2010/03/30

Negative Air Ion (5)

日本国内に存在する/マ/イ/ナ/ス/イ/オ/ン/とは一切関係がない、大気イオンについて。

昨日に引き続き、大気電気系の専門家であるNiels Jonassenによる概論の5回目:

Unipolar Ionized Air
(単極性大気イオン)



A few years ago, I was contacted by a Danish architect; let us call him Mr. W. He was very interested in indoor climate and wanted to learn more about ions and their effects on people. Of course, I told him that ions had no (direct) effect on people, but sure, I could teach him something about ionizers for air-cleaning purposes and for neutralizing charges on insulators.

数年前、デンマークの建築家が私にコンタクトしてきた。仮に彼のことをミスターWと呼ぶことにしよう。彼は室内環境に非常に興味を持っていて、イオンとその人間への影響についてもっと学びたがっていた。もちろん、私は彼に人間への直接的影響はないと告げた。私は彼に、空気清浄目的および絶縁体の電荷の中性化のためのイオン化装置について少し教えることができた。

Mr. W believed in the healing effects of (negative) ions. He used unipolar ionizers for treating patients suffering from various ailments and reported surprisingly positive results. I insisted that it was not the ions but their charge that was responsible for any effects. After some pilot laboratory experiments, it was demonstrated that positive and negative ions were equally effective. The flow of unipolar ionized air seemed to be especially effective in healing sores and wounds and in reducing (and not only temporarily) pains and side effects in, for example, cancer patients undergoing chemotherapy or radiation treatment. Mr. W also had some ideas that the method actually was a kind of acupuncture, but in any event, it was definitely an alternative method of treatment.

ミスターWは陰イオンにヒーリング効果があると信じていた。彼は様々な病気を患っている患者の治療に、単極性イオン化装置を使って、おどろくべきポジティブな結果を報告していた。私はいかなる効果もイオンではなく電荷によるものだと主張した。パイロット実験を少し実施した結果、陽イオンと陰イオンの効果が等しいことが示された。単極にイオン化された空気は特に、炎症や外傷の治癒や、たとえば科学治療や放射線治療を受けている癌患者の痛みや副作用を和らげた(一時的ではなく)。ミスターWはこの方法が実際にはある種の鍼だという考えを持っていたが、いずれも代替医療だった。

In the Western world, or at least in Denmark, the established medical society frowns on anything alternative, especially if it contains elements of sciences of which the established medical society has no knowledge and experience - such as physics. So there was no way that Mr. W could have a clinical test of his method performed in Denmark under proper medical supervision. However, in other parts of the world, the attitude to alternative treatment methods is quite different.

西側世界、少なくともデンマークでは正統医学界は、代替医療、特に物理学のように、医学界が知識と経験を持たない科学分野の要素を含むものを嫌っている。したがって、ミスターWが彼自身の方法について臨床試験をデンマーク国内で、適切な医学的管理のもとで実行することは不可能だった。しかし、世界の別の場所では、代替医療への態度は大きく違っている。

At the prestigious Chulalongkorn University Hospital in Bangkok, where acupuncture is a recognized specialty, the chief oncologist, Kris Chatamra, had heard about Mr. W's results and offered to set up a small pilot project as a forerunner for a proper clinical test. The pilot project was conducted in June 2002. Chatamra had chosen four very sick patients for the test: three cancer cases (considered terminally ill) and one patient with a chronic infection (diabetes related) on one foot. All four patients were in severe pain and required regular and strong analgesia.

バンコックで評価の高いChulalongkorn University Hospitalでは鍼が専門として認めらており、そこの腫瘍学者の長であるKris ChaamraがミスターWの結果について聞いて、正式な臨床試験の前の小規模パイロットプロジェクトの実施を申し出た。パイロットプロジェクトは2002年6月に実施された。Chatamraはこの実験のために症状の重い患者を4人選んだ。3人の癌患者は末期症状と見られていて、あと一人の患者は糖尿病に関連した片足の慢性の患者だった。4人とも激痛で、規則的に鎮痛剤が必要だった。

The patient to be treated was placed on an insulative sheet on a cot, and a wrist or ankle strap was attached to the patient. A flow of unipolar ionized air was directed toward a selected exposed part of the patient's skin. The strap connected the patient to the ionizing unit through a feedback system, which monitored the ion flow and the total dose. The current to the patient was in the order of μA, and the exposure time was typically 90 minutes. The length of the trial was 10 days. The patients were fully assessed prior to the trial and also assessed daily during the trial by a specialist nurse. Pain assessment was conducted by patient scoring and by the amount of analgesia required daily.

治療される患者はベッドの絶縁のシーツに置かれ、手首または足首ストラップが患者に付けられた。単極 イオン化された空気の流れは、患者 の皮膚の選ばれた露出部分に向けられた。ストラップはフィードバック・システ ムによって患者をイオン化しているユニットに接続された。そして、イオンの流れと、総量をモニタした。 患者への電流はμAオーダーで、露出時間は典型的には90分だった。実験期間は10日間だった。患者たちは実験前に完全に診断され、実験中は専門看護婦によって評価された。痛みの評価は患者自身によるスコアリングと日々に必要とした鎮痛剤の量により、計測された。

At the end of the pilot project, Chatamra concluded: 
パイロット実験の尾張に、Chatamraは次のように結論した:
The results are encouraging: All patients required less analgesia (one patient actually stopped taking it altogether). The chronic wound also showed accelerated healing, and the patient is now discharged from the surgical unit. None of the patients suffered any complications.

結果はポジティブなものだ。患者全員が鎮痛剤の必要量を減らした。患者の一人は実際に鎮痛剤を必要としなくなった。慢性外傷の治癒も加速し、患者は外科部門から出られた。患者はひとりも合併症にならなかった。

This was a very small project. It did not prove anything, scientifically speaking. But as Chatamra says, the results are encouraging. A proper clinical test with all the necessary precautions, such as double-blind testing and the use of a control group, is planned.

これは非常に小さなプロジェクトだ。科学的には何も証明しない。しかし、Chatamraはポジティブな結果だと述べた。二重盲検と対照群など必要な条件を整えた臨床試験が計画されている。

My role in the pilot project, and maybe in the (hopefully upcoming) clinical test, has merely been that of a physics consultant and observer - an observer who has gradually lost his belief that ions have no effect on human beings. However, to quote Luke 15:7, "There will be more rejoicing in heaven over one sinner who repents." Still, the negative-ion myth and the ion-balance myth are nothing but that, myths.

パイロットプロジェクトおよび今後実施されるだろう臨床試験における私の役割は、単に物理学コンサルタントおよびオブザーバーである。イオンが人間に影響を及ぼさないと いう彼の確信を徐々に失いつつあるオブザーバーとして。しかし、ルカによる福音書15章17節を引用しておくと「言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある」 それでも陰イオン神話とイオンバランス神話は神話に過ぎない。

Niels Jonassen, MSc, DSc, worked for 40 years at the Technical University of Denmark, where he conducted classes in electromagnetism, static and atmospheric electricity, airborne radioactivity, and indoor climate. After retiring, he divided his time among the laboratory, his home, and Thailand, writing on static electricity topics and pursuing cooking classes. He passed away in 2006.
なお、Chatamraがその後、何らかの結果を出した形跡は存在しない。


posted by Kumicit at 2010/03/30 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。