2010/04/18

ケンタッキー州下院に反進化論州法案登場&廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、2010年2月8日にケンタッキー州下院に提案された反進化論州法案(HB397)が、2010年4月15日に廃案になった。
When the Kentucky legislature adjourned sine die on April 15, 2010, House Bill 397, the Kentucky Science Education and Intellectual Freedom Act, died in committee. Modeled on the Louisiana Science Education Act (Louisiana Revised Statutes 17:285.1), HB 397 would, if enacted, have allowed teachers to "use, as permitted by the local school board, other instructional materials to help students understand, analyze, critique, and review scientific theories in an objective manner, including but not limited to the study of evolution, the origins of life, global warming, and human cloning." A minor novelty in the bill was the phrase "advantages and disadvantages of scientific theories," a variation on the familiar "strengths and weaknesses" and "evidence for and evidence against" rhetoric. Kentucky is apparently unique in having a statute (PDF; Kentucky Revised Statutes 158.177) on the books that authorizes teachers to teach "the theory of creation as presented in the Bible" and to "read such passages in the Bible as are deemed necessary for instruction on the theory of creation."

2010年4月15日にケンタッキー州議会の会期切れにより、HB397「ケンタッキー州理科教育と知的自由」州法案が委員会で廃案となった。ルイジアナ理科教育州法をモデルとするHB397は成立すれば、教師に「進化論・生命の起源・地球温暖化・ヒトクローンを含むが、これらに限定されない科学理論を客観的に理解・分析・批判・レビューするために学区教育委員会が認めた教材の使用」を認めることになる。この州法案のちょっとした新しい点は「科学理論のアドバンテージとディスアドバンテージ」という表記で、これは「強いところと弱いところ」や「支持する証拠と反する証拠」といった表記の変種である。なお、ケンタッキー州は教師に「聖書に書かれたものとして創造論を教え、創造論を教えるために必要なものとして聖書の関連部分を読む」ことを可能とする州法がある。

[Antievolution bill in Kentucky dies (2010/04/16) on NCSE]





現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2010年の審議中の反進化論州法案は4月18日現在で3個:



2010年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

  • ケンタッキー州下院に反進化論州法案登場&廃案(2010/04/18) [HB 397]




2009年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2010/04/18 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146770703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック