌日に採択。州上院では2月24日に大きく弱体化修正後採択された。
Date Action
02/16/2010 Introduced H.J. 400
02/17/2010 House of Representatives Adopt Resolution, Passed, YEAS 36, NAYS 30. H.J. 446
02/18/2010 Introduced S.J. 366
02/19/2010 Senate Deferred to another day, Passed S.J. 388
02/22/2010 Senate Deferred to another day, Passed S.J. 404
02/24/2010 Senate Concurred in Resolution as Amended, Passed, YEAS 18, NAYS 17. S.J. 458
02/24/2010 Senate Motion to amend, Passed S.J. 458 Amendment c1009tb
モルモン教の本拠地であるユタ州と違って、サウスダコタ州下院は受け狙いのネタを仕込んでいた。
State of South Dakota
EIGHTY-FIFTH SESSION
LEGISLATIVE ASSEMBLY, 2010

363R0643 HOUSE CONCURRENT RESOLUTION NO. 1009

A CONCURRENT RESOLUTION, Calling for balanced teaching of global warming in the public schools of South Dakota.
州上下両院同一決議、サウスダコタ州の公立学校で地球温暖化について均衡のとれた教育を求める決議。

WHEREAS, the earth has been cooling for the last eight years despite small increases in anthropogenic carbon dioxide; and
人間起源の二酸化炭素が少量増加しているにもかかわらず過去8年間地球は寒冷化している。そして、
  
WHEREAS, there is no evidence of atmospheric warming in the troposphere where the majority of warming would be taking place; and
温暖化の大半が起きている対流圏で大気が温暖化している証拠はない。そして、

WHEREAS, historical climatological data shows without question the earth has gone through trends where the climate was much warmer than in our present age. The Climatic Optimum and Little Climatic Optimum are two examples. During the Little Climatic Optimum, Erik the Red settled Greenland where they farmed and raised dairy cattle. Today, ninety percent of Greenland is covered by massive ice sheets, in many places more than two miles thick; and

歴史的気候データは疑いようもなく、地球は現在よりも温暖な時代を経てきた。温暖期およんび小温暖期はその例である。小温暖期には[アイスランドから追放されたバイキングの[赤毛のエリック(Erik the Red)がグリーンランドに定住し、農業や酪農を営んだ。今日、グリーンランドの90%は厚い氷の層に覆われており、多くの場所でその厚みは2マイルを超えている。そして、

WHEREAS, the polar ice cap is subject to shifting warm water currents and the break-up of ice by high wind events. Many oceanographers believe this to be the major cause of melting polar ice, not atmospheric warming; and

極冠は暖流のシフトの影響を受け、強風によって氷が分裂している。多くの海洋学者はこれが、極冠の氷が溶けている理由であり、大気圏の温暖化のせいではないと考えている。そして、

WHEREAS, carbon dioxide is not a pollutant but rather a highly beneficial ingredient for all plant life on earth. Many scientists refer to carbon dioxide as "the gas of life"; and

二酸化炭素は汚染物質ではなく、地上のすべての植物にとって非常に有益な化合物である。多くの科学者は二酸化炭素を生命の期待と呼んでいる。そして、

WHEREAS, more than 31,000 American scientists collectively signed a petition to President Obama stating: "There is no convincing scientific evidence that human release of carbon dioxide, or methane, or other greenhouse gasses is causing or will, in the foreseeable future, cause catastrophic heating of the earth's atmosphere and disruption of the earth's climate. Moreover, there is substantial scientific evidence that increases in atmospheric carbon dioxide will produce many beneficial effects on the natural plant and animal environments of the earth":

31000人以上の米国の科学者が「人間の排出した二酸化炭素やメタンやその他の温室効果ガスが予期できる未来に破滅的な温暖化を地球の大気圏にもたらし、地球の気候を破壊することを支持する納得できる証拠はない。さらに、大気圏での二酸化炭素の増大が自然の植物や動物の環境に有益な影響をつくりだしている十分な証拠がある。」というObama大統領にあてた請願に署名している。

NOW, THEREFORE, BE IT RESOLVED, by the House of Representatives of the Eighty-fifth Legislature of the State of South Dakota, the Senate concurring therein, that the South Dakota Legislature urges that instruction in the public schools relating to global warming include the following:

したがって、第85サウスダコタ州議会の下院は、州上院とともに、サウスダコタ州議会が公立学校での地球温暖化の教育にあたって、以下を含むように求めることを決議する。

(1) That global warming is a scientific theory rather than a proven fact;
地球温暖化は証明された事実ではなく科学的理論である。そして、

(2) That there are a variety of climatological, meteorological, astrological, thermological, cosmological, and ecological dynamics that can effect world weather phenomena and that the significance and interrelativity of these factors is largely speculative; and
気候学的、気象学的、占星術的、サーモロジー的、宇宙論的、生態学的ダイナミックスが世界の気象現象に影響しており、これらの大きさや相互作用は憶測的である。そして、

(3) That the debate on global warming has subsumed political and philosophical viewpoints which have complicated and prejudiced the scientific investigation of global warming phenomena; and
地球温暖化論争は複雑かつ偏見のある地球温暖化現象の科学的探究についての政治的および哲学的見方の含んでいる。そして、

BE IT FURTHER RESOLVED, that the Legislature urges that all instruction on the theory of global warming be appropriate to the age and academic development of the student and to the prevailing classroom circumstances.

州上下両院は地球温暖化の理論の教育は生徒の年齢および教育習熟度に応じて、教室の状況に応じて適切になされることを決議する。
何を以てcatastrophicとするかわからないが、文明の崩壊を招くほどの事態は予測されていない。また、数億年後には大気圏の二酸化炭素の現象によって陸上植物の消滅が予測されていることから、二酸化炭素が有益であることも間違ってはいない。

で、サウスダコタ州下院が仕込んだネタだが、これはもちろん「astrological=占星術的」と「theomology=サーモロジー」[via PZ Myers]。賛成者36名の誰も気がつかなかったのか、誰かがイタズラで意図的に書いたかはわからない。

これがサウスダコタ州上院に送られたところで、占星術は多くの記述とともに、ばっさり削除された:
State of South Dakota
EIGHTY-FIFTH SESSION
LEGISLATIVE ASSEMBLY, 2010

363R0643 SENATE ENGROSSED NO. HCR 1009 - 2/24/2010

A CONCURRENT RESOLUTION, Calling for a balanced approach for instruction in the public schools relating to global climatic change.

州上下両院同一決議。公立学校での全地球的気候変動に関する教育についての均衡のとれたアプローチを求める決議。

WHEREAS, evidence relating to global climatic change is complex and subject to varying scientific interpretations; and

全地球的気候変動に関する証拠は複雑であり、科学的解釈の変化に影響される。そして、

WHEREAS, there are a variety of climatological and meteorological dynamics that can affect world weather phenomena, and the significance and interrelativity of these factors remain unresolved; and

多くの気候学的および気象学的なダイナミックスが存在し、世界の気象現象に影響し、その起き差や相互作用は未解決である。そして、

WHEREAS, the debate on global warming has subsumed political and philosophical viewpoints, which has complicated and prejudiced the scientific investigation of global climatic change phenomena:

地球温暖化論争は複雑かつ偏見のある全地球的気候変動現象の科学的探究についての政治的および哲学的見方の含んでいる。

NOW, THEREFORE, BE IT RESOLVED, by the House of Representatives of the Eighty-fifth Legislature of the State of South Dakota, the Senate concurring therein, that the South Dakota Legislature urges that all instruction in the public schools relating to global climatic change be presented in a balanced and objective manner and be appropriate to the age and academic development of the student and to the prevailing classroom circumstances.

したがって、第85サウスダコタ州議会の下院は、州上院とともに、サウスダコタ州議会が公立学校での全地球的気候変動の教育にあたって、均衡のとれた客観的な方法で、生徒の年齢および教育習熟度に応じて、教室の状況に応じて適切になされることを決議する。
思い切り削除しまくりで、温暖化否定決議としては、弱いものになっている。


追記 2010/02/27 13:21

サウスダコタ州議会議員リストにより所属政党を調べてみると...
[House Vote]

R D Total
Yea 34 2 36
Nay 8 22 30
Excused 4 0 4
Total 46 24 70
占星術理論決議に賛成したのは共和党議員の3/4近い34名と民主党2名。

これを修正した州上院だと.
[Senate Vote]

R D Total
Yea 17 1 18
Nay 4 13 17
Excused 0 0 0
Total 21 14 35
共和党から4名が反対に回ってしまって、ぎりぎり通過。

このあと、週明けに州下院で州上院による修正の承認が行われる予定。




posted by Kumicit at 2010/02/27 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック