2010/03/10

代替医療の擁護者がEBMに反論すると...

Prince's Foundation for Integrated Health(統合医療皇太子財団)の医療部長であり、イングランド南西部のデボン州Cullomptonの開業医であるDr. Michael Dixonが、代替医療を擁護して、"Trick or treatment"の共著者Edzard Ernst教授に対して反撃した。

==>Michael Dixon: "Evidence-based medicine is not a cure-all" (2010/03/08)

Dr. Michael Dixonは「自分ではホメオパシーは使わない」とことわったうえで、以下のような論点を挙げている。基本的には開業医は治療することが仕事であって、証拠があろうが無かろうが、患者に快方に向かうと希望を持たせるのだという反撃である(反論にはなっていない):

  • The new fundamentalists rarely, if ever, think about the patient. That is not surprising. Most are not doctors. Even Professor Ernst hasn’t faced a real live patient for at least seventeen years.
    新たな原理主義者たちは、めったに患者のことを考えない。それは驚くことではない。彼らのほとんどは医師ではない。エルンスト教授さえも17年にわたって、本当の患者と向き合っていない。

  • For us who are GPs, healing is our job. We try to make some sense of the complexity of our patients' problems and offer them hope. What, I wonder, would Professor Ernst and the rest of his coterie say to the patient who comes to us in pain and distress from their fibromyalgia or chronic tiredness or frequent infections? Or the other hundred and one conditions where science has no effective answer?
    開業医である我々の仕事は治癒である。我々は患者の問題の複雑さを幾分でも理解して、患者に希望を提供する。エルンスト教授たちは、線維筋痛や慢性疲労や頻繁な感染症による痛みと苦しみで、我々のところに来る患者に何を言うのだろうか?

  • They seem not to have grasped the central fact about long-term conditions. They are long-term precisely because there is no treatment – EBM or otherwise – that will cure them. All we as doctors can do is alleviate symptoms and possibly, just possibly, delay the progression of the disease.
    彼らは慢性症状をわかっていない。EBMであろうがなかろうが、治療する方法がないので、実際に慢性化している。医師にできるのは、症状の軽減と、病気の進行を遅らせることだけだ。

  • Evidence based medicine is not the cure-all it is made out to be.
    EBMは万能薬ではない。

  • homeopathic doctors are neither gullible idiots nor liars. They treat their patients with compassion and professionalism, and often achieve worthwhile results.
    ホメオパシー医は騙されやすいわけでも、嘘吐きでもない。彼らは患者を同情と専門職業意識で治療し、価値ある結果を成し遂げている。

  • it is not true that science has proved homeopathy is nothing more than placebo. There is a small number of good quality, RTC trials of homeopathy... that appear to demonstrate a small but significant effect greater than placebo.
    科学がホメオパシーをプラセボ以上のものではないと証明したわけではない。ホメオパシーについての少数のクオリティの高いランダム化試験があり、小さいがプラセボ以上だという有意差が出ている。

  • If a GP, whether a homeopath or not, tells a patient in good faith that he or she will get better, then what is the problem? If the patient gets better – even if faith, placebo or the human effect is the catalysing factor – the point is that the patient gets better.
    ホメオパスであろうがなかろうが、開業医が患者に快方に向かうと誠意をもって話すことに、なんの問題があるだろうか?患者が快方に向かうのであれば、それが信仰だろうが、プラセボだろうが、ヒューマンファクターであろうが、何が触媒作用を及ぼしている要因だったとして、論点は患者が快方に向かうかどうかだ。

  • Professor Ernst is not interested in whether the patient gets better. He wants doctors to serve science first and our patients last, inhabiting a grey and nihilistic desert that denies the role of the doctor as healer and condemns us to being slaves of population-based statistical totalitarianism.
    エルンスト教授は、患者が快方に向かうかどうかに、興味がない。彼は医者がまず科学に仕えて、患者を後回しにすることを望んでいる。そして、治療者としての医者の役割を否定し、我々に集団ベースの統計全体主義の奴隷になることを強要する灰色のニヒリズムの砂漠に住むことを求めている。
「必要とあらば、開業医はプラセボ療法だって使うのだ。それが医療だ」という反撃のようだ。効かない療法を擁護するために言えるのはそれくらいだろう。


posted by Kumicit at 2010/03/10 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック