2010/03/20

若き日のDr. S Fred Singer翁

Popular Sciece 過去記事検索で、いまは温暖化否定論で有名なDr. S Fred Singer翁の若き日の姿を見つけた。それは、University of Marylandの大気圏宇宙空間物理センター長に就任直後の29歳だった頃に、太陽観測衛星構想を公表したという記事:
[Poor Man's Space Station (1954/08)

Spinning high above the earth, the MOUSE satellite would explore solar mysteries hidden from us by the atmosphere

PSM195408_SFSinger.png

PSM195408_MOUSE.png
これについてはTimeも取り上げていた:
[Science: Space Mouse (1954/05/17) on Time]

Last week, Physics Professor Fred S. Singer of the University of Maryland told about a less ambitious space vehicle. Its name is the Mouse (for Minimum Orbital Unmanned Satellite of the Earth), and Singer thinks it should be man's next step toward space travel.
1954年という時代を感じさせる記事であるとともに、Dr. S Fred Singer翁のキャリアの長さを改めて感じさせる。

また、1961年4月に旧ソ連のボストーク1号による有人宇宙飛行の成功より2年前の1959年5月には、ソ連が有人宇宙飛行で米国よりも先行するだろうというコメントを載せている:

PSM195905_SFSinger.png


その後、顔写真入りでDr. S Fred Singer翁がPopular Scienceに登場するのは1997年のこと、73歳のとき、オゾン層破壊否定論者にして温暖化否定論者としてである。
[Attack on OZONE Science (1997/10)
PSM199710_SFSinger.png

posted by Kumicit at 2010/03/20 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック