2010/04/21

ホメオパシーと連鎖する反Obama医療保険

Obama政権の医療保険に反対するright wingがホメオパシーと連鎖する例を見つけた。右向き新聞Right Side Newsが「100年の米国医療ファシズム」という記事で、次のように書いている:
By 1860, there were more than 55,000 physicians practicing in the United States, one of the highest per capita numbers of doctors in the world (about 175 per 100,000). By 1870, approximately 62,000 physicians were in practice in the United States, roughly about 5,300 of which were homeopathic and about 2,700 eclectic. Schooling was plentiful and inexpensive, and entry to the most acclaimed schools was not exceedingly difficult. Most schools were privately owned. Licenses to practice were not required or enforced, and anyone could establish a practice.
...
Even though they were only about 13% of physicians in practice, eclectics and homeopaths did damage to the incomes of the allopaths. The allopaths began organizing at the state level to use the coercive power of government to not only severely restrict (if not outright ban) eclectics and homeopaths, and the schools that trained them, but also restrict the number of allopaths in practice to dramatically increase their incomes and prestige.

1860年までに、米国には55000人以上の開業医がいて、世界で最も人口当たりの医師の多い国だった(10万人あたり175人)。1870年までに、米国内で約62000人の医師が医療に当たっていて、そのうち約5300名がホメオパスで、約2700人が折衷医だった。医療学校は多くあり、費用も高くなく、最も評価の高い学校への入学も困難なものではなかった。大半の医療学校は私学だった。医師免許は必要でないか、強制されず、誰でも開業できた。
...
たとえ、折衷医とホメオパスの数がわずか13%だったとしても、彼らは通常医の収入を損なっていた。劇的に自らの収入と名声を高めるために、通常医たちは政府の強制力を使うために州レベルで組織をつくり、明確な禁止とまではいかないが、折衷医とホメオパスおよびそれらを教育する学校を制限するばかりか、通常医の数を制限した。

[Dale Steinreich: "100 Years of US Medical Fascism" (2010/04/17) on Right SIde News]
Obama医療保険に反対するためだけに、宗教右翼とスピリチュアルは敵対関係にあるのだが、あっさり連鎖している。
posted by Kumicit at 2010/04/21 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック