2010/03/29

Negative Air Ion (4)

日本国内に存在する/マ/イ/ナ/ス/イ/オ/ン/とは一切関係がない、大気イオンについて。

一昨日に引き続き、大気電気系の専門家であるNiels Jonassenによる概論の4回目:

Are Ions Good for You? (イオンは、人体に良い?)



So far, the question posed in the title of this article has not really been answered. Instead, discussion has focused on some physical facts and has tried to quench some unfounded myths. Before trying to answer the question, it is important to look at what ions can actually do. Atmospheric ions consist of a nitrogen or oxygen molecule, a few water molecules, and an elementary charge. Human beings are constantly exposed to a mixture of nitrogen, oxygen, and water vapor, so what difference would it make if there were also a positive or negative charge involved?

本稿のタイトルで掲げた問題について、本当には答えられなか った。そのかわりに、物理的事実を中心に論じて、根拠なき神 話を消そうとしてきた。問題の答えを出す前に、イオンが十差 に何ができるかを見ておくことは重要だ。大気イオンは窒素も しくは酸素分子と少しの水分子と電荷から構成されている。人 間は恒常的に、窒素分子と酸素分子と水蒸気の混合物にさらさ れている。それが正あるいは負の電荷によって、どういう違い があるのだろうか?

People in industry, and especially those in the world of electronics, know what it means when a flow of ionized air is directed toward a charged insulator. If the flow is properly balanced, the charge on the insulator can be neutralized because the ions are able to give off their charge. It is the only way that a charged insulator can ever be neutralized.

工業の人々、特にエレクトロニクスの世界にいる人々は、イオ ン化された空気の流れが荷電絶縁体に向かう意味を知っている 。流れが適切にバランスしていれば、絶縁体の電荷は中性化さ れる。というのうはイオンは電荷を打ち消せるからだ。それが 荷電絶縁体を中性化する唯一の方法である。

But what does this have to do with human beings? If a balanced flow of ionized air is directed toward an area of exposed skin, the positive and negative ions will be neutralized when plating out very close to each other, and the result may be some very weak currents on the outer layer of the skin. However, it is a completely different story if a unipolar (say negatively ionized) airflow is used instead. If the person is not grounded, the body will acquire a gradually increasing negative voltage until a discharge, usually a spark, takes place or until the unavoidable leakage current balances the ion current.

しかし、これが人間とどう関係するだろうか?露出した肌に向 かう電荷バランスしたイオン化された空気の流れがあるなら、 陽イオンと陰イオンは非常に近くに付着して中性化され、結果 として皮膚表層を弱い電流が流れる。しかし、これが負にイオ ン化された単極性の流れであるなら、話が違う。接地されてい ない人間であれば、放電するまで、次第に陰圧が高まり、普通 は火花が出るか、イオンの流れをバランスする漏出流が起きる。

The case becomes much more interesting if the person is grounded. Let us suppose that the person is placed on an insulative sheet and that a grounded wrist strap is attached to the right wrist. Now, if a unipolar (say negatively ionized) airflow is directed toward the person's exposed back, the ions will plate out on the skin and be neutralized, and their charge will run through the body to the wrist strap. If this process has an effect, it would not be because of the ions per se. The ions have only served as carriers of the charge to the body. So the questions are "can these currents have any effects?" and "what kind of paths do the currents follow?" I am far from sure that I can answer these questions, but I can tell a story.

人間が設置されている場合は、さらに面白くなる。その人物が絶縁シートに上にいて、右手首のアタッチされたストラップが接地されているとしよう。さて、単極性(陰イオン化された)空気の流れが、その人物の露出した背中に向かったとしよう。イオンは皮膚の上に付着し、中性化され、その電荷は身体を通ってリストストラップへ向かう。もしこのプロセスに効果があるとしたら、イオンそれ自体によるものではない。イオンは身体へ電荷を運ぶ役割のみを果たしている。したがって、問うべきは「これらの電流が効果を持つか?」であり、「電流がどんな経路を通ったか?」である。この問題に答える自信はないが、ひとつのストーリーを語ることはできる。

4回で訳完了のつもりだったが、残りは次回に。

なお、Niels JonassenはTechnical University of Denmarkで学位を取得し、そのまま教官を務め、2006年に亡くなっている。彼が念頭に置いているのは、もちろん欧州方面のNegative Air IonをめぐるQuackeryである。日本国内に存在する/マ/イ/ナ/ス/イ/オ/ン/については、言及していない。

また、今後、取り上げる予定のBen Goldacreの記事は、Air Ionをめぐるタブロイド紙Daily Mailの記事に対する批判であり、日本国内に存在する/マ/イ/ナ/ス/イ/オ/ン/とは無関係。


posted by Kumicit at 2010/03/29 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。