2010/05/17

ミズーリ州の反進化論州法案が廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、2010年5月14日の会期切れにより、ミズーリ州の反進化論州法案HB1651が廃案になった。
When the Missouri legislative session endedon May 14, 2010, House Bill 1651 died, without ever having been assigned to a committee. The bill would have, if enacted, called on state and local education administrators to "endeavor to create an environment within public elementary and secondary schools that encourages students to explore scientific questions, learn about scientific evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to differences of opinion about controversial issues, including biological and chemical evolution" and to "endeavor to assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies." "Toward this end," the bill continued, "teachers shall be permitted to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution."

ミズーリ州議会は2010年5月14日に閉会し、HB1651は委員会審議に回されることなく廃案になった。この州法案が成立した場合、州および地方教育管理者に対して、生徒たちに科学的問いの探求と科学的証拠の学習とクリティカルシンキングのスキルの発達と、生物進化および化学進化を含む論争問題について異なる意見に適切かつ敬意を持って対応することを推奨する環境を公立小中学校に作ることに努めるとともに、科学的論争に関する理科カリキュラムのより効率的な提示方法を教師が見出すのを支援するように努めることを求めることになる。さらに、州法案は教師たちが、生徒たちが生物進化の理論および化学進化の仮説について科学的に強いところと弱いところを客観的に理解、分析、批判、レビューできるように支援することを認めることが義務付けられる。





現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2010年の審議中の反進化論州法案は5月17日現在で1個:



2010年の反進化論州法案のうち以下が廃案:



2009年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

>
posted by Kumicit at 2010/05/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150098059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック