2010/05/12

言い訳したけど、やっぱりゲイ死刑法案に賛成な米国の福音主義の牧師Lou Engle

米国Kansas Cityの福音主義キリスト教団体TheCallのLou Engleは、ウガンダのゲイ死刑法案について、次のような声明をだしていた:
TheCall had no knowledge at the time, of the Uganda homosexual bill and the controversy surrounding it...TheCall has been wrongfully marked and vilified as an organization promoting hatred and violence against homosexuals and as one that supports the Uganda bill as currently written... We do not see the character of Christ reflected in some key aspects of the language of the current bill.

その時点でTheCallはウガンダの同性愛法案とそれをめぐる論争について知らなかった。TheCallは、同性愛者に対する憎悪と暴力を推進し、ウガンダの同性案法案を支持する団体だと、不当にみなされ、中傷されている。我々は、現行法案の記述の重要な部分がキリスト教の特徴を反映していないと考えている。
しかし、New York Timesの報道によれば、2010年5月2日にウガンダのMakerere Universityでの1300人を集めた礼拝で、Lou Engleは次のような発言をしていた:
But when he took the stage late on Sunday afternoon, with Ugandan politicians and pastors looking on, he praised the country’s “courage” and “righteousness” in promoting the bill.

“NGOs, the U.N., Unicef, they are all coming in here and promoting an agenda,” Mr. Engle said, referring to nongovernmental organizations. “Today, America is losing its religious freedom. We are trying to restrain an agenda that is sweeping through the education system. Uganda has become ground zero.”

しかし、日曜日の午後遅くに、ウガンダの政治家と牧師たちが見守る中で舞台に立ったLou Engleは法案を推進するウガンダの勇気と正義を称賛した。

「NGOや国連やユニセフがここに来て自らのアジェンダを推進している。今日、米国は宗教の自由を失っている。我々は教育制度全体で猛威をふるうアジェンダを抑え込もうとしている。ウガンダはグラウンドゼロとなるのだ。」

[JOSH KRON: "In Uganda, Push to Curb Gays Draws U.S. Guest" (2010/05/02) on NewYork Times, 魚拓]
この礼拝&集会について、Huffington PostのWaymon Hudson:はこの礼拝について、現地のLGBT[レズ・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の権利擁護団体からのレポートを紹介している:
One long-time Ugandan LGBT rights activist, who asked that I not share his name for fear of his safety and that of his family, sent me this chilling first-hand report of TheCall Uganda rally, which he attended:

彼と家族の安全のために名前を公開しないことを求めているウガンダのLGBT権利活動家が、彼が参加したTheCall Uganndaの集会のレポートを直接、私に送ってくれた。
Pastor John Mulinde of Trumpet Church, in his prayer, condemned evils in society done by both homosexuals and heterosexuals. He emphasized that homosexuality is in schools, families, and the entire community. He also pointed out that many children are being deceived with school fees from homosexuals and recruit them into the act.

Pastor Lou Engle from America noted that he didn't know by the time of his invitation to Uganda that there was a homosexuality bill. He went ahead to emphasize that it is the Western World using non-government organizations to promote homosexuality. He warned the youth in the crowd that when America allowed homosexuals freedom it was the end of their nation.

He [Engle] called upon the government of Uganda to be firm and hold on its righteous stand against the evil. He mentioned that homosexuals have penetrated the educational system and Ugandans must be aware of the evil. He also lectured about how God planned marriage only between man and woman and that marriage is for procreation.

Honorable Minister of Ethics Nsaba Buturu was worse. He spoke out against homosexuality, saying that for those who think it's a human right issue 'Uganda cannot listen to that nonsense.' He asked the audience to pray for president Museveni and his government to maintain their firms stand against evil in our society.

Pastor Mulinde then called his fellow pastor to come forward and pray for Buturo and Bahati and the government to continue with their crusade against homosexuality.

Trumpet ChurchのJohn Mulinde牧師は、同性愛者と異性愛者が行う社会の悪を非難した。彼は同性愛が学校と家族と社会全体に存在することを強調した。彼はさらに、多くの子どもたちが、同性愛者たちの負担してくれる授業料に騙され、同性案者の活動にリクルートされていると指摘した。

米国から来たLou Engle牧師は、ウガンダに招待された時、同性愛法案について知らなかったと述べた。彼は非政府組織を使って同性愛を推進するのが西側世界だと強調した。彼は聴衆の中の若者たちに、米国が同性愛者の自由を認めた時、国が終わりを告げたと警告した。

Engle牧師は、ウガンダ政府に対して、悪に対する正しい立場をゆるがせにすることなきように訴えた。また彼は、同性愛者たちが教育制度に侵入したと述べて、ウガンダ人は悪について知らなければならないと述べた。彼はさらに、神がいかに男と女の間でのみ結婚するように計画したこと、結婚は出産のためにのものであることを述べた。

栄光ある倫理相Nsba Buturuはさらに悪かった。彼は同性愛者に敵対する発言をし、それが人権問題だと考える人々に対して「ウガンダはそのようなナンセンスに対して聞く耳持たない」と述べた。彼は、我々の社会の悪に対してゆるぎない立場を堅持するように、Museveni大統領と政権に対して祈るように聴衆に求めた。

[Waymon Hudson:American Evangelical Lou Engle Promotes 'Kill the Gays' Bill at Sunday's Rally in Uganda" (2010/05/04) on Huffington Post]
米国カンザス州のLou Engle牧師は現地では元気よく、アンチゲイをぶちあげている。招待をうけたときゲイ死刑法案を知らなかったという言い訳を何故したのか、忘れてしまったようだ。

なお、聖書によればゲイセックスは死刑なので、ウガンダのゲイ死刑法案に賛成することはキリスト教的には特に問題はない。
レビ記 / 20章 13節

女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。




関連エントリ






posted by Kumicit at 2010/05/12 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の気に入らない奴を処刑していいという前例をウガンダにつくらないほうが愛の宗教的行為だろう。
Posted by 匿名希望 at 2010/05/12 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。