2010/04/10

予言する創造論者たち

新世紀といっても、100年前なので旧世紀のことだが..,
Eberhard Dennert (1904)

Today, at the dawn of the new century, nothing is more certain than that Darwinism has lost its prestige among men of science. It has seen its day and will soon be reckoned a thing of the past. A few decades hence when people will look back upon the history of the doctrine of Descent, they will confess that the years between 1860 and 1880 were in many respects a time of carnival; and the enthusiasm which at that time took possession of the devotees of natural science will appear to them as the excitement attending some mad revel.

今日、新世紀の夜明において、ダーウィニズムが科学界において名声を失ったこと以上に明確なことはない。ダーウィニズムはまもなく過去の遺物となるだろう。数十年後に進化論の歴史を振り返れば、多くの点で、1860〜1880年の間はカーニバルの時代だったと認めるだろう。そして、その当時に自然科学のファンたちの熱意は、ちょっとおかしな歓楽に参加した興奮だと見られることだろう。
[Eberhard Dennert, At the Deathbed of Darwinism, 1904, pp.29-30 (google books)]
それから20年のときが流れて、旧世紀前半の創造論の最有力人物George McCreadyは予言する:
George McCready (1924)

I am convinced that science is making substantial progress. Darwinism has been definitely outgrown. As a doctrine it is merely of historical interest. True, the current teaching of geology still occupy the center of the stage, and the real modern discoveries which completely discredit these teachings are only beginning to get a hearing. The New Catastrophism is the theory of tomorrow in the science of geology; and under the teaching of this new view of geology the whole theory of evolution will take its place with the many ‘perishing dreams and the wrecks of forgotten deliriums’. And at that time the entire teaching of science along these lines will be found to be in complete harmony with the opening chapters of the Ancient Hebrew Scriptures. ‘In the beginning God created the heaven and the earth.’

私は、科学が相当に前進したと確信している。ダーウィニズムは明らかに大きく成長した。教義としていれば、歴史的興味以上のものはない。実際のところ、現在の地質学の知識は今も舞台の中心を占めており、これらの知識への疑惑を高める真の現代の発見は始まったばかりだ。新カタストロフィズムは、地質学の明日の理論である。そして、この地質学の新しい見方のもとでは、進化論全体は「破滅した夢と、忘却された精神錯乱の残滓」となろう。そのとき、これらのラインに沿って科学は、古代ヘブライ語聖書の最初の章と完全に調和していることを見出すだろう。「始めに神は天と地を創造した」と。
[George McCready Price, quoted in Alexander Hardie’s Evolution: Is It Philosophical, Scientific Or Scriptural? (1924), pp.125-126](via TalkOrigins.Org)
それから5年後に、Priceの弟子と言うべきHarold Clarkは予言する:
Harold Clark: (1929)

In the future, evolution will be remembered only as the crowning deception which the arch-enemy of human souls foisted upon the race in his attempt to lead man away from the Savior. The Science of the future will be creationism. As the ages roll by, the mysteries of creation week will be cleared up, and as we have learned to read the secrets of creative power in the lives of animals and plants about us, we shall understand much that our dim senses cannot now fathom. If we hope to continue scientific study in the laboratories and fields of the earth restored, we must begin to get the lessons of truth now. The time is ripe for a rebellion against the dominion of evolution, and for a return to the fundamentals of true science, Back To Creationism

将来、進化論は、人間の魂の宿敵が戦いで、人間を救い主から離反させようとした試みの中でつかませた、この上ない偽装として記憶されることになるだろう。未来の科学は創造論である。時が流れて、創造週間の謎は解明され、我々が、我々のまわりの動植物の生命における創造の力の秘密を解き明かしていき、我々が現在の感覚では理解できない多くを理解することになるだろう。我々が地上の実験室とフィールドで科学的研究を続けようとするなら、我々は真理を学び始めなければならない。進化論の支配に反抗する時が来た。そして我々は真の科学の基礎へと回帰する。創造論へ還れ。
[.Harold W. Clark (1929) Back To Creationism, p. 139](via TalkOrigins.Org)
これらの予言は成就することなく新たなる世紀に入った。

そして、新たな予言が繰り出された:
Jonathan Wells (2007)

But the good news is that Darwinism will lose. First, Darwinists will lose because the scientific evidence is against them. Second, they will lose because they treat with contempt the very people on whom they depend the most: American taxpayers. Finally, Darwinists will lose because they are relying on a tactic always guaranteed to fail in America: censorship.

しかし、よい知らせはダーウィニズムが敗北するということだ。第1に、科学的な証拠が彼らを否定しているがゆえに、彼らは敗北する。第2に、彼らが依存している人々、すなわち米国の納税者たちを軽蔑しているので、彼らは敗北する。そして最後に、米国では必ず失敗する検閲に依存しているので、ダーウィニズムは敗北する。
[Jonathan Wells: "Top Ten Highlights of The Politically Incorrect Guide to Darwinism and Intelligent Design" (2007/06/27) ]
大言壮語で、"予言する創造論者"の列に並んだ統一教会信者Jonathan Wellsである。
posted by Kumicit at 2010/04/10 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック