2010/03/05

サイモン・シンを訴えたことで自爆する英国カイロプラクティック協会

2010年3月1日付のThg Guardianの報道によれば、英国のカイロプラクターの4人に1人が、英国広告基準協議会の判例に違反したとしてサイモン・シンの支持者たちから苦情を申し立てられ調査対象となっている。
As the British Chiropractic Association's battle with Simon Singh continues to work its way through the legal system, chiropractors are counting the financial costs of a major backlash resulting from a libel action that has left the Lord Chief Justice "baffled". What was originally a dispute between the BCA and one science writer over free speech has become a brutally effective campaign to reform an entire industry.

サイモン・シンと英国カイロプラクティック協会の戦いが司法制度のもとで進行している一方で、カイロプラクターたちには高等法院王座部主席裁判官を当惑させた名誉毀損訴訟への大きな反発によって金銭的コストが積みあがり続けている。もともとは英国カイロプラクティック協会とひとりのサイエンスライターの言論の自由をめぐる論争だったのが、カイロプラクティック業界全体を改革するための情け容赦なき運動と化した。

A staggering one in four chiropractors in Britain are now under investigation for allegedly making misleading claims in advertisements, according to figures from the General Chiropractic Council.

The council, which is responsible for regulating the profession and has 2,400 chiropractors on its books, informs me that it has had to recruit six new members of staff to deal with a fifteenfold increase in complaints against its members – from 40 a year to 600. While it declined to comment directly on the costs inflicted by the reaction to the BCA's actions, it is clear that a six-figure sum will be involved for the extra staffing costs alone, to which will have to be added the considerable costs of any misconduct hearings.

The complaints all stem from a regulatory quirk exposed by blogger Alan Henness, who noticed that the council's rules demand that chiropractors do not make claims that conflict with past rulings by the Advertising Standards Authority. The advertising watchdog had previously criticised a number of chiropractors for making claims that their procedures can treat a variety of conditions, ranging from learning difficulties to arthritis.

カイロプラクティック評議会の公表した数値によれば、驚くべきことにカイロプラクター4人に1人が、広告で紛らわしい主張をしたとして調査対象となっている。

カイロプラクターを規制する責任があり、2400名のカイロプラクターを登録しているカイロプラクティック評議会は、会員に対する苦情が年間40件から600件へ15倍に増加し、これに対処するためにスタッフを新たに6名雇用したと、私に告げた。カイロプラクティック評議会は、英国カイロプラクティック協会の名誉毀損訴訟への反発によって発生したコストについてのコメントを辞退したが、すべての不正行為著さのかなりのコストに、この6人の追加要員コストを加えなければならないのは明白である。

カイロプラクターに英国広告基準協議会の過去の命令と相反する主張を禁じるカイロプラクティック評議会の規則に気づいたブロガーAlan Hennessによって明らかにされた規制の急展開によって、これらの苦情は生じている。英国広告基準協議会はこれまでにも、多くのカイロプラクターたちを、学習障害から関節炎まで治療できるのだと主張していたことを批判してきた。

The policy was exploited by numerous campaigners, who collectively worked their way through the BCA's membership list, Googling each member, and cross-referencing any claims on their website against previous rulings by the advertising watchdog. In a matter of weeks, complaints against more than 600 chiropractors had been lodged.

To the likely embarrassment of the BCA, those being investigated include its own officers.

While professional associations are remaining silent on the issue, at least in public, leaked e-mails reveal the scale of the panic the campaign has caused within the industry. Last June, the McTimoney Chiropractic Association issued an extraordinary plea to its 800 members, responding to, "what we consider to be a witch hunt against chiropractors":

カイロプラクティック評議会の方針は、多くの運動家たちに利用された。彼らは英国カイロプラクティック協会の会員名簿を見て、各会員をぐぐって、ウェブサイトの主張と英国広告基準協議会の命令と相反する主張をさがした。ほんの数週間で、600人以上のカイロプラクターたちが告発された。

英国カイロプラクティック協会は、自らの役員までもが告訴されて当惑していることだろう。

この問題についてカイロプラクティック関連団体が沈黙を守っている一方で、リークされた電子メールは、この運動によってカイロプラクティック業界に起きたパニックの大きさを明らかにしている。昨年6月には、McTimoney Chiropractic Associationが「これはカイロプラクターに対する魔女狩りだとわれわれは考える」と異例の通達を800人の会員に対して出した。

"If you have a website, take it down NOW.

"REMOVE all the blue MCA [McTimoney Chiropractic Association] patient information leaflets, or any patient information leaflets of your own that state you treat whiplash, colic or other childhood problems in your clinic or at any other site where they might be displayed with your contact details on them. DO NOT USE them until further notice."

ウェブサイトを持っているなら、ただちに閉じるように。

すべてのブルーMCA患者情報リーフレットや、あなたが鞭打ち症・疝痛・子供の病気を治療すると主張するあなた自身の患者情報リーフレットを、あなたのクリニックあるいは、あなたのコンタクト情報が書かれたほかの場所からも撤去すること。次の通達があるまで使わないこと。

Privately, a number of chiropractors have expressed unhappiness at the way the BCA, General Chiropractic Council and other professional associations have carried themselves over the past year, and lay the blame for the crisis firmly at their doors. In communications with me they have said the organisations' attempts to "medicalise" a form of alternative medicine have backfired. One remarked: "I am sure when the dust settles the BCA will lose a lot of members [...] Suing Simon was worse than any Streisand effect and chiropractors know it and can do nothing about it."

少なからぬカイロプラクターたちが個人的には英国カイロプラクティック協会やカイロプラクティック評議会やその他のカイロプラクティック業界団体の昨年来のやり方に不満を表明し、危機について批難をしてきた。私とのコミュニケーションで、彼らは代替医療を「医療」の対象にしようとした業界団体の試みが逆効果になったと言う。そのなかの一人は「この騒動が終わったとき、英国カイロプラクティック協会は多くの会員を失うだろう。 ... サイモン・シンを訴えたことは、どんなストライサンド効果より悪く、カイロプラクターたちはそれを知っていて、しかもそれについて何もできない」と述べた。

[Martin Robbins : "Furious backlash from Simon Singh libel case puts chiropractors on ropes" (2010/03/01) on The Guardian]
「ネット上から情報を削除しようと行動すると、余計にその情報が広まる」というストライサンド効果が炸裂する状態に陥る英国のカイロプラクティック業界。自分たちの広告が虚偽であることがわかっているが故に、あわてて広告を撤去しまくり。

さらに、ここで英国カイロプラクティック協会がカイロプラクティックに効果がないことを知っていたことを示唆する事態が...
Further criticism has been focused on the BCA's presentation of supporting data, in particular its claim that a "plethora" of evidence backs the effectiveness of chiropractic in treating various childhood illnesses. Last year, facing demands that the BCA engage in scientific debate over its position, the association released its "plethora" to the public.

The statement, supported by just 29 citations, was ripped apart by bloggers within 24 hours of publication, before being subjected to a further shredding in the British Medical Journal. It emerged that 10 of the papers cited had nothing to do with chiropractic treatment, and several weren't even studies. The remainder consisted of a small collection of poor-quality trials.

More seriously, the BCA misled the public with a misrepresentation of one paper, a Cochrane review looking at the effectiveness of various treatments for bed-wetting, claiming that the authors had simply concluded that, "there was weak evidence to support the use of [chiropractic]."

In fact the quote in full reads as follows:
"There was weak evidence to support the use of hypnosis, psychotherapy, acupuncture and chiropractic but it was provided in each case by single small trials, some of dubious methodological rigour."


英国カイロプラクティック協会による、カイロプラクティックを支持する証拠の提示、特に「大量な証拠が、子供の多様な病気の治療にカイロプラクティックか有効であることを支持している」という主張に対して、さらなる批判が集まった。昨年、エイコクカイロプラクティック協会はその立場について科学的論争に加わらざるをえなくなった。そして、協会は「大量な証拠」を公表した。

BMJに粉砕される前に、29の文献の支持された協会の声明は24時間以内にブロガーたちに扮さされた。10個の文献がカイロプラクティックとは無関係であり、数個も研究ではないことが明らかにされた。残りも質の悪い試験の小さなコレクションにすぎなかった。

さらに重大なことは、エイコクカイロプラクティック協会が1本の論文を誤った形で提示して人々を誤解させたことだ。この論文は、寝小便に対する様々な治療法の効果をレビューし、カイロプラクティックの使用を支持する弱い証拠があると結論しただけのCochrane reviewだった。実際の記述は以下のとおり:
催眠・精神療法・鍼・カイロプラクティックの使用を支持する弱い証拠があった。しかし、それは個々のケースについて、それぞれ1回の小規模な試験あるいは疑わしい方法によるものだった。

[Martin Robbins : "Furious backlash from Simon Singh libel case puts chiropractors on ropes" (2010/03/01) on The Guardian]
これでは、英国カイロプラクティック協会が、カイロプラクティックの効果を支持する証拠が皆無であることを自覚していたと解釈するほかない。
Now even the General Chiropractic Council has disowned the claims of the BCA – the same claims that lie at the centre of its libel action against Simon Singh.

In a new report, it has attempted to clarify the assertions that chiropractors can and cannot make, backed up by a systematic review of the evidence. Notably, the report concludes that the evidence does not support claims that chiropractic treatment is effective for childhood colic, bed-wetting, ear infections or asthma, the very claims that Singh was sued for describing as "bogus".

Whatever the eventual outcome of the BCA's legal action against Singh – and I would urge you to support science writers like Simon by signing the online petition for libel reform – one thing is clear. In pursuing a popular writer through the courts, it has inflicted a huge financial burden not just on its own coffers, but on those of the entire industry.

It is a lesson that other professional associations would do well to learn from in the future.

サイモン・シンに対するその名誉毀損訴訟の中心にある主張と同じものである、英国カイロプラクティック協会の主張を、いまやカイロプラクティック評議会も否定した。

新たなレポートでは、カイロプラクターにできることと、できないことを、科学的証拠の系統的レビューによって明確化しようとした。注目すべきは、カイロプラクティック治療が子供の疝痛・寝小便・耳感染症・喘息に有効だという主張を証拠は支持しないと結論したこと。まさにその主張をサイモン・シンが「bogus」と描写して訴えられた。

サイモン・シンに対する名誉毀損裁判の最終的結果がどうであれ、私としてはサイモン・シンのようなサイエンスライターを支持するためにオンライン請願書に署名することを求めるけれども、一点だけ明確なことがある。人気のライターを法廷に訴えることで、大きな金銭的負担を強いようとしたら、自分自身の業界にもそれが降りかかってくるということだ。

これは他の業界団体にも良い教訓だ。

[Martin Robbins : "Furious backlash from Simon Singh libel case puts chiropractors on ropes" (2010/03/01) on The Guardian]
サイモン・シンを黙らせるどころか、自分たちの方が危機に陥ってしまった英国カイロプラクティック協会。しかし、名誉毀損裁判をなかったことにできるわけではない。このまま傷口を広げ続ける他ないだろう。




posted by Kumicit at 2010/03/05 07:58 | Comment(1) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイモン・シンがカイロ批判するとはマーチン・ガードナー路線だねー。数学の本書いてたのに名誉毀損とはびっくりだ。
Posted by 匿名希望 at 2010/03/06 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ストライサンド効果
Excerpt: こういうものがあるそうです。これを拾ったのは忘却からの帰還様のサイモン・シンを訴えたことで自爆する英国カイロプラクティック協会を読んだ時です。リンク先のお話は、詳しくは知らないのですがサイモン・シン..
Weblog: 新小児科医のつぶやき
Tracked: 2010-07-24 08:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。