2006/03/08

1993年のSun International PicturesとCBSのノアの箱舟

今日はちょっと昔話のメモ。1993年にCBSが放映したいんちきドキュメンタリー"The Incredible Discovery of Noah's Ark"のお話。



1977年:始まりはいんちきドキュメンタリー

Sun International Pictures製作のドキュドラマ(ドキュメンタリー形式で作られたフィクション)"In Search of Noah's Ark"が劇場公開され、1977年5月2日と12月24にNBCで放映された[Bailey 1978]。後の1993年版The Incredible Discovery of Noah's Ark"の20%はこの1977年版"In Search of Noah's Ark"の流用だったと推定されている[Crouse 1993]。

これを見たGeorge Jammalは、おとぎ話を真実であるかのように見せたことに怒りを感じた[Jammal]。

1985年: いたずら手紙を出すGeorge Jammal

1985年5月30日に、Fred Edwords(後にAmerican Humanist Associationのexecutive director)と、ICR(Institute for Creation Research: Dr. Henry Morrisが率いていた創造科学の本拠地)副所長のDr. Duane Gishによる進化論対創造論のディベートがKABCラジオで放送された。これを聴いたGeorge Jammalは、Dr. Duane Gishの暴論に怒りを感じた。そして、George Jammalは、たまたま仕事場近くの鉄道線近くで見つけたカリフォルニアパインの木片を証拠として、ノアの箱舟を見つけたと、Dr. Duane Gishに言ってみようと思った[Jammal, Lippard 1993]。

1985年11月1日に、George JammalはDr. Duane Gishに手紙を書いた。「1972年にギリシャに飛んで、フォルクスワーゲンを買って、トルコのNakhitchevan村へと行ったが、箱舟を見つけられなかった。1980年にも同様の旅をしたが失敗だった。しかし、1984年に氷洞へもぐりこんだ仲間が箱舟を見つけた。しかし、その写真をとった仲間がクレバスに写真もろとも落下して死んでしまった。この発見はDr. Duane Gishへ手紙を出すまで秘密にしていた。」 [Lippard 1993]

ここで、架空の協力者の名前を、Mr. Asholianと、その義理の息子"Allis Buls Hitian"および、その友人であるポーランド人"Vladimir Sobitchsky"とした。この義理の息子の名前はもちろんイタズラであり、切れ目を変えると"All is bulshit ian"となり、"l"を1個加えると、"All is bullshit"(全部でたらめ)となる[ Lippard 1993]。

まさか、こんなジョークに引っかかるような創造論者はいないだろうと考えたGeorge Jammalだった。

1986年: ひっかかったのはDr. John Morris

なんと、ICR創立者の息子にして副所長でもあるDr. John Morrisが信じてしまう。そして、1986年6月10日にGeorge Jammalをインタビューし、そのテープの書き起こしを作った[Lippard 1993]。

JM: How big was Lake Kop in diameter when you saw it?
  Kop湖はあなたが見たとき、直径でどれくらいの大きさでしたか?

GJ: It wasn't that big like Lake Superior. It's a small lake.
  スペリオル湖のような大きな湖ではありませんでした。小さな湖です。

JM: Is it 100 feet across? 500 feet across? It changes every year. I was just wondering how it was in 1984.
  30メートくらい?150メートルくらい? 毎年、変化しています。私は1984年にどれくらいだったかわかりません。

GJ: That's it, it changes. It depends on what time of the year you are there. [pause] I think it was 100 ft or a little bit more than 100. I don't really know.
  そうです。変化しています。訪れた年によって違います。[沈黙] 30メートルか、それより少し大きいくらいだと思います。はっきりとはわかりません。

....

JM: This is up by Lake Kop. You saw something like this? [rocky slopes]
  これはKop湖のアップです。このようなものを見ましたか?[岩の多い斜面]

GJ: Oh yeah.
  そうです。
...

JM: There is a prominent ice cliff here. Do you remember that? [west side]
突出した氷崖があります。あなたは、それを覚えていますか?[西の側]  

GJ: Yes, I remember the big cliff, okay. [not convinced]
はい、ちゃんと、大きい崖を覚えています。[確信していません]

JM: This is that same glacier with the crevasses. Coming down to Lake Kop, down here. There is a very big rock [A-K rock], hundreds of feet tall. You don't remember that? There are many similar rocks, but this big rock next to the big glacier? We are standing near Lake Kop to take the picture.
  これは、クレバスのある同じ氷河です。Kop湖に降りるにはここを下ります。ここには非常に大きい岩(A-K岩)があり、数十メートル以上もあります。それを覚えていませんか?似たような岩は多くありますが、大きな氷河のとなりのこの大きな岩です?私たちは、写真をとるためにKop湖の近くに立っているのです。

GJ: Lake Kop is to the left of here?
  Kop湖は、左側にありますか?

JM: No, behind us.
  いいえ、私たちの背後です。

GJ: Yes, behind us. To the left, down there.
  そうです。背後です。左に、下がったところで。
...

GJ: Do you have a picture from the lake up to the summit?
  あなたは、湖から山頂を見上げた写真を持っていますか?

JM: Well, you can't see it from Lake Kop; you have to climb the ridge and then look up, but I have some from up there.
  ええとですね。Kop湖から山頂は見えません。峰を登って、見上げないと見えません。そこからの写真ならあります。

....

JM: Where did you start from? ...
  あなたは、どこから出発しましたか?...

GJ: They told me there is a city there--it's called Nakichevan, or something, I don't remember exactly the name. It is "where the ark was landed"--that's the meaning.
  彼らは私にそこに街があると言いました。Nakichevanか何かだと呼んでいましたが、正確には覚えていません。"箱舟が上陸したところ"という意味です。

JM: That's in Russia [pointing to a map].
  それは、ロシアにあります[地図を指す]。

GJ: Well, that's what they told me; I don't know where that city is.
  ええと。それは彼らが私に話したことです。私はその街がどこにあるか知りません。

JM: The one you mentioned in your letter was Nakichevan.
  あなたが手紙に書いた名前はNakichevanでした。

GJ: Yes, that's what they told me. This is Russia? [astonished at the location of Nakichevan]
  はい、それは彼らが私に話したものです。これは、ロシアですか?[Nakichevanの位置に驚く]

JM: Yes. This is Russia; here's the Russia-Turkey border; here's Mt. Ararat. So you drove to Turkey in your VW. Did you cross over into Russia?
  そうです。ロシアです。ここはロシアとトルコの国境で、ここはアララト山です。ということは、あなたのフォルクスワーゲンでトルコへ行ったことになります。ロシアとの国境を越えましたか?

はい。これは、ロシアです;ロシア-トルコ境界は、ここにあります;アララト山は、ここにあります。それで、あなたはあなたのVWでトルコまで車で行きました。あなたは、ロシアに渡りましたか?

GJ: No, I didn't go to Russia. But that's what they told me, if my memory is not failing me.
  いいえ、私はロシアには行っていません。記憶が確かなら、それが彼らが私に話したことです。

....

JM: A man in Igdir, you think? Do you remember his name?
  Igdirの男だと、あなたが思っている人物の名前をを覚えていますか?

GJ: Asholian.
GJ:Asholianです。

JM: But that's an Armenian name. I would be surprised if someone in Turkey had that name.
  しかし、それはアルメニア人の名前です。トルコの誰かがそんな名前なら驚きです。

GJ: Part of Armenia is taken by the Turks, and part of Armenia is taken by the Russians. Maybe he has a different name, but that's what he told me. ...
  アルメニアの一部はトルコに占拠され、一部はロシアに占拠されています。彼は違う名前なのかもしれませんが、その名前は彼が私に言ったものです。

JM: Please forgive me, I'm not playing the district attorney, but for clarity, a minute ago you said you thought you came from the south, but then in looking at the map you thought you came from the north.
すいません。取調べをしているつもりはありませんが、明確にするために、一分前にあなたは、南から来たといいましたが、地図を見て、あなたは北から来たと思った。

GJ: Okay, this is north. We came there, this is what I mean we went between the two mountains and then we started to go from the south to the north.
  ええ。北です。私たちはそこへは、私たちは2つの山の間を行き来し、南から北へと出発したのです。

JM: You cannot drive across.
  あなたは、山の間を車では行き来できません。

GJ: No, we didn't drive, we walked.
  いいえ、我々は車ではなく、歩いていきました。

(ノアの箱舟の破片たる木片について)
...

GJ: Now you saw my place; I have to look for the piece of wood. You saw my house--you didn't see the garage. You know it is all boxes.
  あなたは私のところを見ました。私は木片をさがさないといけません。あなたは家は見ましたが、ガレージは見ませんでした。それがすべての箱です。

予習が足りなすぎでヨロヨロなGeorge Jammalだったが、Institute for Creatin ScienceのDr. John Morrisは、このインタビューでは真偽を決められなかった[Lippard 1993]。

その後、少なくとも2回、Dr. John MorrisはGeorge Jammalに旅行資金提供を申し出たが、George Jammalは断っている[Jammal]。

これに対して、箱舟ハンターであるChristian Information MinistriesのBill Crouseは1986年にテープ書き起こしを読んで、George Jammalを嘘つきだと判断した。そして、1993年2月にCBSのThe Incredible Discovery of Noah's Ark"にGeorge Jammaが登場したのを見て、5月にデバンク記事を自らのニューズレーターに書いた。そのときに論拠にしたのが、上記のインタビュー書き起こしだった[Lippard 1993]。


1992年: 番組制作中のSun International Pictures

1992年にSun International PicturesはICRに対して、ノアの箱舟の目撃情報を求めた。これに対して、ICRのDr. John MorrisはGeorge Jammalの名とそのほかの情報のコピーを提供した。Sun International PicturesはGeorge Jammalに出演依頼をした。

この頃、George Jammalは、聖書批評と考古学の専門家であるUSC名誉教授のDr. Gerald Larueとコンタクトしたていた。Dr. Gerald Larueは、Sun International PicturesとCBSの番組"Ancient Secrets of the Bible"に呼ばれて、専門家としての意見を述べ、用意された原稿を読んだら、意見は全面カットされた経験があった。George JammalはDr. Gerald Larueの助言を受けて、この機会にSun International Picturesのナンセンスを暴露すべく準備した。照り焼きソースやケチャップを木片にかけてオーブンで焼いて古く見せかけた。

あらかじめDr. John MorrisはGeorge Jammalに1986年のインタビューの書き起こしを渡していたので、Sun International PicturesによるGeorge Jammalへのインタビューはなめらかに進んだ。1986年のインタビューとかなりの部分で整合したものになったのも当然。そして、Sun International Picturesはまったく疑うことなく、George Jammalを大フィーチャーした番組を作った[Lippard 1993]。

George JammalはSun International Picturesに木片を提供したが、彼らには真実かどうかは興味の外であった。彼らは木片が照り焼きソースのような匂いがするのを問いただすことはなかった。Sun International Picturesが行った真偽判断はただひとつで、インタビュービデオを福音派の精神科医にみせることだけ。精神科医はGeorge Jammalがプロの俳優であることを知りながら、十分信頼できるという結論を出した[Jammal]。

1993年: "The Incredible Discovery of Noah's Ark"放映、そして戦い

1993年2月20日に、Sun International Pictures製作のドキュメンタリーもどき"The Incredible Discovery of Noah's Ark"がCBSで放映された。もちろん、George Jammalによるトルコのアララト山でのノアの箱舟目撃証言登場。

1993年6月に、Dr. Gerald Larueが、George Jammalの仕掛けたHoaxを公表し、Sun International PicturesがちゃんとJammalの話のウラをとらなかったことを批判した。 これにCBSとSun International Picturesは反撃する。第一防衛ラインは、George JammalはHoaxerではないというもの。しかし、John Morris以外の誰の眼にもそれが明らかになると、第2防衛ラインで敷いた。Sun International Picturesは

  1. John MorrisによるGeorge Jammalのインタビューを調査した
  2. George Jammalの話に矛盾がないかを調べる、2時間わたるインタビューを行った
  3. その2つのインタビューを比較して、一致していることを確認した
  4. 精神科医Paul Meierにそのインタビューテープを分析させ、信用できるとの評価を得た
  5. George Jammalが自らの手で地図に引いた短剣ルートは、実際にアララト山を経験しないとかけないものだ
と主張した[Cerone 1993]。しかし、Lippard[1993]はその説得力のなさを

  1. 1986年のJohn MorrisによるインタビューではGeorge Jammalはヨロヨロ状態でとても信用できないものだった
  2. Sun International Picturesは、George Jammalのパスポートも見ていないし、木片の年代測定もしておらず、ウラをとる証言も得ていない。
  3. George JammalはJohn Morrisから1986年のインタビューの記録を提供されている。
  4. Meierが信頼にたるか不明。しかもMeierは「芝居じみた特徴で強迫性。.完全主義者パフォーマー。彼は、特別であると感じたかった」と評しつつ、番組に出演する4人の目撃者で最も白できるとした。
  5. George Jammalはインタビュー前に予習していて、地図のある本も読んでいたことを無視している。
と斬っている。

そして、1993年秋に、Freedom From Religion Foundationの月刊誌Freethought Today(1993/9号)で、George Jammalが1986年当時からメンバーであったこととが公表される。そして10月にGeorge Jammalはノアの箱舟の目撃がいたずらであったことを発表。箱舟の木片は線路わきで拾った木片を、キッチンでケチャップやテリヤキソースをかけてローストして、古く見せかけたもので、Jammal自らがローストするシーンも記録していた[Jammal]。

これを追いかけて、1993年10月30日に、Los Angeles TimesはSun International PicturesとCBSを批判する記事を掲載する[Cerone 1993]。

1994年 Lippard

Jim Lippardは他の3人の目撃者もいんちきであることを検証した[Lippard 1993]

  • Ed Davisは1943年にイランのHamadabにいたときに箱舟を見つけたと主張していた。Sun Internationl Picturesはポリグラフの結果を以って、信用できるとした。しかし、実際には「Abbasと聖書以外から箱舟について聞いたことがないといったのはうそですか?」に反応したことを隠蔽していた。Ed Davisは400マイル彼方のHamadanからアララト山を見たと主張。さらに半日でアララト山に行ったと主張。話も時々によって違っていた[Crouse 1993]。
  • Ed Behlingは出演拒否により旧版からの流用。箱舟の下でキャンプファイアーをしたと主張したが、どんなものだったかや燃料について答えるのを拒否。脚色して話すことがあるとの証言もあった[Cerone 1993]。
  • Fernand Navarraは、1955年と1969年に箱舟の木片を見つけたと主張。しかし、ガイドのひとりが予め街で木片を買ったことを証言していた。また、木片の年代は6つの研究機関による放射性炭素による年代測定では1190〜1690年前のものだった。


そして、CBSはSun International Pictures製作のドキュメンタリーシリーズの放映を打ち切った。


References
Bailey, Lloyd R. (1978) Where Is Noah's Ark? Nashville, Tenn.: Abingdon/Festival Books.

Cerone, Daniel (1993) "Long Beach Man Admits Ark Hoax," Los Angeles Times (October 30):F1,F17. (Another edition of the Los Angeles Times printed a longer version of this article on the same day with the headline "Admitting 'Noah's Ark' Hoax" on pages F1,F13.) [copy]

Crouse, Bill (1993) "Figment or Fact? The Incredible Discovery of Noah's Ark," Ararat Report #32(May):1-7. Excellent, detailed critique of the CBS/Sun program by Christian Information Ministries, International, 2050 N. Collins Blvd., Suite 100, Richardson, TX 75080.

Jammal "Hoaxing The Hoaxers:or, The Incredible (phony) Discovery of Noah's Ark"(URL)

Lippard, Jim : "Sun Goes Down in Flames: The Jammal Ark Hoax" [1993-1997](URL)

Freethought Today (1993a) "CBS 'Hoax' To Be Exposed: Jammal To Speak At FFRF Convention,"[copy]



posted by Kumicit at 2006/03/08 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック