2010/05/04

フェイクなノアの箱舟の問題点

2010年5月2日付のAOLnewsの報道によれば、UCLAの中東言語および文化の非常勤助教授Robert Cargillは、中国人福音主義者たちによるフェイクなノアの箱舟の発見について、次のように述べている:
[Chana Tigay: "Scholarly Squad Debunks Biblical 'Discoveries'" (2010/05/02) on AOLnews]

Scholars acknowledge that amateurs can make important discoveries: a Bedouin goat-herd found the original Dead Sea Scrolls cache while searching a cave for a missing member of his flock. The problem, they say, arises when these amateurs try to interpret what they find instead of passing it along to scholars for investigation and publication in scholarly journals.

When they "publish by press conference," Cargill says, the ark hunters betray their real motive: cash. "Noah's Ark quests are always about the money -- always," he argues. "This group was put together to do one thing and one thing only: make money and spread ideology by pimping both archaeology and religion."

He points out that one member of the recent expedition, Yeung Wing-Cheung, has directed a documentary about the hunt for the ark and is selling the DVD online. The Media Evangelism Ltd., meanwhile, operates a Noah's Ark theme park that needs to sell tickets.

学者はアマチュアが重要な発見をすることをわかっている。ベドウィンのヤギの群れの見張りが、群れから行方不明になったヤギを洞窟で探して、死海文書を見つけた。学者たちが問題だというのは、これらのアマチュアが自分たちの発見したものを、研究と学会誌への発表を行う学者にゆだねるのではなく、自分たちで解釈しようとすることである。

「箱舟ハンターたちが記者会家で発表するとき、彼らは現金という真の動機をもらす。ノアの箱舟の探索はいつもの金が絡む。いつもだ。このグループはひとつのことをする。そして、それしかしない。考古学と宗教を売り払って金を作り、イデオロギーを広める。」とCargillは言う。

Cargillは、最新の探検のメンバーの一人であるYeung Wing-Cheungが箱舟探しのドキュメンタリーを監督し、DVDをネットで販売していることを指摘する。"The Media Evangelism Ltd"はノアの箱舟のテーマパークを運営していて、チケットを売る必要がある。
このビジネスモデルは、今は亡き擬似考古学者にして、ノアの箱舟とソドムとゴモラの灰と契約の櫃とイエスの血液と紅海に沈んだファラオの軍の装備などを発見したRon Wyattが行っていたものでもある。


そして、もし本当に、ノアの洪水が起きたとしても、箱舟は見つからないだろうと、Robert Cargill非常勤助教授は言う:
In any event, Cargill says, if Noah's Ark existed, it would have been taken apart years ago for its wood -- which long since would have decomposed. "It's just one big scam. The ancients were great recyclers," he says.

"In my opinion, there is no Noah's Ark. And if there is, it's not there anymore."

どの場でも、「ノアの箱舟が存在したとしても、はるか昔に、木材は取り外され、分解されただろう。これは大きな詐欺だ。古代人たちは偉大なリサイクル屋だ」とCargillは言う。

「私の意見では、ノアの箱舟は存在しない。あるとしても、もう何も残っていない」
この見解は、Answers in GenesisやInstitute for Creation Researchなどの主要な創造論者たちも一致するものである。

==>創造論者たちは、中国人たちによるノアの箱舟発見に懐疑的 (2010/05/01)

Robert Cargillとともに、フェイクなノアの箱舟をターゲットとする委員会を立ち上げたGeorge Washington Universityの考古学者Eric Clineは、このようなフェイクの持つ別な問題を指摘する。
All this, Cline says, makes the lives of real scholars more challenging. "The gullible believers and evangelicals, along with other faiths, throw money at these expeditions not knowing whether they're going to produce anything," he says. "Every year we have to scrounge for money to run a real excavation that may shed some real light."

「これらすべてが、本物の学者の生活をより困難なものにする。だまされやすいビリーバーや福音主義キリスト教徒たち、そしてその他の信仰を持つ者たちは、どういう結果を出しているのか知りもしない探検に金を投じる。本当に結果を出す発掘を実行するための金集めに、我々はいつも苦労する」


これは、真実とは何の関係もなく、収益のみを目的とする、聖遺物偽造というキリスト教の伝統ある風習の問題である。とっても歴史ある問題。


タグ:創造論
posted by Kumicit at 2010/05/04 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイポ指摘ばかりで申し訳ないですが……。

1) 次のようの → 次のように
2) 時豚地で → 自分たちで
3) カラム → 絡む

特に、「時豚地」が何のミスなのか理解するまで十数秒を要しました。(^^;
Posted by nrt at 2010/05/06 22:49
修理しました。なんか、かなり、よろめいてましたね。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2010/05/07 20:32
まだ、少し残っているような…

・鐘を造り→金を作り
・店頭ある→伝統ある
Posted by mmryoki at 2010/05/19 02:55
blockquoteまで壊れてましたね。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2010/05/19 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。